『この国を出よ』の読書感想

 

 定期的にこういう本でも読んで「グローバルに一人勝ちするか、ドメスティックにうじうじやってミゼラブルに負けるか、どっちの人生を歩みたいの、おれ」みたいなことを自問自答しよう。

山口県の田舎から出てきて、グローバルブランドまで一代で育て上げるってすごいよ。正しくは、柳井正さんは二代目だけど。25歳で父親から経営を任されたらしい。そういえば、日本電産の永守重信さんも28歳で社長になったらしい。20代で社長になってうまくいくって、よっぽど、二人とも持ってるんだろうな。

印象に残ったところをいくつか。

国に頼らず自分の力で立て(p14)

僕たちの会社がここまで成長できたのは、古い繊維業や小売業ではなく、カジュアルをつくるSPA(製造小売業)という新しい産業を創りだしたからです。(p58)

IPO (新規株式公開)で数十億円の資産を手にしたり、売上高が数百億円レ

ベルになると、それだけですっかり大企業の経営者になったと錯覚してしまう。数十億円の

資産があれば、もうそれ以上は人生で使いようがありませんから、志がなければ、死にもの

ぐるいで経営を続けようとは思わないでしょう。時代の寵児ともてはやされたクヒルズ族″

の企業も、その後、業績が飛躍的に伸びたところは、ほとんどありません。

しかし、「ビジネスを通じて世の中を良くしたい」「社会を変えたい」という信念があれば、

そこで満足して終わるわけがないのです。(p83-84)

『仕事は楽しいかね? 2』の読書感想

『仕事は楽しいかね』の続編。ついつい読んでしまった。
で、名言的なものを集めてみる。
したいことをしてこそ、人は成功する。それ以外に成功する道はない。(冒頭)

″ほんもの″の上司に出会ったことはあるかね?

マックスが聞いた。「会うのが楽しみで、きみを高いレベルに引き上げてくれる人、
という意味だけど」(p15)
でも、上司が間違いを認めることがわかれば、上司に対して意見を述べる
のはそうするだけの価値のあることだと思うはずです。そして上司が変わることがわか
れば、彼らも変わります』
つまり、過ちを犯すこと、
そしてその過ちを認めることでも、
″ほんもの″の上司は良い部下を育て、
やる気にさせることができるんだ。(p85)
「″いろんな可能性を示せる″っていうのがいいね。たしか何かの映画にこんな台詞が
あつたな。″金を見せろ″
「『ザ・エージェント』ですね」
「そう、それ。部下に対しても、″可能性を見せてみろ″ ってことだね。(p95)
有能であることを自覚していないより、
無能であることを自覚しているほうがいい(p99)
成績のあがらない社員に警告す
るのも、実績ある部下に報いる方法の一つですね(p169)
解雇と採用を利用して新しい規準を設定できる、
つまり自分の目指すものを
部下に伝えることができる(p169)

『仕事は楽しいかね?』の読書感想

 こっちは仕事が楽しいとか楽しくないとか考える暇もないくらいな状況なんですけどね。なんとなく読んでみました。働きすぎてお疲れな皆さん、GW中はこういう本でも読んですっきりしましょう。

自己啓発本ってやつですね。『仕事の思想』とかに似ているかも。あと、チャンスはそこら中に転がってるんだけど自分で気づかないだけ、みたいなことが書いてあるのは、『ユダヤ人大富豪の教え』にも似ているかも。自己啓発本なんてだいたい同じことが書いてあるわけだが。それでも、どうしてもまた次の本を読んでしまうのはなぜだろう。

「でも、そんな人たちをだれが責められるだろう。ほとんどの人が、仕事への情熱を目の当たりにすることなく育ってきた。子どものころ、両親が熱狂的なほど熱くなるのを見た課外活動といえば、スポーツくらいなものだ。やがて子どもは、自分はプロのス―ツ選手にはなれそうにないと気づき、心にぽっかりと穴があく。大人になるまで決して埋まることのない大きな穴がね」(p33)

 

「コンピューターは〈整然としている〉ってことなんだ。これはゲイツ自身の言葉だよ、〈整然としている〉というのはね。それから彼は、日標はつねにコンピューターに〈違ったやり方で〉処理させる方法を見つけることだとも明言していた。この企起ったやり方で〉というのも、彼自身の言葉だ。発明家や革新者に話を聞くと必ず、〈異なった〉という言葉と一緒に、自慢げに人に見せるという考えが出てくる。成功する人たちはね、自分がどこへ向かっているかということはわかってない――ただ、遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守ろうと思っている。(p44)

