為替の変動要因

そういえば、為替の変動を説明する回帰式を自分で探したことがなかったので、やってみた。3連休だというのに、気になるのは為替のことばっかりだ。

手元にあるデータを使って、パパっと思いつくままに探した中で一番パフォーマンスがよかったのは、これ。

y    =    151.565    +    2.49366 x1   –   27.3031 x2+    0.000451188   x3
                (9.15905)     (1.42339)            (-4.16250)      (3.52726)

sample period is from 1998/12 to 2010/6
monthly data
()内はwhite adjusted t-values
standard error = 8.20610  
R-squared = .358333   
Adjusted R-squared = .344074   

y=円ドル
x1=長期金利差(米国債10年 – 日本国債10年)
x2=コアCPI比(コアアメリカ/コアコア日本)
x3=日本の経常収支

・・・ってこれによれば、今の円ドルは102円とかになるはずなんですが。でも、だからといって「やっぱり長期的には100円とかの円安方向に触れるのかな」とは言えそうにない。なんでかというと、いろいろとこの推定には問題があるから。

というか、問題が多すぎる。何が問題が指摘しなさい、とか学部生向けの試験にでたら、面白そう。

介入キター

82円台から85円くらいまで。一気にジャンプ。いい大人になって介入を見たのはじめてだったので、いやー、ほんっとすっげーんだなこれ、って。めっちゃ興奮したわ。がんばれ政府がんばれ日銀。で、二次介入はあるのかな?

これってどんぐらいの金額つかったんだろ?

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C9C8197E09B9C99E2E68DE3E7E2EBE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C938181E29B9F94E2E78DE3E7E2EBE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

日経によれば1000億超か、とか書いてあるが。

http://www.mof.go.jp/1c021.htm

これっていつ発表されるんだろう。

日銀は非不胎化ってニュースもすぐ流れた。

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819591E3E7E2E29B8DE3E7E2EBE0E2E3E29F9FE2E2E2E2;bm=96958A9C938181E29B9F94E2E78DE3E7E2EBE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

これ想定してた人っていないよね?全然考えてなかったわー。誰の知恵だったんだろ?財務大臣が決断したってニュースも読んだけど。ほんとならまじすごい政治家。

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819481E3E7E2E2818DE3E7E2EBE0E2E3E29F9FE2E2E2E2;bm=96958A9C938181E29B9F94E2E78DE3E7E2EBE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

別にだれでもよいが、とにかくグッジョブ。政府は日本経済にとって82円以上の円高は望ましくないと考えている、ということ明確にしめしてくれたわけですね。今日はいい気分だ。

リーマンショック後、1ドル108円とかが一気に90円台になっても、企業努力でコストカットして(カットの仕方はえげつなかったという批判は無視してはいけないが)、円高って逆風の中がんばって、景気回復を牽引したのは何かといえば、新興国向け輸出だったわけですね。2009年2月頃のどん底からはいあがってきたのは、そういう背景があって、しかもいまオバマさんなんか明確に輸出で景気回復する道を目指すとか言っているわけで、日本だけがどうしたらいいか分からず右往左往していたわけだが。

15年前の79円は、実質で見たらいまで言うと50円台だから、実質でみたら円高じゃないし、むしろ円安だし、いままで円安バブルに甘えてただけでしょ、
とか言っていた無責任な人もいたけど、とりあえず、政策担当者がそういう妄言に惑わされなくてよかった。実質みたらうんぬんではなくって、いま日本経済が
置かれている状況にとってどんくらいのレート(交易条件)が望ましいか、が重要なのに。82円がいまの日本の状況で望ましいレートなわけないでしょ。円高でくっていくなら、そういう成長戦略を描いてくれ。

で、円高のコストとベネフィットがあるわけだけど、どんくらいのレートが最適なの?そういう論文ってあるはずだよね?理論、実証の両面からの研究。ちくしょう、もっと国際経済学をちゃんと学んでおけばよかったヨ!国際経済学者は普段から国際経済学の研究をしているんだからそういうの知ってるんだよね!Sh*t!

