ああ、もっと勉強しときゃよかった・・・と言いつつ戻っても同じことしかしないんだろうな。

昨日の日経の経済教室で安田先生がゲーム理論で財政破綻問題について論じていたけど、ゲーム理論の知識が無さ過ぎる自分を痛感した。グローバルゲームなんて知らないし。ゲーム理論、ほっとんど勉強しなかった。非協力ゲームをちょこっとやっただけ。もっと勉強しときゃよかった。

あと、タイトルが非常にそそるこの論文。

http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis240/e_dis231.pdf

TVP approachがTime-Varying-Parameterという意味だと理解するまで3分くらいかかった。CAPMとかGMMとかOLSとかのレベルでTVPって流通しているのか?ぐぐってみたら、TVP-VARというabbreviationは割と普通らしい。

http://personal.strath.ac.uk/gary.koop/bb_lecture6_slides.pdf

http://www.imes.boj.or.jp/english/publication/edps/2009/09-E-13.pdf

ちょっと頑張れば読めるだろと思ったんだが、ダメだね。ベイズ統計学ちゃんと勉強しなかったし。MCMCくらいまで、もっと頑張ってやっときゃよかった。

数学も、もっときっちり学べばよかった。。。といいつつ、いま昔に戻っても、同じように計量経済学にはまり同じような時間のすごし方をして、同じような内容しか勉強しなかっただろうな。あの頃に戻りたい、と思ってみても、きっと同じ人生を過ごすに違いない。

時間は有限

博士号が取りたいというよりも、研究したいことがあるという気持ちのほうが強い。もともと僕が院にいたときに持っていた研究関心を思いつくままに箇条書きすると:

  1. Efficient Market HypothesisをTime-varyingで計測することで、不毛な議論に決着をつけたい
  2. C-CAPMがなんでうまく行かないのか知りたい
  3. 日本人のリスク回避パラメーターを、自分の手で、ちゃんと推定したい
  4. GMMの問題点と、ポストGMMとしてどんな推定量が良いのかを知りたい
  5. Equity Premium Puzzleを解きたい
  6. ベイズでいろいろな理論を検証しまくりたい
  7. インフレのコストを、自分の手で、納得がいくまで計算したい

という感じだった。ある程度できたものもあるし、ぜんぜんできなかったものもある。

1.への僕なりの回答が、Mikio Ito先生と一緒にやった、これ
2.は、修論で取り組んだ。
3.Akihiko Nodaさんと一緒にやって、ついこの前pubishされたこれ。(ちなみに、同じことだけど、どちらかというと僕はリスクパラメータとしてガンマをとらえているが、野田さんは、異時点間の代替弾力性としてとらえているのが、おもしろい。ま、同じことだけど。)
4.は、なんとなく試したみたCUEがけっこういい感じだった。これ、21世紀の計量経済学の勝ち組推定量かもしれない。
5.はいろいろ試して解けずあきらめた。
6.は、ベイジアンになったら、就職やばそうという合理的判断で、深入りやめた。
7.は、全然着手できなかった。アイディアはいろいろあったんだけど。

というか、ほかにも思いついては試してみて、で、ダメだったことが山のようにあると思うのだけど・・・思い出せない。うまくいかなかったことは忘れちゃうから。

まぁ、時間ってないよね。修士の2年でこれぜんぶやるの、無理。授業もあったし。しかも、いま、2年弱働いてみて、ほかにもいろいろと別の関心というか研究してみたいことというか、試してみたいことがある。

  1. 腰を据えて数学を基礎からやり直して、自分で理論を書いてみたい。自己満足理論じゃなくて、実証可能性を考慮に入れた理論を、自分で書いてみたい。
  2. 景気循環について、もうちょっと現実を直視しているような理論を考えたい
  3. 人間は、経済変数や金融変数に攪乱されるがゆえに、当人は合理的と思っていても、一見非合理的な行動をする、という前提で理論を書いてみたい
  4. market priceという抽象的概念が、現実ではどのように実現されているのかデータから逆算してみたい。(本当にあるのそんなもの?ない業界とある業界があるんじゃないの?)
  5. JALの新社長の稲盛さんも言うように「値決めは経営」。でも、値決めってどうやってやっているの?見積価格の決定メカニズムって、どういうメカニズムなの?それって、本当に市場価格に近づくの?
  6. 格差の原因が、生まれた家庭にどの程度依存しているのか実証分析したい。高所得の人間が、実は高所得をもたらしているのは、当人の能力や努力というより、いい家庭に生まれってことに依るところが大きい、という結果が出るのではないか?もしそういう実証分析結果が出たら、格差はよくないという規範的分析へと発展させたい。

ほかにもいろいろネタはあるのだけど、全部書くとあれだし。

まぁしかしあれだ。今年は法律を勉強するとかいってたが、経済学の研究やり始めたら、そんな時間ないな。平日は普通に働いているし。それなりに責任感じてるし。会計ももうちょっと知りたいし。読書もしたいし。スキーも行きたいし。有馬温泉も入りたいし。たまにはゆっくり旅にでも行きたいし。ときどき東京かえって仲間に会いたいし。そういえば今日ウィイレ2010を衝動買いしてきたところだし。やりたいことは無限。時間は有限。

うーむ。今年度は既にどこも出願受付終了してる。

ひそかに企んでいる博士号取得計画。共著とはいえ、ほんと、せっかく業績も出てるし、取ろうという気分が高まっているんだけど・・・。とりあえず、いろいろ調べてみよう。

http://www.gakuji.keio.ac.jp/academic/shingaku/kei-d.html

・・・と思ったら、今年の出願受付はもう終わっていたのであった。しかも3年間は在籍しないといけないし。授業料の負担がけっこう高い。入学金も入れて年間で836, 200円だって。高い。これ払ってまでやる価値があるにやあらむ。大学院まで私立で、おとーさんおかーさんすいませんでしたっm(_ _)m。奨学金ってとれるのかな。働いてるから、無理なのか?

確か国立は、博士号取得要件として、3年間在籍という縛りがなかったはず。入学して1週間で取れるとかいう話も聞いたことが・・・。本当ならそっちのほうがいいじゃん。うーん、関西で経済学の良い国立大学と言えば・・・

http://www.econ.osaka-u.ac.jp/admission/gdent-index.html

http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/index.php?admissions%2Fgraduate

ダメだ。どっちも受付終了してる。もちろん、誰の指導を受けたいかということも重要なのだが。

単著でジャーナル載らないと取れないのかな?そこらへんもよく分からない。博論って3部構成だよね?publishされた共著2本のうち杉山貢献部分+unpublishedの修論でOKなのか?そうだとしても、博論の形に仕上げないといけないわけだよね。うーん・・・。修論をまともなジャーナルにどっか載っけたら、さすがに固いと思うけど。投稿するのも一苦労だよ。査読に死ぬほど時間かかるし。いずれにしても、しばらく土日を研究に費やさないといけないということですね。。。

TeXもインストールし直さないといけないし。Rとかの統計言語のリハビリもしないといけないし。英語・・・は大丈夫だろ。数学・・・はけっこう錆付いたっぽい、ちゃんとやらないと。

うーむ。やはりこうして冷静に考えてみると、博士号ゲットまでには、金と時間と労力がかかるな。もう少しいろいろ調べてみよう。どの道この4月からは無理って判明したし。

英語と数学が出来れば、いつでもアカデミズムに復帰できる。英語と数学はちゃんとやっといたほうがいいよね、と自戒をこめて。