『数字オンチの諸君! 』の読書感想

 これはヒットですね。僕の関心のスィートスポットにはまったかも。『ザ・プロフィット』で紹介されていたのがきっかけで読んだのですが、あれもいい本でした。
で、本書で僕が得たメッセージは
1)一見、どうやった計算したらいいか途方にくれる計算も、以外とカンタンにできちゃう。
2)統計確率の分野では、人間の直感はまったくあてにならない。
さて、まず1)について。最初のほうに「富士山を動かすにはどれくらいの時間がかかりますか」という質問が出てきたのだけれど、けっこうこれもカンタンに答えがでます。どうやって?と思ったら、本書を読んでみましょう。
ちなみに、これは『ビル・ゲイツの面接試験』にも登場する問題です。出版年度は『数学オンチの諸君!』のほうが早いので、本書を読んでビル・ゲイツの面接試験ができたのかもしれません。ビル・ゲイツのほうが難易度たかいね。本書では「どれくらいの時間がかかるか?」と具体的に質問しているので、ただちにフェルミ推定(『広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス』とか『地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」』とか参照)できるけれど、ビル・ゲイツでは、「どうやって動かす?」って聞いているので、ただちにフェルミ推定しようという思考回路にはならない。ちょっと意地悪。
で、2)について。 確率や統計を学べば、偶然の一致が起こる可能性は驚くほど高いということが解るのですが、人間の直感はこの分野ではまったくあてにならないので、それを「必然」とか「運命」とか思い込んでしまうらしいです。
例えば、50%の確率で同じ誕生日の人がいるためには、そのグループに何人の人間がいる必要があるか?直感的には、365の半分の182,3人です。でも答えは、たったの23人です。(p39。)この例を理解するには、高校の「場合の数」の知識で十分なわけです。なんで23人でいいのか知りたければ本書を。
というわけで、なかなか面白い本でした。
たぶん、以下の本を好きな人は、この本も好きだと思います。

『現代語訳 論語』の読書感想

けっこう途中激しい睡魔に襲われたけれど、大人の義務として読みきってやった。あんまり面白くなかったかなー。論語って超名著のはずなのに、なぜでしょう。きっと僕が人間できてないからでしょう。
で、中身。学問して死ぬまで成長しましょう、仁を会得するのは超難しいよ、というところでしょうか。
ちなみに、訳者は有名な齋藤孝さん。『学問のすすめ』の現代語訳もおすすめです。

『速算術入門』の読書感想

 

 これもなかなか良い本です。僕は計算が苦手なのですが、けっこうこの本のおかげで計算が楽になりつつあります。
 この本は、以下のブログで知りました。 
詳しい内容はリンク先に書いてありますが、ちょっとした工夫で暗算の速度を飛躍的に高めることができるよ、というお話です。なんでもかんでもコンピュータにまかせず、かんたんな計算は自分の脳を使うように心がけようと思います。

『図解ISO9001早わかり2008年12月最新改訂版完全対応』の読書感想

 

 ISOについてはじめの一冊ということで読んでみた。だいたい、雰囲気は分かった。顧客満足のために、仕事の質をあげるためのシステムをつくりましょう、というのが趣旨らしいですね。まぁ単純です。ややこしいのは、「仕事の質」という意味で「品質」という言葉を使っている点。一般的に「品質」といったら、普通は財・サービスの品質のことを言うのですが、ISOの文脈では違います。
ややこしいので、「仕事の質」と常に読み替えるべきでしょう。
でもISO導入して、顧客満足をちゃんと意識できている会社や人はそれほど多くないのではなかろうか。だいたいが審査に通ることが目的化して、めんどくさい書類作りなどに時間をとられているだけ、という実態になっているところが多そう。
で、ISO9000から9001への変更点は、経営者の責任が重視されるようになったことらしいです。経営者の責任なんて、ISOで言われなくても自分で感じ無くてはならない項目だと思うので、ISOなんかに言われてはじめて意識するような経営者は3流だと思いますがね。
あとトヨタはISOを取得していないらしいので、本当に優れた企業はISOなんかに頼らなくても「顧客満足のために、仕事の質をあげるためのシステム」ができているのでしょう。
とはいうものの、すでに取得している場合は、それを活用する方法を具体的に考えるのがよいのでしょう。だいたいが形骸化しているので。
繰り返すと、顧客満足のために、仕事の質をあげるためのシステムをつくりましょう、ということです。そして、会社ごとに仕事の中身はぜんぜん違うので、ISOの要求事項の解釈は、会社ごとに異なるということになります。普通に頭つかって考えたら、どう解釈するのが自社にとって最良かがわかるんでしょう。

ipad2買ったのとほぼ同じタイミングでGoogle apps導入したら劇的にいろいろ変わった

まだ全然慣れていないけど、劇的に生産性があがることをよかーん。わくわく。メモ。

1.To do管理はGoogle Tasks
ちょっと前までは『情報は1冊のノートにまとめなさい』を見習って、メモもTodoもすべて一冊のA6ノートにまとめてた。手書きにて、原始的にね。で、ここ一ヵ月半くらいはEvernoteで「すぐやる」「今やってる」「いつかやる」「やった」って4つのノートブックつくってがんばってみてたんだけど、なんかいまいちでして。なんでもEvernoteにつっこもうとするのが間違いのもとだったっぽい。Evernoteはメモだけにして、Todo管理はGoogle Tasksを使うことに方針転換したら、なんかうまくいきそう。
ipadでtasksにアクセスしようとするとうまくいかないときの問題は以下を見たら回避できた。
In my opinion the better view of tasks is to use the canvas feature. https://mail.google.com/tasks/a/your-domain/canvas
 
great answer, i was able to successfully access to google tasks!これのショートカットをipad HOME画面においた。
 
それにしても、iphoneからは普通にアクセスできたのに、なんでipadからはうまくいかないんでしょうかね。
2.メモはEvernoteかNoteshelf
まずはEvernote。
とりあえずすべての情報をつっこむinboxってノートブックを作成。あとは、academic,business,money,lifeって4つのノートブック作成。学び、稼ぎ、増やし、ハッピーになるのが人生なので、この区分は今のところうまく機能していてMECEと言えそう。それと、brainノートブックってところに、わすれたくないことをすべてつっこむ。アカウントとパスワードとか、シャツつくるときの丈の情報とか、燃えないゴミの日とか、ぜんぶつっこむ。
noteshelfは、孫正義さんが絶賛していたのでつかってみたけど、たしかにイイ!ipadで手書きでサクサク書けて気持ちいい。すぐメールもできるし、Evernoteにも流し込める。
3.カレンダー
iphoneはさいすけ使っているので、ipadでもさいすけ買おうかと思ったけど、やめた。地味に高い。ipad標準カレンダーでも、googleアカウントでつくった複数カレンダー同期できることがわかったし。
以下を参照。
4.メール
ぜんぶGoogle appsのgmailで処理。大学のメールアドレスも、仕事のメールアドレスも、もともと使っていたgmailアドレスも、すべて一括管理。
5.今後の課題
連絡先をどうしよう。PC, iphone, ipadのどこからでも同じのを見たいわけですが・・・。google連絡先をsyncするのがいいのか。でもgoogle連絡先つかったことないし。
Google appsですべてを考えることになりそう。情報はあちら側において、操作はすべてGoogle chromeを通じてやる、と。複雑な編集はできないにしても、閲覧くらいならipad, iphoneでいつでもどこからでもできる、と。
というわけで、着々と思い通りに事が進んでいる。