 

「ハハー・難しい人だなあ、きみは。そう、たしかにまぐれには違いない。だけど、きみはこれまでまぐれを生かせてきたかね? もしかしたら、僕たちはそのコツを勉強して、″まぐれ当たり専門家″になるべきかもしれないよ」(p56-57)

 

「一つは、″適切な時″とか”完璧な機会″なんてものはないということ。これは〈この場で〉〈ただちに〉始めるということだ。もう一つは、パッと浮かぶ考えはたいてい使い古されたものだし、パツと浮かんだわけではない考えの多くもやっぱり使い古されたものだということ。とどのつまりはこういうことだ、<一か八かの賭けをしないなら、チャンスなど一つもない>」(p84)

 

すごい! 完壁以上に素晴らしいなんて。論理としては筋が通ってないけど、それを聞いたとたん、僕はハッとひらめいたね。彼の言葉は、完璧というものに対する僕の考え方を永遠に変えてくれた。完璧では十分じゃない――まだ試してみる必要があるってことなんだってね」(p87)

 

問題を解決しようとして、結局ビジネスにしてしまったんですよね。(p141)

 

『川沿いに住もうと思うなら、ワニと仲良くなれ』(p141)

新しいアイデアというのは、新しい場所に置かれた古いアイデアなんだ。(p157)

 

「自分の仕事をあまりに狭いものに定義しすぎだ」(p158)

 

完壁とは、ダメになる過程の第一段階(p172)

 

 

■自己啓発系の面白い本

『メールの超プロが教えるGmail仕事術』の読書感想

 

この本参考にして、 どうでもいいメルマガとか広告メールとか用に「準迷惑メール」ってフィルタつくってアーカイブ直行設定にしたらinboxが死ぬほど綺麗になってストレスが激減した。素晴らしい知恵で、ほんと読んでよかったと思った。

『政治家の殺し方』の読書感想

最近憤死しそうなくらいに忙しいのだけれど、これ読んだら、おれも仕事がんばろうって思ったよ。

いろいろとめんどくさいことにメスを入れると、めんどくさい人から、めんどくさいことをされる、という話。横浜市の売春街の一掃とか、ゴミ処理設備の合理化、とか、けっこうめんどくさいけれどやるべきことをやったら、すごいひどい目にあった、というお話。
著者はいまでは大阪市の副市長として橋下徹市長を支える立場になっているけど、橋下徹も中田宏も、どこからああいうエネルギーが出てくるのだろうか。二人とも基本的におとなしくしていればそれなりに楽で楽しい人生を送れるだろうに、なんでわざわざいろんな敵対関係をつくったりしながらめんどくさいことにクビを突っ込んでいるのだろうか。
とか考えていたけれど、やっぱり理由は使命感とか志だよね。
「見に覚えがないことでバッシングを受けても、だれが自分を陥れようとしているか、その背後関係はわかっている。『修行の場だ』と割り切り(割り切れるはずもないのだが)、堂々としているしかない。やがて人々にわかってもらえるときが来る」
ねつ造スキャンダルでたたかれているとき、そう思って私は自分をコントロールするようにした。それは、たまりにたまった横浜市の垢を落として財政再建をするという、自分の使命感があるからこそ保ち続けることができた。(p100)
こういうの読むとグッとくるよ。この人に比べたら、俺の置かれている状況ははるかにマシだ。
がんばろう。

『「管理会計の基本」がすべてわかる本』の読書感想

 うーん、これは唸るほどに良書ですね。目からウロコが落ちる思いで読み進めました。言われてみれば全部当たり前なのだけど、当たり前を理解するのが一番難しい。とりあえず、アマゾンより目次を引用。

第1章 管理会計とは何か―マネジメントに役立ってこそ
第2章 意思決定―知らないうちに過ちを犯している
第3章 CVP分析―最初から利益が出るほど甘くない
第4章 固変分解―実はそんなに簡単ではない
第5章 投資の評価―複数年に及ぶ効果をどう評価するのか
第6章 コスト・マネジメント―重要性が増す間接費の管理
第7章 業績評価―管理会計をカタチにする
第8章 バランスト・スコアカード―表面的には業績評価手法、その実体は戦略必達ツール

