『道具としてのアカウンティング』の読書感想

テキストみたいな感じなので、読書感想というのは変か。

簿記を受けることにしたので、こういう本でも読んでおくと良いかな、ということで読んでみた。中級書ということなので、入門書を読んだことのある読者を想定しているのだろう。うーん、僕は特に入門書を読んだことはないけど(まぁ、こんな本くらいしか読んだことはない)、なかなか読みやすかった。それなりにお奨めできるのではなかろうか。

中級レベルの会計の知識の大枠が見えたので、簿記3級からの地道な勉強もはかどるはず。

 

「『道具としてのアカウンティング』の読書感想」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です