年末年始に読んだ本、8冊

1)まずは、髭の隊長こと佐藤正久さんの本を四冊。
 
自衛隊について小学生でもわかりやすいようにイラスト入りで説明してくれている。
日本の防衛費が5兆、中国15兆、アメリカ65兆、とか。
自衛隊は全部で27万人。
部隊としては、陸上14万、航空4万人、海上4万人、事務官2万人、とか。
 
 
大変勉強になりました。平和を守るには、抑止力が必要。
 
 
 
一言で言うと、「南シナ海で起こっていることは、東シナ海でも起こる。」
 
 
 
世界地図を中国視点でみると、日本列島がいかに海洋進出するにあたって邪魔に見えるか、という話が印象的。
 
 
2)法人営業について、2冊。
 
再春館製薬所(ドモホルンリンクルで有名な)とユニ・チャームペットケアの具体的事例が勉強になった。
アビームコンサルティングの方が書いた本。意思決定者は誰かよく考えてそこを狙いましょう、とかいう話。
3)ビットコインの本
2016年10月出版の本。1ビットコイン6万円の頃に書かれた本。
その後超バブルとなり年末に200万円を超えて、年始110万円くらいまで暴落して、またいま140万くらいか?
チャートは、
https://bitflyer.jp/ja-jp/bitcoin-chart
パソコン、スマホ、データセンター、ブロックチェーン、と必要な半導体とかの種類が変わるんでしょうか?
4)歴史の本
第二次世界大戦後くらいに絞った現代史。むかし勉強したはずなんですが、かなり忘れていました。たまには歴史の勉強をして教養を身に着つけましょう。
8冊か。もうちょっとがんばってたくさん本を読みます。あと、知識を脳に定着させるために、がんばってblogにも読書感想を書いていきます。
 
 
 

 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です