『「管理会計の基本」がすべてわかる本』の読書感想

 うーん、これは唸るほどに良書ですね。目からウロコが落ちる思いで読み進めました。言われてみれば全部当たり前なのだけど、当たり前を理解するのが一番難しい。とりあえず、アマゾンより目次を引用。

第1章 管理会計とは何か―マネジメントに役立ってこそ
第2章 意思決定―知らないうちに過ちを犯している
第3章 CVP分析―最初から利益が出るほど甘くない
第4章 固変分解―実はそんなに簡単ではない
第5章 投資の評価―複数年に及ぶ効果をどう評価するのか
第6章 コスト・マネジメント―重要性が増す間接費の管理
第7章 業績評価―管理会計をカタチにする
第8章 バランスト・スコアカード―表面的には業績評価手法、その実体は戦略必達ツール

 

 

本書を読んで一番良かったと思ったのは、損益分岐点と操業停止点の間にいるときの経営判断について、頭がすっきり整理されたことですね。僕としてはちゃんと理解していたつもりだけれど、本書を読んで改めて頭が整理されたという感じです。

あらゆる案件について、それを受注すべきかどうかは、すべからく、限界利益がプラスかどうかで決まります。プラスならば固定費の回収に貢献するので、限界利益は貢献利益とも言われますね。原価割れしていたとしても、限界利益がプラスならば、固定費回収に貢献するんで、その案件は受注すべきということになります。ただし、これは原価割れしていますから、営業利益は赤字になります。「損益は赤字だけれど、案件は受注して操業は続けるべき」という状況です。つまり「損益分岐点と操業停止点の間にいる」という状況です。経済学部を出たひとなら、ミクロ経済学の、あのグラフが頭に思い浮かぶはずです。
それでは、貢献利益がプラスの案件をやりまくった結果、t期の決算時に営業赤字になってしまったとしましょう。原価割れしている案件もこなしているので、そういうことは十分起こりえます。そして運の悪いことに、t+1期も、やっぱり経営環境が悪かったりして、限界利益はプラスだけれど原価割れの案件しか見えなかったとします。この場合、どうすべきでしょうか。
fixed costは長期においてはfixされていないので、実は変動費用です。というか、その気になれば経営の最高責任者にとっては何もfixされていないのだということを、ちゃんと理解する必要があるということです。そうすると次の質問は、どれくらいのスパンが長期なの、ということになりますが、それを決めるのがまさしく経営者の仕事でしょう(注1)。もしくは、fixed costはその気になれば変動費用なんだという自覚を持つことが、経営者の責任でしょう。どっかでガツンと経営判断しないと潰れちゃいますからね。
その経営判断は、その企業の財務内容に大きく依存するでしょう。いくら大赤字を垂れ流し手も屁でもないほどに潤沢なキャッシュを持っていれば、長くこと持ち堪えられるでしょう。逆に、ちょっとした赤字でもすぐにやばくなる場合だってあるでしょう。
結局、「t+1期にどうすべきか」に対する答えは、「財務内容と経営思想に依存する」ということでしょうね。”it depends”って、僕の嫌いな表現ですが、それが正解なのだからしょうがない。だからこそ、はっきり「具体的にはどういう財務内容になったらどうするか」「どういう経営思想で経営しているか」を明確にすることは必要だと思うわけですが、ほとんどの場合、ぼんやり頭で考えているだけで、明確にはなっていないと思います。
と、そんなことを本書のお陰ではっきりと整理することが出来ました。

 

誤った知識、認識に基づく判断は全部間違うわけだけど、けっこう世の中間違いだらけの経営判断がくだされてるのだろうな、と本書を読んで思いました。僕は気をつけよう。そのための努力を惜しまないようにしよう。

 

 

(注1)そうか、僕が経済学部にいた時「長期ってどれくらい?(how long is long?)」って質問に対して、「それは本質じゃない」みたいな回答をした某教授がいたけれど、正解は「経済政策の意思決定者が決めること」ということになるのか!今ころわかったぞ。せめて”it depends”って回答してくれたらよかったのに!

 

 

『一勝九敗』の読書感想

ユニクロの柳井さんの本。かなり感銘を受けた。この人、すげーな。山口県の田舎から始まったカジュアルクローズの小売店が、いまやNY、パリなどの世界主要都市を押さえるグローバル企業になった。その成長を振り返りつつ、次の目標を語っている。

「計画して、必ず実行すること」とか「商売の基本はスピードと実行」とか「失敗したらすぐそれに気づくことが重要」とか「失敗してすぐ撤退して、失敗から学ぶべし」とか「とにかく実行、失敗してもすぐ軌道修正して成功に結びつけるべし」みたいなことが繰り返し繰り返し記されていた。

一直線に成功ということはほとんどありえないと思う。成功の陰には必ず失敗がある。当社のある程度の成功も、(中略)実態はたぶん一勝九敗である。十回やれば九回失敗している。この失敗に蓋をするのではなく、財産ととらえて次に生かすのである。致命的な失敗はしていない。
(中略)
もうひとつ大事なことは、計画したら必ず実行するということ。(中略)頭のいいと言われる人に限って、計画や勉強ばかり熱心で、結局何も実行しない。商売や経営で本当に成功しようと思えば、失敗しても実行する。また、めげずに実行する。これ以外にない。(p199)

