“Pop Internationalism”の読書感想

邦訳は学部時代読んだことがあったんだが。昨年ノーベル賞とったし、原著を読み直してみた。有名な、「国と国とが競争をしているというのは危険な妄想」という主張。いまだに日本では大臣クラスの政治家が理解できていないみたいだが。

ちょっと、かいつまんでクルーグマンの論理をメモしておく。

1)国のcompetitivenessを、「our ability to produce goods and services that meet the test of international competition while our citizens enjoy a standard of living that is both rising and sustainable」と定義しよう。

2)あまり貿易をしていない国は、exchage ratesはstandard of living にそれほど影響しない。standard of livingの成長は、国内のproductivity growthにのみ依存する。海外と比べたときにproductivity growthがどうか、ではなく。つまり、standard of livingの成長(=competitiveness)=productivity growthということになるが、こういう場合は、国際競争力がうんぬん(貿易で勝ち組負け組の国が出てくるetc)って議論は無意味ってことでしょ。

まとめると、あまり貿易をしていない国ならば、standard of livingの成長(=competitiveness)=productivity
growthとなる。対偶をとってstandard of livingの成長(=competitiveness)≠productivity
growthならば、貿易をたくさんしている国、が導けるよね。

3)じゃあ、貿易をたくさんしている国について考えてみようか。そういう国は、productivityは成長しているけど、純輸出を増やすには、自国通貨を減価させ続けないといけない、ってことに気づいたとしよう。自国通貨を減価させると、他国財が相対的に高くなる。他国財に対する購買力が低下するので、standard of livingは確かに下がるかもね。

まとめると、「国のcompetitivenessが、単純に国内のproductivityとは異なるものである」⇔「purchasing power grows significantly more slowly than output」ということ。(*)

4)じゃぁ、実際にデータを見て(*)の仮説を検証してみよう。国内のproductivityが成長しているのに、購買力が低下しているかどうか、検証すればいいわけだ。国内のproductivityはreal GDPを見ればいい。購買力は、command GDP(注)を見ればいい。実際に見てみると、real GDPの成長率よりも、command GDPの成長率が著しく低い、なんてデータはない。

5)なんでこうなるんだろう?国と国は、企業と企業が競争しているのと同じよう競争をしているわけではないってことを知ろう。ペプシとコカコーラを考えよう、ペプシの売り上げの中で、コカコーラの従業員の割合はすごく低いだろう。だから、ペプシが成功すると、コカコーラは被害を受ける。でも、国と国は違う。日本製品の海外への売り上げ(輸出)の中で、アメリカが閉める割合は小さくはない。だから、日本製品が高品質で安価なものを売ってきても、それは必ずしもアメリカの被害にはならない。アメリカ企業は売り上げを減らされるだろうが、アメリカ国民は、高品質な安価な日本製品の恩恵をうけて、standard of livingを高められるからだ。

・・・とまぁ、こんな感じ。

(注)exportをexport price index(つまり国内の物価指数)で割るのではなく、price index for U.S. imports(つまり貿易相手国の物価指数)で割ったもの。exportによって自国が得るお金で、どれくらい海外のモノが買えるか、を表現することになる。つまり、購買力の代理変数となる。

 

厚生経済学の基本定理

これは某S先生のお言葉.

厚生経済学の基本定理は,現実の市場が万能だと言っているわけではない.

現実に興味がない理論家ばかりがいる慶應経済の代表格だと僕が思っていた先生が,現実の市場について言及したためびっくりしたわけです.

「厚生経済学の基本定理」とは,次の二つです.

厚生経済学の第一基本定理
:競争均衡はパレート最適である.

意味:企業が競争し個人が自分の満足度を追及した結果は,パレート基準で見たときに望ましい.

厚生経済学の第二基本定理:任意のパレート最適配分は,競争均衡として実現できる.

意味:パレート基準で見たときの望ましい状態の全ては,企業が競争し個人が自分の満足度を追及した結果として実現できる.

「パレート基準で見たときに望ましい」とは,「誰かの状態をより良くするためには,他の誰かの状態を悪化させないといけない」ような状態です.

厚生経済学の基本定理は,アダムスミスの「神の見えざる手」という考え方を,厳密に数学的に証明したものであり,経済学の主要な成果の一つです.

それにしても,この先生がこの言葉を述べたシーンはかなり鮮明に覚えています.それくらい衝撃でした.

“The Invisible Heart: An Economic Romance”の読書感想

 

高校教師SamとLauraの恋愛模様を,二人の異なる考え方を対立させつつ描いている.Samは経済学修士号を持つ新古典派信奉者で,市場に全部任せるのが良いのだ,政府の介入は無いほうがよいのだ,というスタンスを貫いている.Lauraは文学の教師で,弱い立場の人を法律で守るべきだと考えている.
数日前に書いた『シートベルトを義務化する法律』というエントリーは,実はこの本のpp.20あたりをベースに書いた.この本では,このようなやりとりがSamとLauraの間で延々と繰り返される.
LauraはSamのような考え方に初めて触れたらしく,最初は「あなたは冷たい人間だ,困ってる人は助けるべきだ」と反発するのだが,Samは頑としてLauraの反論に対して理論的に言い返し,「慈善の気持ちではなく,Self-Interest(利己心)があるからこそ経済は発展し,良い状態が実現するんだ」と主張し続ける.他方,Lauraは理屈でものを言うというより,感情や思いやりの気持ちから自分の意見を述べる.
本を通してSamの主張が理屈を伴って繰り返され,LauraはだんだんSamの考えを理解していく.したがって,本書はLauraタイプの人間(つまり,経済学をまったく知らない人間)に対する,経済学の啓蒙書となっている.恋愛小説の形式にしているあたり,本書のターゲットがそういう人であるという著者の意図は丸分かり.
邦訳版もある.

かなりオススメ.読みやすいし,ベストセラーになってもおかしくないと思う.

シートベルトを義務化する法律

というわけで,このカテゴリーの第一弾.「シートベルトを義務化する法律」について考える.多くの人は,賛成するのかな,きっと.でも,典型的な経済学者は,この法律に反対する.
確かに,シートベルトをしたほうが安全.でも,だからといって,「なぜ政府が国民に強制するのが良し」という結論が出てくるんだろう?いや,なんとはなしに,そういう法律があったほうが,事故が起きても死亡率は低くなるだろうし,いかにも良さそうではある.でもほんとかな?法律に反対する経済学者Sくんと,法律に賛成するフィアンセのNさんの会話を妄想して,解説してみる.

“シートベルトを義務化する法律” の続きを読む

新規カテゴリー作成

経済学入門(Intro to Econ),というカテゴリーを作成してみました.このカテゴリーでは,経済学をあまり知らない人にむけて,経済学についてカンタンに紹介していくことを目指します.経済学の大学院で修士2年になった今,ある程度経済学についての知識がついたと思うので,自分のあたまの整理&啓蒙がてら,書いてみようか,と.「現実経済を説明しよう」カテゴリーでは,けっこう高度な話も出てきていたけど,このカテゴリーでは,高校生でも理解できるように書こうと思います.
僕自身,経済学部に入学してから,高校のときに抱いていた経済学に対するイメージと,実際の経済学の乖離にびっくりしました.経済学というと,なんとなく,「ビジネス」や「金儲け」とかについて勉強する学問だと思っていた.
が,まったくそれは違います.経済学とは,「最適な資源配分について研究する学問」です.とこう書くとまたわけがわからないのですが・・・まぁ,経済学的思考とか,経済学者はこう考える,とか,経済学の雰囲気を味わってもらいたいと思います.