『道ありき―青春編』の読書感想

結婚祝いにゴッドファーザーからの贈り物。ってあれ、なんで日本語の本なんだろ?

三浦綾子さんはクリスチャンらしい。恋人を病気で失い、自分自身も20代から30代にかけて病気で長いことベッド生活を強いられ、結婚もできずにいた、という自叙伝。最終的に、奇跡的に病気は治り、すばらしい男性にも巡り会えて37歳で結婚することもできた。ちゃんと神様は私のために「道」を用意してくれていたのだ、という趣旨。

ゴッドファーザー、何を伝えたかったんだろ?

たまにはこういう本もいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です