honeymoon

世界一周旅行の日記(NY→ワシントン編)

NYに来たはいいが、その後の予定をほとんど決めていなかった。で、とりあえずワシントンは行こうか、あとはどうする、うーん、ナイアガラの滝でも見るか、ってな感じでルートを決定。ネットで検索したらこんなすばらしいバスツアーがあった。

http://www.gotobus.com/happyholiday/

超格安なアメリカ国内バスツアー。すぐにこれ申し込んだ。うちらは、NYからワシントン行く途中にフェラデルフィアでついでに止まって、ワシントンで一泊。翌日にナイアガラに行く途中に、ハーシーのチョコレード工場とどっかのミュージアムに寄って、ナイアガラで一泊。三日目にNYに戻る、というスケジュールだった。

NY郊外のFlushingというアジアタウンがあるところ、もしくはNY中心のチャイナタウンのどちらかからバスに乗る、という時点で気づくべきだったのだが、これ、チャイニーズ系の会社がやっている、超格安ツアーなのね。バスの運転手は英語はなせなかった。ツアーガイドさんは、かなり上手な英語を話すチャイニーズアメリカンだった。で、他の客はみんな外国の観光客だった。発展途上国の人が多かったな。バングラディッシュ、アルゼンチンとか。

でもこれまじ安い。見所も効率的にまわってくれるし、簡単なガイドもある。とまったホテルも悪くなかったし。ただしバスがオンボロ。あと英語しかない。それからチャイニーズ系がやってるので、チャイニーズレストランに3回も連れて行かれた。つれてかれたレストランで、「よう、兄弟」みたいな親しげな挨拶をガイドさんはかわしていたが、チャイニーズ系のネットワークおそろしや、と思った。

ワシントンは地下鉄が不便でタクシーも高いので、こういうツアーバスで効率的にまわってくれるのはありがたかった。ホワイトハウスの紹介のところでは、「みなさん、これが一番世界で有名なテロリストが住むところです」というジョークで笑いととっていた。

NYとちがってワシントンは遊ぶところがあんまりないので、あんまり面白くはないかも。ホワイトハウスみたいな政治的場所をいくつか見るだけだし、やっぱりアメリカ東海岸でひとつしかいけないならば、NYかな、と。でも翌日いったナイアガラはキレイだった。

世界一周旅行の日記(NY→ワシントン編)” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。