この人が言うと説得力がある。この人からしたら国内で調子の悪い産業も以下のように見えるらしい。

ドメスティクな産業、例えば流通業、金融業、建設業などは全部企業マインドが内向きで、自己改革の兆しすら見えない。自己改革どころか不況にその責任を転嫁している。(p187)

柳井さんが商売始めた頃って、繊維の小売は衰退産業だったみたいだけど、それをここまで持ってきたんだから、説得力がある。

経営者が書いた本ってけっこう読んでいると思うけど、これはかなり上位に来る。

『商売心得帖』の読書感想

素晴らしい本。松下幸之助の本はすでに二冊読んでいるが(『指導者の条件』『実践経営哲学』)、どれもお薦め。経営者は当然として、誰が読んでも影響を受けると思う。

松下幸之助はよく、「適正な利益」という表現を使うが、それが何なのかということを最近よく考える。需要曲線と供給曲線が交わるところで決定される価格が効率的な価格で望ましい、とか何とか昔習った気がするが(パレート効率的とか呼ばれている、あれのことだ)、実際にいろいろな財の価格を決める立場になってみると、けっこうこれって裁量的。

あまり強気に高い価格をいただくのはぼったくりだし、だからといって、あまり安くしすぎるお人よしさんも考え物。その中間にあるどこかの、「ちょうどココ」という価格を探し当てないといけない。値決めは経営(『アメーバ経営』)と稲盛和夫も言っているくらいで、とても難しい。

松下幸之助が書いたほかの本も読みたいって思った。読書が習慣になっている人なら、これが最高の褒め言葉ということが分かるはず。同じ著者が書いた本をまた読む、というのは、よっぽどいい本だった証拠ということ。

『アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役』の読書感想

京セラの創業者、稲盛さんの本。一代で売上1兆円規模の企業を作ったのは、伊達じゃないな、ってのが率直な感想。稲盛さんが考え出した「アメーバ経営」についての解説書。

真似するのは難しいですね。いろいろと印象に残った言葉があったんだが、特に刺さった一つだけメモっとく。

 営業の使命とは、『この値段なら結構です』とお客さんが喜んで買ってくれる最高の値段を見抜くことである。これより安ければ、いくらでも注文が取れる。これより高ければ注文が逃げてしまう。そのぎりぎりの一点を射止めなければならない。
(p226)

まさに、「値決めは経営」ってことですね。

実質GDP、年率換算では-12.7%

2008年10-12月期の実質GDPは、前期比-3.3%とのこと(内閣府の発表)。年率換算では-12.7%という極めて低い水準。しかし、この程度では済まず、もっとどんどん悪くなるだろう、というのが現実経済で働いている僕の率直な印象。

企業物価指数も5年1ヶ月ぶりに下落したが、たぶん、この下落傾向は今年いっぱい続くというのが僕の予想。実際に働いてみたら分かることだが、企業間で取引されている財やサービスの価格は、どんどん安くなっている。仕事の絶対量が激減しているので、安く買い叩かれている、というのが現実。GDPがこれだけ急激に減ったのは、急激な需要減。供給能力はそんなに一気に減らないよ。需要が減って供給が一定ならば、価格は安くなる。

消費者物価指数が、どこまで企業物価指数の下落に引きずられるか。また、影響のラグはどの程度か。デフレに逆戻りか。

「日本経済はそんなに大変じゃない」という認識をもった人が総理に座っているが、世間知らずにも程がある。

食品と薬品

不景気不景気というが、食品と薬品関係だけは割りといいらしい。不景気でも人は腹が減るし、病気にもなるからね。逆に言えばこういう基本的なところ以外は、ぜんぜん駄目みたい。いい話がぜんぜん無い。

現在の金融危機・世界的不景気は相当深刻。これから、世界全体が根本的に大変化しそう。たぶん、これからもっと悪くなる。毎日毎日、ネガティブなニュースばっかりだけど、まだまだこんなもんでは収まらないんじゃないかなぁ。

特に、日本は他の先進国に比べてまだマシに見えるが、それは単に日本でまだ金融機関がどこも倒産していないから、そう見えるだけだと思う。で、その背後には、先進しすぎて自滅した欧米の金融機関VSのんびりしていたおかげで助かった日本の金融機関、という構造があるんじゃないか。

しかし、日本の実体経済はそうとう悪くなっている。設備投資はほぼ全ての産業(食品と薬品関係以外)で急ブレーキがかかっている。まだまだ、もっと悪くなりそう。今はまだなんとか仕事があるけれど、数ヶ月後にどうなっているか。不確実性は、極めて高い。

そんな中、けっこう心配なのは、現状認識が極めて甘い人がわが国の総理大臣をやっていること。麻生総理についての僕の考えは、ほぼこれと同じ。今年は政権交代も9割以上の確率で起こりそうだし、政治、経済、ともにぐっちゃぐっちゃになりそう。

