2009-02

資産運用(asset management)

消費者物価指数、前年同月比で0%増

2009年1月。総合指数も、生鮮除く総合指数(日銀はこっちを見て政策決めてる)も、両方とも、前年同月比で0%増。マイナスにはなっていないものの、企業物価指数は5年ぶりに下落しているし、消費者物価指数の今後も暗そう。政策金利、0%にしなくてい...
雑記(Scribbling)

『イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』の読書感想

超有名本。有名すぎて既に著者の主張を知っていたので、読まなくても良かったかも。Life is beautifulさんのこのエントリーでも読めば、だいたい本書の主張は分かる。正直、このジレンマを経験できるレベルの企業はそう多くは無い。さて、い...
資産運用(asset management)

債券市場もvolatile

^TNX#chart3:symbol=^tnx;range=1m;indicator=volume;charttype=line;crosshair=on;ohlcvalues=0;logscale=on;source=undefined米...
資産運用(asset management)

さらに円安が進んでいるが、これが今の適正レートだと思う

一時97円台に。結局、96円台半ばで終わったみたいだが。 ここくらいまで来ると、この先どうなるかちょっと分からない。何度も何度も何度も言っているように(やっぱり過剰に円高だと思う)、今の時点での円ドルは90円台後半が適正レートだと僕は...
資産運用(asset management)

円安と株安

1ドル95円台へ。一日で、2円近く円安に。目を疑ったわ。でも、何度も何度も言っているように、僕としてはようやく為替は「あるべき水準」に戻ってきたに過ぎない。もうちょっとだけ、円安になってもおかしくない。 日経平均、終値は7,268.5...
学問(learning)

『まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか』の読書感想

毒舌だが独特な言い回しが魅力で、読ませる。相当おもしろい。著者の主張にものすごく共感する。この分野で僕が読んだ本の中で、ひょっとして一番優れていたかもしれない。(この分野とは、経済・金融・統計学・計量経済学・データ分析・トレー...
資産運用(asset management)

今の1ドル90円は、実質で見たら円高ではない、という主張について

以下のエントリーを読んだ僕の感想。 円安バブル論というバブル @himaginaryの日記 「今の1ドル90円は、実質で見たら円高ではない。いままでが、超円安だったのだ」という主張。この主張は、榊原英資先生と、伊藤元重先生が言っているわ...
資産運用(asset management)

日銀政策金利据え置き、円安、財務大臣辞任

■日銀政策金利据え置き 無担保コールレート(オーバーナイト物)を、0.1%前後で推移するよう促す。 いつまで0.1%を維持するんだ。0%にしないのはなぜだ。近いうち、0%にせざるを得ない日が来ると僕は思うが、今、なぜそうしないのだろ...
仕事日記(business diary)

実質GDP、年率換算では-12.7%

2008年10-12月期の実質GDPは、前期比-3.3%とのこと(内閣府の発表)。年率換算では-12.7%という極めて低い水準。しかし、この程度では済まず、もっとどんどん悪くなるだろう、というのが現実経済で働いている僕の率直な印象。 ...
資産運用(asset management)

企業物価指数、下落

2009年1月の速報値が105.5。前年同月比で、-0.2%とのこと。 前年比でマイナスになるのは03年12月以来で5年1カ月ぶりとのこと。 感覚的には、この下落傾向はしばらく続きそう。原因は、原材料価格の下落&原油価格...
タイトルとURLをコピーしました