学問(learning)

ビューティ・プレミアム

先週聞いた研究発表に「ビューティ・プレミアム」というものがあった.論文の要旨は,以下より読める.
http://www.jeameetings.org/2006/Program/2006/Yasui-1022am1r841.pdf
Beauty Premium とは,容姿の良さがもたらす賃金の割増分,と定義される.要は,「美人は得」ということわざって本当なの?ということを回帰分析した論文.結論は,Beauty Premiumは存在する,となっている.美人は得なんだってさ.
もちろんツッコミpointもある.データに客観性がない,限界効果になんの意味があるのか,一致性はあるのか,ほかの業種だとどうなのか,本当に因果関係なのか,etc.
でもこの結果自体,けっこうおもしろいと僕は思った.でも発表途中で聴衆から「Beauty Premiumを実証して,なんの意味があるんですか?」という質問があがっていた.それで,学問の目的ってなんなんだろう,とか考えてしまった.全ての研究は,現実社会の役に立つ研究でないといけないのだろうか?それとも,「おもしろい」とさえ思えればそれでいいのだろうか?Beauty Premiumの論文は,この研究自体がおもしろいと思った.
発表者は,研究のモチベーションとして,もしもBeauty Premiumが存在すると労働市場のパレート効率性が損なわれるからこの研究は大事だ,と冒頭に述べていたけど,仮にパレート効率性が損なわれていなかったとしても,この研究はおもしろいからそれでいいと思うんだけどなー.

ビューティ・プレミアム” への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。