 

 

本書を読んで一番良かったと思ったのは、損益分岐点と操業停止点の間にいるときの経営判断について、頭がすっきり整理されたことですね。僕としてはちゃんと理解していたつもりだけれど、本書を読んで改めて頭が整理されたという感じです。

あらゆる案件について、それを受注すべきかどうかは、すべからく、限界利益がプラスかどうかで決まります。プラスならば固定費の回収に貢献するので、限界利益は貢献利益とも言われますね。原価割れしていたとしても、限界利益がプラスならば、固定費回収に貢献するんで、その案件は受注すべきということになります。ただし、これは原価割れしていますから、営業利益は赤字になります。「損益は赤字だけれど、案件は受注して操業は続けるべき」という状況です。つまり「損益分岐点と操業停止点の間にいる」という状況です。経済学部を出たひとなら、ミクロ経済学の、あのグラフが頭に思い浮かぶはずです。
それでは、貢献利益がプラスの案件をやりまくった結果、t期の決算時に営業赤字になってしまったとしましょう。原価割れしている案件もこなしているので、そういうことは十分起こりえます。そして運の悪いことに、t+1期も、やっぱり経営環境が悪かったりして、限界利益はプラスだけれど原価割れの案件しか見えなかったとします。この場合、どうすべきでしょうか。
fixed costは長期においてはfixされていないので、実は変動費用です。というか、その気になれば経営の最高責任者にとっては何もfixされていないのだということを、ちゃんと理解する必要があるということです。そうすると次の質問は、どれくらいのスパンが長期なの、ということになりますが、それを決めるのがまさしく経営者の仕事でしょう(注1)。もしくは、fixed costはその気になれば変動費用なんだという自覚を持つことが、経営者の責任でしょう。どっかでガツンと経営判断しないと潰れちゃいますからね。
その経営判断は、その企業の財務内容に大きく依存するでしょう。いくら大赤字を垂れ流し手も屁でもないほどに潤沢なキャッシュを持っていれば、長くこと持ち堪えられるでしょう。逆に、ちょっとした赤字でもすぐにやばくなる場合だってあるでしょう。
結局、「t+1期にどうすべきか」に対する答えは、「財務内容と経営思想に依存する」ということでしょうね。”it depends”って、僕の嫌いな表現ですが、それが正解なのだからしょうがない。だからこそ、はっきり「具体的にはどういう財務内容になったらどうするか」「どういう経営思想で経営しているか」を明確にすることは必要だと思うわけですが、ほとんどの場合、ぼんやり頭で考えているだけで、明確にはなっていないと思います。
と、そんなことを本書のお陰ではっきりと整理することが出来ました。

 

誤った知識、認識に基づく判断は全部間違うわけだけど、けっこう世の中間違いだらけの経営判断がくだされてるのだろうな、と本書を読んで思いました。僕は気をつけよう。そのための努力を惜しまないようにしよう。

 

 

(注1)そうか、僕が経済学部にいた時「長期ってどれくらい?(how long is long?)」って質問に対して、「それは本質じゃない」みたいな回答をした某教授がいたけれど、正解は「経済政策の意思決定者が決めること」ということになるのか!今ころわかったぞ。せめて”it depends”って回答してくれたらよかったのに!

 

 

『ユーロ・リスク』の読書感想

 

