『企業参謀 (講談社文庫) [文庫]』の読書感想

1975年に出版された古い本だけど、いま読んでも勉強になる。いまでは類似本がたくさん出ているけれど、当時は新鮮だったのでは。
過去に僕が読んだことのある類似本。

『BCG戦略コンセプト』

(2015/3/10追記)
アマゾンの商品説明の転載は、利用規約違反という指摘をアマゾンからうけたので、削除しました。

『小さな会社が営業でNO.1になる ランチェスター営業戦略 (アスカビジネス) [単行本(ソフトカバー)]』の読書感想

ランチェスターとかよくわからないけれど、普通の営業本みたいな感じとしては悪くないかもしれません。当たり前のことばかりが書かれているけど、けっこうそんな当たり前のことができてなかったりしますからね。
営業本と言えば、以下がおすすめ。
(2015/3/10追記)
アマゾンの商品説明の転載は、利用規約違反という指摘をアマゾンからうけたので、削除しました。

『マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則 [単行本]』の読書感想

 ダメだ。名著のはずなのに、僕の頭にはまったく入って来なかった。
タイミングとかもあるのかなー。またいつか読みなおしてみよう。

『デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21) [新書]』の読書感想

 

 うーん。経済学に対するリスペクトがなさ過ぎワロタ。
金融日記の書評だけ読んでおけばいいかなー。
でもベストセラーは目を通して世間の人がどんなこと考えているのかを知るのは大事なことだ。

『借りる技術返す技術―元銀行融資担当が教える資金繰り [単行本]』の読書感想

一応読んでみたけれど、「本質的には、利益の出る事業計画を考えて、それを実現して、社会に付加価値を生んで、雇用を創出するのが経営者の仕事だよね」ということを強く思っただけだった。それをする能力がないのに、本書に書かれているような、その他のもろもろの小手先のテクニックを覚えてもしょうがない、というか、ゾンビ企業を延命させるだけでは?と思った。
それだけ。