book

book

【書評】『日本企業の勝算―人材確保×生産性×企業成長』byデービッド・アトキンソン

菅総理大臣に影響を与えているとされる、デービッド・アトキンソンさんの最新作。オックスフォード大学で日本学を学んだイギリス人ということで、日本に対する愛情にあふれているのが分かりました。だからこそ、日本に手厳しい主張となっ...
book

【書評】『フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義』

とってもエキサイティングな良書でした。タイトルの「700兆円」を聞くと途方もない数字に思えますが、以下のような単純な計算をすれば、現実的なことが分かります。 世界人口が70億人として、1日3食、年間で約1000食べ...
book

【書評】『電池の覇者』by佐藤登

献本御礼。とっても勉強になりました。 著者は、東大の博士号をお持ちで、ビジネスキャリアとしては本田技研工業のチーフエンジニア→韓国サムスンSDI常務→エスペック上席顧問、という経歴の方です。アカデミックな匂いのする...
book

【書評】『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望』by落合陽一

コロナショック前の2019年11月に出版された、国連が提唱するSDGsの解説を中心に、地球が将来どう変化していくのかを予測している本です。 以下のような方が読むと、とっても面白いと思います。 SDGsの勉強を...
book

【書評】『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』byクリステンセン

『イノベーションのジレンマ』で有名なクリステンセン教授による2017年の本。『イノベーションのジレンマ』は、イノベーションに成功した企業がなぜ衰退するのかを明快に説明できていましたが、「どうやってイノベーションを起こすの...
book

『STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか』

start upの起業家たちが、いかに「夢中になって仕事をしているか」を伺い知れる本です。そういえば僕も社長になった時には、「寝る以外は働く」状態でした。僕は起業家ではなく老舗中小企業の3代目社長なのですが、「夢中になっ...
book

『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」 』by草薙龍瞬

マインドフルネス(瞑想)を習慣にしてからすごく心が落ち着くのですが、この本を読んで、その背景にあるブッダの考え方をより深く理解できたので、瞑想がなぜ効果があるか、腑に落ちました。心が彷徨う、落ち着かない、いつもぼんやりとした心配事...
book

『人を操る禁断の文章術』ByメンタリストDaiGo

すぐ読めて面白かった。広告代理店に就職していたら、きっともっと早く読んでいたと思う(2015年出版の本です)。 著者のDaigoさんは、慶應SFC出身で、心理学とかが専門。どうやって人の心を操るか、いかに気持ちをハックするか...
book

『スタンフォード式 デザイン思考』byジャスパー ウ

とっても良い本でした。僕からするとDesignって、何か芸術っぽいもので、遠い世界のものに感じていました。なぜなら僕はLogicalに考えるのを是とするビジネスの世界に生きているからです。でもこの本を読み、それが完全に勘違いだと気...
book

『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』by Testosterone

ライザップに通っていたとき、専属トレーナーさんが毎日お食事を管理指導してくれたのですが、本書のおかげで、その理屈が理解出来ました。 本書で力説されている食事法は「マクロ管理法」と呼ばれているのですが、至って単純です。下記に示...
タイトルとURLをコピーしました