2008-09

雑記(Scribbling)

『「残業ゼロ」の仕事力』の読書感想

いろいろな経営者の本をたくさん読もう、という気持ちから読んでみた。著者の吉越浩一郎さんは、トリンプ・インターナショナル・ジャパンの元社長。自分の人生のあり方と、時間の効率的な使い方について、(いつも考えてはいるが)考えさせられた。内容はタイ...
雑記(Scribbling)

『決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法』の読書感想

これはすごい。今年読んだ本の中で一番役に立った。「決算書」、「財務諸表」、「簿記」、「会計」、「営業利益」、「経常利益」、「粗利」、「ROE」、「ROA」といった用語を羅列されてもさっぱり分からない人は、これ一冊でとりあえずOK。す...
雑記(Scribbling)

『とてつもない日本』の読書感想

我が国の総理大臣は何を考えているのだろう、ということで読んでみた。「元気で前向きなお坊ちゃん」が正直な感想。まずはネガティブな感想を二点書く。一点目。名門の家に生まれ、初等科・中等科・高等科・大学とずっと学習院で学んだお坊ちゃん。ちょっと...
雑記(Scribbling)

『「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55』の読書感想

本書はこの前読んだこの本(『情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 』)と二つの点で類似している。一点目は、「~にしなさい」というタイトル。二点目は、自己管理が下手な人をターゲットに、how to ...
雑記(Scribbling)

『 7つの習慣―成功には原則があった! 』の読書感想

有名な自己啓発本。納得できない点もちょくちょくあったが、全体として良く出来ている。心に残るフレーズがたくさんあった。読む価値あり。納得できない最大の点は、p32で、私の言っている「原則」は難解なものでも、不可思議なものでも、また宗教的なもの...
雑記(Scribbling)

『道ありき―青春編』の読書感想

結婚祝いにゴッドファーザーからの贈り物。ってあれ、なんで日本語の本なんだろ?三浦綾子さんはクリスチャンらしい。恋人を病気で失い、自分自身も20代から30代にかけて病気で長いことベッド生活を強いられ、結婚もできずにいた、という自叙伝。最終的に...
雑記(Scribbling)

『フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術』の読書感想

世の中に速読本はいろいろあって、それらの多くは「左脳じゃなくて右脳で読もう」や「脳がもつすごい潜在能力を開発しよう」や「無意識を使おう」とか書かれていたりする。が、本書ではそんなことは書かれていない。本書のタイトルにもなっているフォ...
雑記(Scribbling)

『経済データの読み方(新版)』の読書感想

経済データがとうやって作成されているかいろいろと説明されている。経済学修士までやったけど、大学院では意外と時事経済のことなんか勉強しない。そこは、現実よりもいかに美しい理論を作るかが重要な世界だったし、計量経済してみても現実の汚さを目の当た...
雑記(Scribbling)

たまに会うと刺激をくれる人

たまにしか会わないが、会うと必ず刺激をくれる人に今日会った。またまた楽しい時間をすごさせていただいた。初めて会ってから5年くらい経つのかな?共通の知り合いも多いので、話にも花が咲く。まだ僕が『運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則(The...
honeymoon

世界一周旅行の日記(ニューヨークのゲイバーでの思い出)

ワシントン・ナイアガラから再びNYに戻る。南米に飛ぶ前に、NYに住んでる妹と、NYで働いてる高校以来の友達に会う。四人でバーで軽く飲むことに。ところがそのバーが、ある時間を過ぎたら突如ゲイバーに大変身。火曜日はスーパーゲイナイトらしい。とに...
タイトルとURLをコピーしました