『 7つの習慣―成功には原則があった! 』の読書感想

有名な自己啓発本。納得できない点もちょくちょくあったが、全体として良く出来ている。心に残るフレーズがたくさんあった。読む価値あり。

納得できない最大の点は、p32で、

私の言っている「原則」は難解なものでも、不可思議なものでも、また宗教的なものでもない。この本の中で述べる原則は、ひとつとして限られた宗教や信仰に属するものはない。

などと述べているにも関わらず、本書の随所で「神」「主」などに言及している点。著者はきっとクリスチャンなのだろうが、このように述べている以上、宗教的表現は一切見たくなかった。まぁ、僕も一応、クリスチャンだし個人的には問題がなかったが、全然異なる宗教の信者に対する配慮がないのは、気に入らなかった。

で、内容。七つの習慣とは以下。

  1. 主体性を発揮する
  2. 目的を持って始める
  3. 重要事項を優先する
  4. Win-Winを考える
  5. 理解してから理解される
  6. 相乗効果を発揮する
  7. 刃を研ぐ

この七つの習慣(あるいは原則)を説く中で、著者の個人的なエピソードが紹介されている。面白く参考になるものもあれば、詭弁でしかないと思うようなこともあった。「それって、言葉を都合よく再定義してるだけじゃん」というタイプの詭弁が多かった。そういう意味でも、「最初から最後まで、自分の中に自然にすーっと入ってきた」という感じはしない。同じ自己啓発本でも、以下の本は、読後にそういう感じがした。

「『 7つの習慣―成功には原則があった! 』の読書感想」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です