Obama vs Clinton

昨日紹介した,Google Trends
Googleでどれくらい検索されているか≒世間の注目度
という考えに基づいて,Bushの次の大統領候補二人を調べてみた.
Bushの次の大統領になる可能性が高いといわれる二人,それがHillary ClintonとBarack Obama.Google Trendsで調べてみた結果はこんな感じ
2004年7月ころ,Obamaのヒット数が異常に高くなっている.Google Trendsは賢く,このときどんなイベント,ニュースがあったかもコメントしてくれている.それによれば,

Remarks by Senate candidate Barack Obama to the Democratic National Convention

とある.民主党全国委員会でObamaが演説を行ったらしい.たった一度の演説で,これほどまで異常なGoogle検索数に結びつけるObamaの演説を聴いてみたくなった.Youtubeにあるじゃーん.
全部で20分ほど.まずは前半部分.

次に後半部分.

これは・・・この演説はあまりに素晴らしすぎる.素晴らしすぎて,危険だ.後編の3分39秒(残り4分26秒くらい)からの盛り上がり方がヤバイ.言葉だけでこれだけ人々の気持ちを高揚させることが出来る政治家,日本にいるかな?
Google Trendsの結果を見れば,基本的にHillary Clintonが優勢だが,こういう演説などのイベントで異常に人々の心をつかんでしまうObamaに対して,Hillary Clintonは絶対に気が抜けないというのがよくわかった.

『美しい国へ』の読書感想

美しい国へ 美しい国へ
安倍 晋三

文藝春秋 2006-07
売り上げランキング : 7117

Amazonで詳しく見る by G-Tools

我が国のいまのトップはどんな考え方を持った人なんだろう、ということで、今更ながら読んでみた。
育ちのよさを改めて感じた。Wikipediaなどを見ていても、血筋がよい。サラブレッド。いろいろな理想を綴っているが、この人は国のためになら死ねるんだろうな、と思った。それだけの情熱を感じた。正義感が強そうで、世のため国のために尽くしたいと本気で思っていて、カネとか名誉欲みたいなものには関心がまったくない、実に心の美しい人だと思った。
そして、その理由は、やはり育ちの良さだと思う。実にのびのびと生まれた段階から育ってきたんだろう。育ちがよく、何不自由なく生きてきたので、物欲や他人に対する嫉妬心とか名声を求める欲がないのでしょうね。マズローの考え方とかで考えれば、幼少時点ですでに「自己実現欲」以外のすべての欲求が満たされていたんだと思う。
生まれや育ちが非常に良いひとの理想論というのは、かなりの確率で正しい気がする。理由はよく説明できないが。もちろん、間違っていることもあるけど、総じて見れば、大体正しい気がする。にもかかわらず安倍さんに任せるのは不安だ・頼りないと思ってしまうのは、安倍さんの頭があんまり良くないからだとしか言いようがない。

『沈黙』の読書感想

どれだけ不条理なことがあったとしても、いつもと同じように朝になると太陽が昇り、いつもと同じように小鳥がさえずり、いつもとまったく変わらない日々が何食わぬ顔で進行してく。これだけ不条理なことがあるのに、なぜ神様は助けてくれないのか?なぜ神は沈黙を守っているのか?という意味がタイトルの「沈黙」という意味。「沈黙」を感じさせることは世の中にいっぱいある。こないだ自殺した中学生はきっとそれを痛感してたんだろう。

もちろん、努力していないのに天国から幸運が降ってくるなんてことはない。だけど、努力してれば天国から幸運が必ず降ってくるとは限らない。この本の主人公は、どこまでもまじめに努力している人だった。

宗教的な話をしなくても、単純な話で、人生にはいい時と悪いときがある。極めて悪いときに沈黙に対して苛立ちと不条理感を感じる。そういう思いをすることは人生に一回か二回くらいしかない。早めにそういう体験をしておくと後の人生が豊かになる、と思う。