 200ページ程度のボリュームで、欧州危機に関する事実を淡々と学べる良書であった。読んどいてよかった。
気になった点を少しだけメモ。
1)欧州国家を2つの軸で、4つに分類している。2つの軸とは、「政府債務残高の対GDP比率が高いか」と「純対外資産残高の対GDP比が高いか」。これは、リスクの程度を機械的に見る簡便アプローチ。
2)米中のグローバルインバランスと、欧州圏内のインバランスへの対処のしかたが異なる理由について、あたまがとっても整理された。長くなるけど引用。太字は杉山による。
第1章では、グループ間で「国家の債務返済能力」と「(政府・民間を含む)純対外債務規模」
で大きな違いがあることを示してきた。通貨ユーロとユーロ圏経済の安定を実現するためには、これらの格差を縮めなければならない。国家の債務返済能力を改善するには、財政赤字を減らして政府の借金減らしに向けた努力をしなければならない。純対外債務規模を減らすには、経常収支の赤字幅を減らしていかなければならない。
つまり、ユーロ圏に内在する「二つの不均衡」―― 「財政収支」の格差と「経常収支」の格差―― をともに縮小させることができれば、 ユーロ・リスクを減らしていくことができるのだ(図5 13を参照)。それによって、ユーロ安定への道筋が見え始めるだろう。そうなれば、「本当」の経済的な実力を伴ったユーロの復活も夢ではない。
そこで問題になるのは、そうした調整をより多く負担すべきなのは高リスク・グループなのか、それとも低リスク・グループなのかということである。あるいは平等に痛み分けをすべきなのか。
これまでの章を読み進めてきた読者には、その答えが頭に浮かぶ方も多いであろう。そう。高リスク・グループがより多く調整を進める必要があるというのがその答えだ。ここで、読者のなかには「ちょっと待って」と思われる方もおいでかもしれない。なぜならG 20サミットでの議論は、これと逆方向に向かっているように見えるからだ。
G 20サミットでは「グローバル・インバランス(世界的な不均衡との名のもとに各国間の経常収支の大きさを縮小しようと議論が進められている。グローバル・インバランスとは一言でいえば、米中の経常収支の不均衡を指している。それぞれ世界最大の経常収支の赤字国と黒字国であり、それらの赤字と黒字をいかにして減らしていくかという問題に集約できる。
G20に属する多くの諸国で広く共有されている見解は、世界的な不均衡の原因のひとつが、中国が自国通貨・人民元を米ドルに対して安定化させている為替制度(事実上のドル・ペッグ制)にあるというものだ。したがって、この制度を改めさせて、経済実態を反映したより「適正」な為替相場を実現すべきであるというものである。
つまり、経済調整の負担は大幅な経常収支の黒字を計上している中国側が、膨大な赤字を抱える米国よりもなすべきだとの見方が広く浸透している(コラム3を参照)。
ユーロ圏では経常収支の「赤字国」が、G 20では経常収支の「黒字国」が中心となって経済調整をすべきだという正反対の見解がそれぞれ中心を占めている。その違いはどこにあるのか。
最大の違いは、ユーロ圏では共通通貨を採用しているため、為替調整は(ユーロ圏を離脱しない限り)ありえないということだ。したがって、国際価格競争力を改善するには、直接、賃金や物価を抑制しなければならない。ユーロ圏では価格競争力を失っているのは経常収支の「赤字国」であることから、赤字国の経済調整が中心となるべきとの考えが支配している。
一方、G20諸国では各国が異なる為替制度を採用しているために、そのことが世界的不均衡の一因となっているとの認識がある。
(p164-166)

3)国際競争力とは何だろうということについての理解が、混乱してきた。pop internationalismに書いてあったように「国と国が競争してるなんて妄想」。だけどこの本を読むと、普通に「国と国が競争している」かのような印象を受ける。何がおかしいのかもよくわからない。混乱した。国際経済学に強い偉い人、教えて。

『吉越式クラウド仕事術』の読書感想

これもいい本でした。著者みたいなエネルギッシュで新しい情報に敏感なおじさまが経営している会社で働けている人は幸せだろうなと思った。けっこう雷を落とすタイプみたいだけど。雷が落ちないほうがおかしいんだよね。
中身は、いかにいろいろな情報サービスを駆使して生産性を高めるか、という著者のアイディアの紹介。参考になる。
著者は、すべての仕事にデッドライン(納期、締め切り)を設定するというやり方を徹底的にやってきた人なのだけれど(『「残業ゼロ」の仕事力』参照。)、これまでアナログでやっていた方法を、いかにデジタルに移行するかに苦心している様子。この本の最初の方ではgmailをつかったやり方、途中からevernoteの活用術になる。どっちも、参考になった。
多くの人が評価する、GメールやGoogleカレンダー、Googleドキュメント、Dropbox、Evernoteといったものは、基本的にすべて無料である。この時代に生きているなら、このぐらいのサービスは使ってみる「べき」だと思う。(p31)

I totally agree.

