雑記(Scribbling)

“Instant Word Power”の読書感想

 

 素晴らしい。こんなに素晴らしい本が世の中にあるんですね。本を読むというか、「テキストをやる」という感じ。いやいや、「赤ちゃんのときに言葉を覚えた体験を、大人になって再体験する」という感じかな。本当に本当に素晴らしい本。

English words(英単語)を、ギリシア語とかラテン語の語源から紐解きながら、覚えていける本。単なる暗記じゃなくて、まじ楽しい。まじ楽しい。

例えば”quadruped”の意味。quadruの部分は、クアッドリフトとかのクアッドで数字の”4″って意味。pedは、”pedal”とかのpedで、”foot”って意味。よって、“quadruped”は四足歩行の動物、という意味になる。ということは、二足歩行の動物は?そう、”biped”だ。それじゃ、”centipede”とか”millipede”の意味は?”cent”は、米ドルのコイン、セント、とかでも使われてるように、”100″って意味。centuryは100年だから一世紀だよね。millはMillennium(ミレニアム)のmillで、”1000″だ。ped(足)が100コも1000コもあるのは?そう、ムカデみたいな虫だ。

では、”preside”っ動詞の意味は?”pre” means “before” or “in front” and “side” means “to sit”, so “preside” means to sit in front (of many people). “preside”の名詞は”president”。プレジデント(大統領とか、トップ)は、みんなの前に座るえらい人ってことだ。じゃ、”reside”は?“re” means “back” and “side” means “to sit”, so “reside” means to sit back (and relax). sit backして、ゆっくりとくつろげる場所のことを、”resident”(レジデント)っていうわけね。日本語ではレジデンスとか言うけど。

“consent”と”assent”の微妙なニュアンスの違いも、語源を考えればわかる。どっちも「同意する」というような意味だけれど、”con”は”with”って意味で、”sent”は”feel”って意味(センチメンタルとかのsent)なので、”feel with”という意味だ。他方、”assent”は、”ad+sent”で”ad”が”as”になった言葉で、”ad”は”toward”って意味なので、つまり”feel toward”という意味になる。”consent”は、permission rather than mere agreementを意味し、”assent”は、mere agreementを意味するということ。なるほどね。

・・・とまぁ、こんな感じでずーっといろいろなenglish wordsを、まるで赤ちゃんにでもなったみたいに、楽しく覚えていける本。単に読むだけでなく、実際に手を動かしてスペルを確認して、発音して、実際にその言語で文章で考えて、初めて身につく。

最初の方に出てくる単語も、後半になってもちょいちょい確認してくるあたり、よく出来た本で、著者が憎い。次から次に新しい言葉が出てくるんだけど、ふと忘れた頃に最初の方で学んだ言葉が出てきて、記憶の定着が図れる。それこそが本書の狙い。だって、赤ちゃんが言葉を覚えるがごとく言葉を覚えましょう、ってのが著者の狙いなんだから。

けっこう時間がかかったけど、本当に楽しい。知的好奇心がとっても満たされる。僕はこの本を、数ヶ月かけて、ゆっくり、極上の食事を味わうように、読んだ。

Remember, the only permanent, foolproof method of increasing your vocabulary involves PRACTICE, PRACTICE, PRACTICE.

結局ねー、文法とかよりも最後は単語力よね。外国語って。というか、文法は所詮は限られた規則で、ミスすることなんてほとんどないし。単語は、無限に存在する。全部覚えるのは無理。こういう本を読んで、ラテン語、ギリシャ語の語源を知るのが近道だと思う。

これが620円って驚異的。どんだけ太っ腹なんだ。1万払ってても読みたい。iphoneとかのアプリでないのかな?もしくはpodcastとかで、流してほしい。あったら、1万払ってでも買いたい。そして、多分何回も何回も繰り返し読むと思う。

もともとネイティブの高
校生~大学生向けに書かれた本だけど、がんばれば日本人でも読めると思う。ってゆか、ぜひとも読んでほしい。
つーか読め。こんなに他人に本を勧めたいとおもったのは久しぶり。もっと人生の早い段階でこの本に出会っていたかったと本当に思う。この本を読んだことで、今後のenglish vocabularyの増加率に相当な違いが出ると思う。本当に出会えてよかった。

“Instant Word Power”の読書感想” への3件のフィードバック

  1. >というか、文法は所詮は限られた規則で、ミスすることなんてほとんどないし
    wwwwwwwwwあんたどんだけ傲慢なんだよ笑。まぁ、語彙が最後ものをいうのはわかるけど、お前の過去のしょぼい英語日記程度で文法を小馬鹿にするとか勘違いも甚だしいwwwwwwお前の英語力普通の日本人よりはましかもしれないけど、日記を見る限り、あんな程度の運用力で自惚れすぎ。身分をわきまえろ。あと、お前、自分の日記で論文の自慢しすぎ。ナルシストですか?
    あんたの顔SNSで特定させてもらいました。日記と違わなぬきもナルシストオーラですぎwww経済学を語る前に自分を見つめ直した方がいいですよ。

  2. >というか、文法は所詮は限られた規則で、ミスすることなんてほとんどないし
    wwwwwwwwwあんたどんだけ傲慢なんだよ笑。まぁ、語彙が最後ものをいうのはわかるけど、お前の過去のしょぼい英語日記程度で文法を小馬鹿にするとか勘違いも甚だしいwwwwwwお前の英語力普通の日本人よりはましかもしれないけど、日記を見る限り、あんな程度の運用力で自惚れすぎ。身分をわきまえろ。あと、お前、自分の日記で論文の自慢しすぎ。ナルシストですか?
    あんたの顔SNSで特定させてもらいました。日記と違わなぬきもナルシストオーラですぎwww経済学を語る前に自分を見つめ直した方がいいですよ。

  3. コメントしてるやつ心が醜いね 可哀想に 本当にそうならほっとけよ ここのブログ主のページなんだから好きにさせてやれよ しかも個人的な感想で誰かを中傷してるわけでもないのにお前みたいに誰かを平気で罵ってしかも 特定しましたwwwドヤ とか子供だね
    お前がナルシだからブログ主がナルシストに見えるだけ お前みたいに客観視できないやつがいるから毎日争いが起こるんだよね

コメントは受け付けていません。