未分類

2018年を振り返って

年始にこんなことを書いていたけれど・・・

今年を振り返ってみる。

1.夏に入院・手術。

35歳ではじめて人間ドックをやったら、十二指腸腺腫(要は、良性ポリープ)と診断されたため。はやめに見つかって良かった。健康のありがたみを、噛み締めた入院期間9日間でした。

 

2.というわけで、その前後は完全禁酒。

今年前半はずっと晩酌はやめていたけれど、禁酒解禁後は、普通に晩酌もするようになってしまった。ちょうど夏は猛暑で、ハイボールがとにかく美味しくって。

 

3.筋トレは、週1.5回ペースでしか行けなかった。週2は、ちょっとむずかしいな。時間がない。でも、rizap後のリバンドは一切ない。やってよかった、rizap。ありがとう、rizap。全国民にrizap補助を出せば、社会保障費が激減するのではなかろうか?

30万円✕1億人=30兆。

30万もかけたらいけないのか、まとめ発注discountで15万くらいにはしてほしい。それでも15兆円か。割に合わないか。

いや、まじめな話、「社会保障費の抑制効果の高いセグメント」に限って補助金を出せば・・・もうやめていこう。

 

4.ニュース、英語にふれる時間が増えたかな。

Lissen, WSJ, CNNもけっこう聞くようになった。いろいろな端末で、便利すぎる。

 

5.端末は、11月にapple watch4、12月にipad pro 12.9を購入。とっても快適。

apple watch4は、表示エリアが広いので、一目でいろいろな情報がとれて、とっても便利。予定、hangout、メール、株、などの情報を、いつでもぱっと見れるのは、とっても便利。

ipad pro 12.9は、新しいapple pencilとの相性が抜群。古いipad pro は、社員にあげて、これでいかに生産性を高められないか、ということを一緒に考えていこう。

 

6.福知山JC(青年会議所)入所。

社会のために滅私奉公の精神でみんな取り組んでいて、本当に素晴らしい。僕自身はあんまり時間をコミットできていなくて申し訳ないけれど、可能な範囲でコミットしよう思います。

 

子供が増え、仕事はずっと忙しいし、筋トレもしたいし、本も読みたいし、勉強もしたいし、社交もいろいろあって、とにかくいろいろと、忙しい。何をがんばるか、よりも、何をやらないか、が大事。35歳で入院して、健康、時間、命、人生のありがたみを、すごく感じた一年でした。残りの人生、時間を、ムダに過ごしたくないという思いを新たにしました。来年の時間配分を見直したいんだけれど、それは、また、年始にでも。

大事なことは、1)自分の成長、2)家庭の幸せ、3)社会貢献、の3つかな。これを軸に、取捨選択していこう。うん。