それでも、日本の会社はまだアタマが固い。いまだに「クラウドはよくわからない」だの「当社はIT系の会社ではないから、あまり関係がない」などとモタモタしている寝ぼけた会社が多いのだ。今後、こんなセンスのない会社が生き残っていけるとはとういてい思えない。(p201)

 

I totally agree. むしろ、IT系じゃない会社こそ、ITを使ったスマートな仕事の仕方を追求すべきだと思う。それを推進することには、ものすごい価値があると思う。

『坂の上の雲〈1〉』の読書感想

 

 28歳にもなって未だにこれを読んだことがないなんて、なんて教養がないんでしょうと思いつつ読んだけれど、楽しい、楽しい。
印象に残った言葉をいくつか。 
こつは、一歩も退かぬことである。(p324) 
日本は孤島である。ヨーロッパ圏のように相互刺戦による成長の機会にとぼしい、と好古は答えた。(p264) 
仙波にいわせれば、平民の子でも刻苦勉励すれば立身することができる、これは御一新のおかげであり、この国をまもるためには命をすてる、といった。
立身出世主義ということが、この時代のすべての青年を動かしている。個人の栄達が国家の利益に合致するという点でたれひとり疑わぬ時代であり、この点では、日本の歴史のなかでもめずらしい時期だったといえる。(p254) 
 「宣戦布告のあとで軍隊を動員するような愚はするな」(p230) 
メッケルのドイツ陸軍はフランスを仮想敵国としてつくられている。(p223) 
日本にあってはいかなる階層でも一定の学校試験にさえ合格できれば平等に将校になれる道がひらかれている。(p190) 
老人の自殺というものは物事に窮したあまりやるもので、うすぎたないし、あわれすぎる。若い者は窮していなくてもやる。(p182) 
好古の信条は、勝てる喧嘩をしろ、ということであった。(p156) 
「人は生計の道を講ずることにまず思案すべきである。一家を養い得てはじめて一郷と国家のためにつくす」という思想は終生かわらなかった。(p95) 
そんなところ。勉強になりますね。勝てば官軍負ければ賊軍。賊軍にはなりたくないので、今年も頑張ります。

2012年、生産性を高めるための工夫メモ

2012年気持よく行くために。基本的にデジタル、というかクラウド。
1)あらゆるメモはevernoteで一元管理
すべてをevernoteに突っ込む。(ただし、to do以外。)
入力側の工夫も必要。
twitterはツイエバ。
はてブはhatebte。
ウェブクリップは、chromeのエクステンションが気持ちいい。
メモは、fasteverってiphoneアプリ。
手書きメモは、A6ノート(『情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」』)を、fastever snapってiphoneアプリでスナップショット。
写真とか、気になる資料なんかも、ぜんぶスナップしちゃう。
スキャンデータをどうやって賢く取り込むかは要検討。ここは人の手がどうしてもいる。。
で、情報の整理も必要。
000 INBOXってノートブックを作って、ぜんぶとりあえずここに入れる。
どうしても暗記しとくべきことは999 BRAIN。・・・という具合に、数字を頭につけて、名称を書くと、順番がすっきりする。
ノートブックのネーミングは、要改善。
2)to do
google tasks使う。iphoneのgtasksというアプリがイイ。
3)スケジュール
google calender。
iphoneアプリは、最近使い始めたcalengooがイイ。一度買うと、iphoneとipadの両方で使えるのも経済的。さいすけはiphoneとipadのアプリを別々に買わないといけないし、気がついたら、使わなくなった。
calengooでは、共同カレンダーを大量に表示するのをやめたら、すっきりした。共同作業者の予定は、PCで見れば十分。
さいすけと違って外人が作ったアプリなので、日本の祝日の表示がデフォルトでされないけど、「日本の祝日」ってカレンダーをgoogleカレンダーで入れておけばおk。
4)エクセルとかワードとか
dropbox。
5)アナログとの戦い
野口悠紀雄式(『「超」整理法―情報検索と発想の新システム』)が続いている。「やってくる紙の資料を適当にたばねる→A4の茶封筒につっこむ→日付とタグを茶封筒にメモする→時系列で本棚に立てて置いていく」というだけなのだけれど、すごい便利。まぁ、ストレスが減る。
※)その他気になっていること
・音楽、写真、動画の妻との共有方法。
・音楽、写真、動画のバックアップ。time capsuleを買ってバックアップすれば問題解決か?
(参考)
だいぶ生産性を高める工夫ができてきた気がする。