雑記(Scribbling)

直感で感じる確率が間違う良い例

これ有名な確率の問題.

番組の司会者が、勝ち残った回答者たちに3つのドアのうちから1つを選んでもらう。1つのドアの向こうには、めざす賞品が隠れている。他の2つの背後に
は、はずれの印にヤギが置かれている。回答者はまずドア1を選ぶ。すると司会者はドア3をあけてみせる。そこにはヤギが置かれている。さてここからがみそ
だ。回答者には、もう一度変更のチャンスが与えられる。つまりドア1をやめて、ドア2に変更したいかどうか聞かれるのだ

ソース:わかる瞬間が楽しい「5分でたのしむ数学50話」@わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる

直感的に考えたら,変更してもしなくても,1/2の確率だよね,商品getの確率は.でも数学的には違うんだ.気が向いたら解説を書きます.このことを知らないと,この回答者は損をしちゃう.

ちなにみ,この問題は,騙しでも詐欺でもなんでもない.単に,いかに人間の直感がいい加減なものか,ということを強調するのに良い例である,というだけ.