『拝金』の読書感想

ホリエモンが書いた経済小説。おもしろい。すでにかなり話題になっているけど、確かにおもしろい。

主人公は、上場して9億円の現金をげっと。野球球団買収、メディアグループ買収、逮捕など、普通の人生では経験しない経験をたてつづけにする。

この本読むと、お金の持つ魔力を、お金を持たない人でも知れると思う。

あ、経済小説といえばジェフリー・アーチャーの『100万ドルを取り返せ』が面白い。

原著はこっち。

あ、それからノンフィクションっぽいフィクションと言えば、『ウルトラ・ダラー』がおもしろい。

「『拝金』の読書感想」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です