『スタンフォード式 最高の睡眠』の読書感想

はい、これもいい本。30代も半ばになると、子育てに仕事と、時間は基本的にない。慢性的な睡眠不足な人も多いと思うし、それがのちのちの健康不安へとつながる可能性が高いと思う。かといって、十分な睡眠時間を確保するのも難しい。なら、量より質ということで、本書を読んでみた。睡眠負債という言葉が最近流行っているようだが、人生の1/3を改善すれば、残り2/3も良くなる。睡眠は大事。みんな、睡眠の習慣を変えてみよう。一流アスリートや軍では、すでに睡眠の重要性についてかなり積極的に勉強されているらしい。

まず、睡眠時間は何時間確保したらよいのか?という疑問。

  睡眠 にまつわる 悩み も ストレス も、「 量 の 確保」 では 解決 し ない。   たくさん 眠っ た ところ で、 最高 の 睡眠 は 得 られ ない の だ。

西野 精治. スタンフォード式 最高の睡眠 (Kindle の位置No.71-73). サンマーク出版. Kindle 版.

量より質だ、と。で、そのために何が大事かというと・・・

  どんなに 忙しく て 時間 が なく ても、「 最初 の 90 分」 を しっかり 深く 眠る こと が できれ ば、 最高 の 睡眠 が とれる と いっ て いい。

西野 精治. スタンフォード式 最高の睡眠 (Kindle の位置No.95-96). サンマーク出版. Kindle 版.

 

これが一番大事なメッセージ。

最近「睡眠負債」という言葉がいろいろなところで取り上げられているけれど、本書の影響なのだろうか?睡眠負債という言葉があるように、睡眠不足は、借金と同じで、累積するらしい。では睡眠不足にならないためには、何時間寝たら良いのでしょうか?みんな何時間寝てます?僕は絶対8時間は寝ているのだが、よく寝すぎだと言われていた。お前社長だろ、と。もっと睡眠時間を削っと働け、と。でも体調を万全にして起きている時間の生産性を最大化するのは大事なことだし、寝るのも仕事と思って、8時間は寝ている。みんな本当にそんな短時間睡眠でもつの?と。単純に、寝てない自慢が日本で横行しているだけなのかなと思っていたのだけれど、

アメリカ の 平均 睡眠 時間 は 7・5 時間。

日本 の 平均 睡眠 時間 は 6・5 時間。

フランス の 平均 睡眠 時間 は 8・7 時間。

西野 精治. スタンフォード式 最高の睡眠 (Kindle の位置No.392). サンマーク出版. Kindle 版.

と本書にも出てきていた。これを真に受けると、僕の8時間という数字は明らかに、日本人の平均からすると、「寝すぎ」ということなる。

でも下記を見て、笑ってしまった。

眠り には 個人差 が あり、 日本 の 首都圏 では 通勤 電車 で 寝る といった 独自 の 状況 も ある。 もしも「 日本人 は 6 時間 未満 でも 十分」 なら、 それでも かまわ ない

西野 精治. スタンフォード式 最高の睡眠 (Kindle の位置No.398-399). サンマーク出版. Kindle 版.

片道1時間とか2時間とか、電車やバスでみんな寝ているもんね。僕は車通勤(自分で運転)なので、そういうことは出来ない。やっぱり、これも人間8時間くらいは寝るのが普通なのではないかと思う。

ショートスリーパーという人たちがいるけれど、あれは遺伝らしい。著者は、それを研究してSicenceに発表している。だから、それをマネしても健康に害しかないよ、と。

ここまでの話をいったんまとめると・・・

  • 一日最低6時間(できれば8時間くらい)をコンスタントに眠ろう。睡眠時間を削るのはダメ。
  • 最初の90分(深いノンレム睡眠)が肝心。

ということ。では、最初の90分(深いノンレム睡眠)を、どのようにしたらうまく眠れるか?これが睡眠の全てらしい。

【睡眠のポイント1=体温】

皮膚温度と深部体温の差が普段は2度以上あるらしいが、これが眠るときには2度以下に縮まるらしい。だから、寝る90分前にお風呂に入ると、深い入眠が実現できるらしい。

 

【睡眠ポイント2=脳】

脳が覚醒していると眠りにくい。モノトナス(単調な状態)にしよう。モノトナスで退屈な、寝る前の習慣を作ろう。

 

