雑記(Scribbling)

『仕事は楽しいかね? 2』の読書感想

『仕事は楽しいかね』の続編。ついつい読んでしまった。
で、名言的なものを集めてみる。
したいことをしてこそ、人は成功する。それ以外に成功する道はない。(冒頭)

″ほんもの″の上司に出会ったことはあるかね?

マックスが聞いた。「会うのが楽しみで、きみを高いレベルに引き上げてくれる人、
という意味だけど」(p15)
でも、上司が間違いを認めることがわかれば、上司に対して意見を述べる
のはそうするだけの価値のあることだと思うはずです。そして上司が変わることがわか
れば、彼らも変わります』
つまり、過ちを犯すこと、
そしてその過ちを認めることでも、
″ほんもの″の上司は良い部下を育て、
やる気にさせることができるんだ。(p85)
「″いろんな可能性を示せる″っていうのがいいね。たしか何かの映画にこんな台詞が
あつたな。″金を見せろ″
「『ザ・エージェント』ですね」
「そう、それ。部下に対しても、″可能性を見せてみろ″ ってことだね。(p95)
有能であることを自覚していないより、
無能であることを自覚しているほうがいい(p99)
成績のあがらない社員に警告す
るのも、実績ある部下に報いる方法の一つですね(p169)
解雇と採用を利用して新しい規準を設定できる、
つまり自分の目指すものを
部下に伝えることができる(p169)