まったく。こんなときに社会人になるなんて、すげー勉強になるぜ。

完全競争市場という妄想

世の中には独占企業とか呼ばれる企業が存在して、世間では悪者扱いされている。経済学的にも彼らは悪者。独占企業は、企業どうしが競争している時の価格に比べて、高い価格設定をする。その結果、競争がある場合に比べて、社会全体での余剰が損なわれてしまう。

競争市場はパレート効率的となる。だから、競争市場にするべきで、もし現実経済がそうなっていてはいないとすれば、競争市場に近づけるべく、努力をしなければいけない・・・とか、昔思っていたことがあった。でもちょっと待てよ、と最近思う。

実際に現実経済で働いてみた感想:現実に完全競争市場なんて存在しない(存在するとしても、かなり特殊ケース)、それって学者の脳内妄想でしょ。

こういうと、「理論は、複雑な現実経済のうち、多くを捨象して本質だけを抽出したものです」と理論家に言われそうだけど、「捨象しすぎwあなたの考える本質と、わたしの考える本質は、違うんですねw」と言い返したくなる。なんというか、「競争市場はパレート効率的となる」というstatementって、現実にはぜんぜん的外れな感じがする。

で、じゃあ、「どうやったら現実を競争市場にすることが出来るか」と議論も無意味かと。なぜならば、そんな状態は現実的に実現不可能だから。物理学が摩擦0の世界を仮定しているが、実際にそんな世界を作るのが難しいのと同じこと。それよりも、現実をあるがまま受け止めて分析し、どうやったらよりよい世界がつくれるのか、実行可能な意見を聞きたい。

経済学とは、コストとベネフィットを比較する経験科学だと思うのだが、経済学者は自分の意見を述べるときに限って、これを忘れてしまうみたい。ベネフィットだけ大声で言って、コストのことを考えない。経済学者なら、経済学的な発言をするべき。

それにしても不景気

100年に1回だか2回だか知らないが、とにかく不景気。社会人一年目でいきなりこれ。今後どうなるんだろう。「先行きが見えず不安」などと言われるが、本当に。社内のコストカットを徹底するだとか、営業を積極的におこなって売り上げアップを図るだとか、新たな需要を喚起するだとか、そういう諸々の経営努力の限度を超えている気がする。こういう実感は、働いてみないと分からない。

で、日本の経済学者は金融危機にどう対応しようとしている?右往左往。彼らの研究業績は?低い人ばっかり。日本の経済学者は、教室で大学生相手に持論を偉そうに展開して、国際的な専門誌に論文を載せられない、という人ばっかり。学者だったら、論文で勝負しろよ、と。

町工場が宇宙ビジネスに挑む

60分を10倍に生かすトップのための情報CDを、なんだかんだで毎月聴いているんだけど、今月のはすごい聞く価値のあるコンテンツが一つあって、それはこういう講演の録音だった。

「町工場が宇宙ビジネスに挑む」植松電機専務、植松努氏

たぶん、これ辺りと内容は同じだと思う。植松電機という会社は、北海道の中小企業(資本金1000万円、従業員10名)らしいが、この専務の話はかなり魅力的で、家路につく車の中で、聴き入ってしまった。へぇ、日本にこんな面白い人材がいたんだ。むっちゃこの人に興味あるわ。今後、要チェックや。

印象に残った言葉をメモ。(うるおぼえで、不正確かもしれない点、注意)

  • 「どうせ無理」という言葉をこの世からなくしたい
  • 産学官連携の正しいあり方は、産がチャレンジ・学が未来予想・官がチェック。現状は官がもってきた金にたかっているだけ。
  • 公のお金をもらうということは、「他の人ではなく、自分にこそよこせ」という態度だが、もらう人にそんな価値、あるの?
  • 世界初はいつも個人がやる。国は後追いしかできない。
  • 寝食忘れるほど好きなことをしてる自分が、一日8時間しか働かない人に負けるはずがない
  • 学費の肩代わりを企業が今していないのは、たいした教育が行われていないから。
  • 壊れないモノを作れるようになったら、いつか市場に行き渡る日がきて、売れなくなるという怖さがあった
  • 不景気=仕事がない=暇=研究開発をするチャンス

こんなところかな。いや、本当、表現とか不正確なので、正確に知りたい方は、このCDを自分で聴いてほしい。

新規カテゴリー作成

思えば、わりとアカデミックな話題や、現実経済の動きとかについては書いてきたけど、仕事については、あんまり書いてこなかった。

というわけで、仕事日記(business diary)というカテゴリーを作成。社会人になって半年以上経って慣れてきたところだし。あまり詳しくは書けないだろうけど、仕事に対する価値観とかも書ければ。

研究業績は査読論文が一本か二本で終わってしまうけど、ビジネス業績はこんなもんではなく、もっともっと、優れたものを出したい。(ビジネス&アカデミズムの二束のわらじで、頑張ればまたEconomics Lettersくらいなら行けると思うんだけど、体力的にきついかな・・・)