睡眠と覚醒は表裏一体。すっきり目覚めるための、朝の覚醒のスイッチも必要。

 

【覚醒のポイント1=体温】

覚醒時は体温を上げるべき。

【覚醒のポイント2=光】

朝起きたら朝日を浴びる習慣を持つべき。

 

その他、睡眠・覚醒・戦略がいくつか紹介されている。僕なりにまとめると

  • コーヒー。https://fuminners.jp/newsranking/8366/にもある情報も参考にすると・・・
    •  一日の適量は400mlまでらしい。一日3杯までにしよう。
    • カフェインを過剰摂取すると睡眠に影響する。カフェインの成分の濃度が半分になるまで4時間程度かかるらしいので、夕方(17時くらい)以降は避けよう。
    • 仮眠(昼寝)する場合は、寝る前に飲もう。カフェインが脳に到達するまで、飲んだあと30~1時間程度かかるらしい。
  • 朝食はちゃんと食べる、できればお味噌汁などを飲んで、体を温める
  • アフタヌーンディップ(14時にやってくる)は、パワーナップ(20分間の昼寝)で対応しよう
  • 寝る時間と起きる時間はなるべく固定(2時間までの誤差なら許容)
  • お酒は、入眠のスイッチとして使う方法が紹介されていたが、基本的に飲まない。

 

最後に、

 

また、管理職の人は部下の健康管理(とくにうつ病やアルコール依存症、不安神経症などの予防)のためにも「睡眠衛生の重要性」を常に頭においてほしい。

ねむれていなさそうなら、「ちゃんと眠れているか?」と一言声をかけるところから始めてほしい。うつ病などによる自殺(月曜日に多いといわれる)が深刻化しているが、適切な睡眠マネジメントでかなりの改善を望むことができる。

自分の健康管理だけでなく、部下、社員の健康管理にも気をつけよう。

 

(参考)

下記の本にも、似たようなことが書いてあった。

『快適睡眠のすすめ』

movable type→word presへの移行メモ

1)sugi-shun.com/mtのコンテンツは残さざるを得ない。

まず、画像は引き継がれないらしい。こんなページもあったが、やってられないし。

http://dwm.me/archives/3490

(2018/2/4追記)画像は数が限られていたので、手動で変えた!

というわけで、mtのコンテンツは、サーバーに残しておかないと、画像が消えてしまう。だから、残さざるを得ない。

2)パーマネントリンクの問題

sugi-shun.com/wpのblogコンテンツは、sugi-shun.com/mtからエクスポートしただけで、パーマネントリンクはmtのコンテンツになっている。

いちいち直している暇はない。mtのトップページだけすげ替えて、wpへのリンクを張り、誘導することにした。

 

3)まとめ

sugi-shun.com/wp

→mtのコンテンツに飛ぶ(mtのコンテンツを残す)

→mtのトップページを押すと、wpに戻ってこれるようにする

 

という感じになっている。mtはもうコメントも出来ないし、ただサーバー上にデータがあるだけ、という状態。

気持ち悪いけど、こうするしかないな。うん。

年末年始に読んだ本、8冊

1)まずは、髭の隊長こと佐藤正久さんの本を四冊。
 
自衛隊について小学生でもわかりやすいようにイラスト入りで説明してくれている。
日本の防衛費が5兆、中国15兆、アメリカ65兆、とか。
自衛隊は全部で27万人。
部隊としては、陸上14万、航空4万人、海上4万人、事務官2万人、とか。
 
 
大変勉強になりました。平和を守るには、抑止力が必要。
 
 
 
一言で言うと、「南シナ海で起こっていることは、東シナ海でも起こる。」
 
 
 
