『ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか』の読書感想

友達にだいぶ前に勧められて読んでみた。 いい本!
 
師弟関係の二人が、講義、というかなぞかけ風のディスカッションを通じて、さまざまなプロフィットモデルについて理解を深めていくという物語。利益の源泉はどこから来るかという深い深い洞察を楽しむことができる。
 
プロフィットモデルは23個紹介されているのだけど、ぐぐったらこんなブログがあって、よくまとまっていた。
 
僕がいま興味があるのは
1、顧客ソリューション利益モデル (Customer Solution Profit)
7、利益増殖モデル (Profit Multiplier Model)
8、起業家利益モデル (Entrepreneurial Profit)
10、インストール・ベース利益モデル (Installed Base Profit)
13、専門品利益モデル (Specialty Product Profit)
17、景気循環利益モデル (Cycle Profit)
22、低コスト・ビジネスデザイン戦略 (Low-Cost Busoness Design Profit)
23、デジタル利益モデル (Digital Profit)
・・・このあたりでしょうか。多分この本はパラパラ今後も読み返すと思う。
ちなみに、『ザ・ゴール』とは全然関係ないみたいです。The art of profitabilityをザ・プロフィットと訳すダイヤモンド者の邦訳版担当者のネーミングセンスに脱帽というところでしょうか。これ以上良い邦訳はちょっと思いつきません。

(追記@2011/4/12)

よく考えたら、いま僕が直面している問題に一番関連するのは、これかもしれない。

 4、スイッチボード利益モデル (Switchbord Profit)

「『ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか』の読書感想」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です