book

【書評】『世界一効率がいい 最高の運動』by川田浩志

とっても良い本です。 要するに、最近流行っているHIIT(High Intensity Interval Training)の指南本です。HIITは、1日4分の運動を週3回程度運動するだけで、筋トレ(無酸素運動)と...
未分類

2021年の抱負

大前研一さんによれば、「新年に決意を新たにすることほど無意味なことはない」とのことです。確かに、年始に「今年こそは」といいながら、三日坊主で時間が経過していくだけのケースはよくありますね。 ではどうすれば良いかというと、大前さんは、...
book

【書評】『日本企業の勝算―人材確保×生産性×企業成長』byデービッド・アトキンソン

菅総理大臣に影響を与えているとされる、デービッド・アトキンソンさんの最新作。オックスフォード大学で日本学を学んだイギリス人ということで、日本に対する愛情にあふれているのが分かりました。だからこそ、日本に手厳しい主張となっ...
book

【書評】『フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義』

とってもエキサイティングな良書でした。タイトルの「700兆円」を聞くと途方もない数字に思えますが、以下のような単純な計算をすれば、現実的なことが分かります。 世界人口が70億人として、1日3食、年間で約1000食べ...
book

【書評】『電池の覇者』by佐藤登

献本御礼。とっても勉強になりました。 著者は、東大の博士号をお持ちで、ビジネスキャリアとしては本田技研工業のチーフエンジニア→韓国サムスンSDI常務→エスペック上席顧問、という経歴の方です。アカデミックな匂いのする...
未分類

【書評】『世界標準の経営理論』by入山章栄

アカデミックな経営学の理論が、網羅されています。でも頭でっかちでは決してなく、ビジネス現場の第一線で活躍されている名経営者(柳井正さん、孫正義さん、永守重信さん、三木谷さん、鈴木敏文さん、豊田章男さん、など)の言葉も、た...
book

【書評】『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望』by落合陽一

コロナショック前の2019年11月に出版された、国連が提唱するSDGsの解説を中心に、地球が将来どう変化していくのかを予測している本です。 以下のような方が読むと、とっても面白いと思います。 SDGsの勉強を...
book

【書評】『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』byクリステンセン

『イノベーションのジレンマ』で有名なクリステンセン教授による2017年の本。『イノベーションのジレンマ』は、イノベーションに成功した企業がなぜ衰退するのかを明快に説明できていましたが、「どうやってイノベーションを起こすの...
book

『STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか』

start upの起業家たちが、いかに「夢中になって仕事をしているか」を伺い知れる本です。そういえば僕も社長になった時には、「寝る以外は働く」状態でした。僕は起業家ではなく老舗中小企業の3代目社長なのですが、「夢中になっ...
未分類

スパムコメント対策

いま、このブログでやりたいことは、すこしでもたくさんの読書ログをつけることです。なぜ読書ログをつけたいかというと、 inputだけなくoutputもちゃんとやると、知識が深くなるから思考すること自体が快楽だから社長になると、以外と文...
タイトルとURLをコピーしました