世界地図を中国視点でみると、日本列島がいかに海洋進出するにあたって邪魔に見えるか、という話が印象的。
 
 
2)法人営業について、2冊。
 
再春館製薬所(ドモホルンリンクルで有名な)とユニ・チャームペットケアの具体的事例が勉強になった。
アビームコンサルティングの方が書いた本。意思決定者は誰かよく考えてそこを狙いましょう、とかいう話。
3)ビットコインの本
2016年10月出版の本。1ビットコイン6万円の頃に書かれた本。
その後超バブルとなり年末に200万円を超えて、年始110万円くらいまで暴落して、またいま140万くらいか?
チャートは、
https://bitflyer.jp/ja-jp/bitcoin-chart
パソコン、スマホ、データセンター、ブロックチェーン、と必要な半導体とかの種類が変わるんでしょうか?
4)歴史の本
第二次世界大戦後くらいに絞った現代史。むかし勉強したはずなんですが、かなり忘れていました。たまには歴史の勉強をして教養を身に着つけましょう。
8冊か。もうちょっとがんばってたくさん本を読みます。あと、知識を脳に定着させるために、がんばってblogにも読書感想を書いていきます。
 
 
 

 

 
 

kindleの管理

いつからKindle unlimitedに入会したかを調べたかっただけなんですが、アマゾンのサイトのどこにあるのかがなかなか見つけられなかったので、備忘録として。

アカウント
->コンテンツと端末の管理
->設定
->Kindle unlimitedの設定 (登録を管理)

ここからキャンセルもできるようだ。

改めて見ると、12月と1月で、4冊利用している。月2冊。
月額980円なので、一冊あたり490円。
読めば読むほどモトが取れるので、がんばって読書します。

2018年

今年の抱負。
今年の漢字は「挑」。

【やめること】
晩酌

【はじめること】
手帳(はじめる、というより、再開。手書きしないと頭が衰える気がする)
blog(文章を書く練習、思考整理)

【減らすこと】
酒(晩酌やめる)
持ち物(ipad pro, kindleとかをやめる。iphone x & x1carbon2017)

【増やすこと】
英語に触れる時間
ニュースに触れる時間
子供との時間
社交、SNS(インスタ映えという言葉を年末まで知らなかった。。。)
読書
筋トレを昨年の週1.5回から、週2回へ

『政治のことよくわからないまま社会人になった人へ―ひとめでわかる図解入り 政治のことよくわからないまま社会人になった人へ―ひとめでわかる図解入り』の読書感想

参議院選挙が近づいているということで、少し勉強してみた。

政治は「まつりごと」と読むけど、これはむかしは祭政一致、政教一致だった名残。

そもそも政治とは、「まつりごと」です。政治の「政」は「まつりごと」とも読めますね。王様がその国の人民をどう治めていくかということが「まつりごと」です。

日本書紀によれば、孝徳天皇が蘇我石川麻呂に天下の治め方を諮問したところ、

庚辰、蘇我石川麻呂大臣奏曰、先以祭鎭神祗、然後應議政事。

と答えたらしい。

(参考)日本書紀全文
http://www.seisaku.bz/shoki_index.html

そんな「まつりごと」は、もともとは王様が全部やっていた。独裁政治。

 

政治は「王様ありき」で始まりました。  国王や皇帝の仕事は、それぞれが治める国の民を満足させ、反乱を起こさせないようにすること。あるいはちゃんと働いて、税金を納めるようにさせ、その税金によって、国を運営していくこと。そういった民衆の統治や国の運営など、王様の仕事のことを「まつりごと」と表現しました。それが「政治」という言葉の意味です。  王様、国王、皇帝、独裁者が、その国をどう治めていくか方針を決めたり、方策を立てたりする、それが、そもそも「政策」だったのです。  過去には、一六四九年のイギリスの清教徒革命やフランス革命(一七八九~九九年)など、革命によって王様や皇帝を引きずり下ろし、支配者層の国家権力を奪うという社会の変革もありました。その中でも、イギリスの革命は、王様の権威はそのまま残し、権力だけを王様から国民に移して国民の代表が治めていきましょうという変革でした。国民の代表が国を治める場合も、そのまま「政治」という言葉が使われ、いまに至るというわけです

だんだん、昔世界史で勉強した記憶が蘇ってきた。血を流さずに革命を完了したから名誉革命1688年とか覚えた記憶。


民主主義を英語でいうと「デモクラシー」です。この語源は、ギリシャ語のデモス(民衆)とクラティア(支配)を合わせた、デモクラティアから来ているといわれます。  英語でも日本語でも、「民主主義」とは、民衆による国の支配、つまり国民主権を基本とする政治のしくみです。または、それを目指す思想や運動が民主主義だといえます。もっと簡単にいえば、ものごとを決定するときにすべての国民がその決定に参加するという考え方です。あなた(民)が主人公というしくみです。  民主主義の歴史を振り返りましょう。民主主義の始まりは、古代ギリシャの都市国家アテネだったといわれています。紀元前五世紀、アテネでは、奴隷や女性、外国人などを除く一八歳以上のすべての市民が直接政治に参加していました。エクレシアと呼ばれる会議に市民全員が参加して話し合い、政治を行っていたのです。  しかし、市民全員ですべてを話し合うのはさすがに大変だということになり、やがてクジや選挙でリーダーを選び、リーダーが方針を決めて会議に提出し、市民全員の多数決によってものごとを決定するようになりました。  一七世紀から一八世紀頃になると、イギリスの革命やフランス革命などのように、王や貴族が支配する封建制度を倒すため、ヨーロッパ各地で市民革命が起こりました。そのとき革命を起こす基礎となった考え方が「民主主義」です。この考えを提唱していたのが、イギリスのロックやフランスのルソーという思想家です


以前(高校生くらいのとき?)foreign affairsの記事でBenevolent dictatorshipについての記事を読んで、これけっこういいんじゃないのと思ったことがあるけれど、どうだろう。いま思えば、非道な独裁政治が横行するリスクのほうが、民主主義のコスト(衆愚政治に陥るリスク)よりはるかに大きいんじゃないのと感じるかな。

国の政治ではなく、企業統治でいうと、benevolent dictatorが理想かなとは思う。いかにしてbenevolentさを維持するかが課題。

さて参議院選挙。こんな便利なサイトが。

http://go2senkyo.com/sangiin

参議院選挙の仕組みは、

https://www.jimin.jp/election/results/sen_san22/sansen_shikumi/

242議席のうち、半分が3年ごとに改選。2016年は、6/22公示、7/10投票。
改選議席121議席のうち、146が選挙区、96が比例。比例は非拘束名簿式。非拘束名簿式とは、個人名での投票が多い人から当選するということ。

ちなみに、衆議院選挙は、0増5減したので2012年衆議院選挙の480議席から、2014年衆議院選挙では、475議席に減った。減ったのは、福井、山梨、徳島、高知、佐賀の5区。一票の格差は2.43倍から1.998まで縮小されることが見込まれたが、wikipediaによれば、実際は2.129倍

一票の格差格差の上下ランキングをみると、地方の声が強くなりがちで、都市部のほうが声が届きにくいようだ。地方創生の観点から望ましのでは?・・・というのは冗談。

ちなみに野田前首相が「近いうち解散」を最終決断した安倍総裁との党首討論では「定数削減をする」ことを約束にしていた。一票の格差の0増5減はやったが、それでは足りないということで、野田前首相はかなり怒っている

ちなみにちなみに、475議席のうち、小選挙区は275議席。あと180議席は比例。
https://www.jimin.jp/election/results/sen_syu45/shikumi/
比例代表はドント方式。名簿は、各政党が用意。するけれど、参議院選挙が非拘束名簿式なのに対して、衆議院選挙は拘束名簿式。たとえば2014年の衆議院選挙の近畿ブロックは、こんな感じ。同一順位なら、惜敗率次第なので、重複立候補してても、頑張らないといけない。

 

読んだ本

すべての会社に共通する絶対の評価基準をまとめてくれている本です。参考になりました。成果主義は否定的です。360度評価も否定的でした。住宅手当も否定的でした。

年齢とともに、会社がそのヒトに求めることは異なる、という話もありました。日本的な年功序列型の社会で、評価基準を明文化するとこうなるのかな、と思いました。

ライフネットの社長の本。個人的に、ここに生命保険ではお世話になっています。『はじめての課長の教科書』を昔読んだのを思い出しました。

 

思わず読んでしまいました。忙しいのに。もう。面白かったです。複式簿記の素晴らしさを経理のお姉さんに扮する女騎士が教えてくれます。PLとBSって何と思ったら、楽しくこの本を読んでみたらいかがでしょう。『国語算数理科しごと』を思い出しました。

「社長(ボス)ってのはな、会社と社員(かぞく)を守るもんだ」のくだりはしびれました。

bookscan便利で最高ですが、
1.スキャンしたら自動でdropbox連携は出来ないのでしょうか?チューニングの場合は自動連携してるんですが。
2.アプリがしょっちゅうおちるのが困ります。なんとかしてほしいです。

良い本でした。『日本でいちばんたいせつにしたい会社』の坂本さんも推薦しています。

年功序列型でもなく、成果主義でもなく、ビジョン実現型人事評価制度というものについて学べました。そうそう、これよこれ。

僕なりの言葉で、「ビジョン実現型人事評価制度」について書いてみます。

STEP1 ビジョン実現シートを書く

1.経営計画をかく

まず、経営理念から出発して、経営計画までを書き上げます。

経営理念(何をして社会貢献するのかを明記したもの)

経営ビジョン(あるべき未来の姿を、はっきり語ったもの)

経営戦略(ビジョン達成のための経営資源の配分)

経営計画(戦略に日付を刻んだもの。5年くらいで考えることが多い。)

経営計画は、僕の経験だと半分くらいは絵に描いた餅に終わります。でも半分くらいは実現します。どれくらいの割合達成できるような計画が良いのかは、人それぞれでしょう。

2.人材をどう活用するかを考える

放っておくと、経営計画は、実現できません。いろいろな手を打たないといけません。ヒト・モノ・カネという経営資源のうち、「ヒト」をどう活用するかに関する制度が、「ビジョン実現型人事評価制度」ということになります。

そこでまずは、現状の人材レベルを書き上げます。次に、5年後の理想の人材像を書き上げます。さらに、そのギャップを埋めるにはどうしたらいいかを書き上げます。

注意すべきは、ここでは「出来ないことを叱責する」ということが目的ではないことです。「社員の成長を促す」ことが目的です。

3.「ビジョン実現型人事評価制度」導入プロジェクトのコンセプトを書く

わくわくするものでないといけません。このプロジェクトをやると、社員が成長し、会社が成長し、社会がよくなっていく、ということが肌で感じられるようにしないといけません。

STEP2.評価制度をつくる

STEP1を踏まえて、評価制度をつくります。

全員が好評価、ということもあり得ると思います。その場合、賃金カーブ自体が上へ持ち上げられることになります。原資は?というと、業績が上昇していて、原資が出ているはずですね、ということになります。そうなっていないと、評価制度自体が失敗ということになると思います。

「社長が一人でなんか決めている」という状況からは変わっていくと思いますが、結果的に「社長の頭の中がExcel化されただけ」ということになるのではないでしょうか?

STEP3.運用する

すぐに賃金、昇格へと反映させるのは避けたほうが良いみたいです。場合によって、STEP2にもどって、評価ポイント自体を見直す必要があります。ある程度、みんなが納得する評価制度が出来たら、それに基いて、賃金、昇格を決定するようなステージへと進みます。

1年くらいかけて、評価制度を丁寧に創りあげたいと思います。

良い習慣2016

高い能力は良い習慣によって磨かれる。良い習慣を持とう。
継続は力なり。

1.筋トレ

目的は健康維持。

daily
・スクワット、12回×3セット
・プッシュアップ、12回×3セット
・腹筋、100回

weekly(ジムで)
・スクワット、142kg、10回×3セット
・プッシュアップ、50kg、10回×3セット
・ラットプルダウン、40kg、10回×3セット
・腹筋、100回
・腹圧、1分×3方向
・ジョギング、2.2km

食事コントロールも、引き続き。
糖質を抑えて、タンパク質をなるべくたくさん。体重の1~2倍を目安に。

2.読書
目的は学習。学歴より、学習歴。学習歴とは読書歴。
週1ペースで年間48冊くらいは読もう
3.Instant word powerを1日1ページ
目的は、英語力向上。
400ページくらいの本なので、1日1ページ、ゆっくり学びながら読み進めていこう。
4.ポッドキャストで英語ニュース
目的は、英語力向上。NHKの10分くらいのニュースを、毎日。

読んだ本

いい本。なんと、『ザ・ゴール』シリーズの一つ『クリティカル・チェーン』の解説本だった。内容は一枚で言うと、

http://www.sint.co.jp/products/obpm/serial/img/3/06/ccpm06_01.jpg

親方バッファという概念が面白い。サバ読みは、マネージャーがぜんぶ共有してしまえ、ということ。大変参考になりました。