為替介入をゲーム理論の枠組で分析した論文ってあるのかな?きっとあるよね?僕が不勉強なだけで。ほんっともっとゲーム理論ちゃんとやっときゃよかったよ。頭の良い政策担当者と、頭の良い投資家達がプレーヤーなので、ゲーム理論の分析対象としてはもってこいじゃないか!

為替の安定が大事とかいうけど、安定って何?ボラが低いってこと?ボラを低めるのが介入の目的なの?政府って、通貨交換市場のボラティリティをコントロールする力って、持ってるの?そういう研究ってあるのかな?理論、実証の両方の研究。きっとあるんだよね。僕が不勉強なだけです。国際金融のことももっと勉強しときゃよかったよ!学生時代に勉強不足だと僕みたいに後々困るので、いまの学生は一生懸命勉強しましょう!不勉強だといろいろな人に搾取されるんで注意しましょう。

ところで、一時的な資産避難先としての円買いの結果の円高を、「82円以上は認めん」、という介入をしたわけだから、ゴールドは上昇傾向をもつって予想は正しいのかな?現時点で1オンス1200とかの、歴史的にみたらスーパーハイプライスなのに、さらに上がるのだろうか?フェラーリなんかも上がったりするのかな?

興奮して駄文を徒然なるままにに書いてしまったけど、ポジショントークなんで気にしないでください。

『最新2011年版 図解 業界地図が一目でわかる本』の読書感想

これが630円は超安い。月並な感想ですが「非常に示唆に富む本」。冒頭にある、榊原英資氏による監修のことばを読むだけでも元はとれるかも。現状の日本企業は、「グローバル化やだ、英語を公用語化だっておかしいね(笑)、円高やだ、これまで通り円安で輸出で食っていきたい」、という感じみたいだけど、本書を読むと、そんなことを言っている場合じゃないのかもって思う。

ちょっとだけ引用。

売上高の半分どころか、7割、8割を海外で稼ぐ企業が存在するように、日本企業はグローバル化を加速させています。その傾向が進むことはあっても、後戻りすることはありえません。(p5)

企業の国籍なんかもう関係ない時代になってきたなー、って思う。日本企業というものは、創業者が日本人だったという以上の特徴はなくなるんでしょう、きっと。これからは。日本の労働者がダメだということになれば、より優れた海外の人材を雇うというだけなのかも。日本の労働者にとっては厳しいことに。ほんと、日本の大学生は年々かわいそうなことになっている。自業自得かもしれないが。でも、今のオッサンたちだって大学生の頃遊んで暮らしてたのに、ほんとアンフェア。世代間不公平感。

実際、海外の人材を採るってニュースは最近よく聞くようになった。

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100904/biz1009040200001-n1.htm

当面、米国の金融政策はかなり緩和的な状況は続きそうなので米の長期金利も低水準のままっぽい。9月に入っていろいろな指標をみたら景気後退懸念が和らいだとかいうが、二番底にはならずにすみそうというだけで、見通しは暗い。で、日本のデフレもすぐには治りそうにない。というわけで、現在の1ドル84円くらいが円安か円高かどうかは僕は知らないけど、良し悪しは別にして、円安に動く要因は見当たらない。年内に100円に戻るみたいなことを言っていた人もいたけど、そんなことありえないって思う。

「なるだろう」、という議論と、「であるべきだ」、という議論は分けて考えないといけなくって、「であるべきだ」議論は政策的なお話なんだけど、どんくらいのレートを望ましいと政策担当者が考えているのか、ちょっと不明。困ったことに。ほんとに困ったことに。84~5円を円高じゃないと考えているなら、「こんなん実質でみたら円高じゃないし。介入するつもりないし。円高歓迎。日本企業は、この円高利用して海外企業を買い叩いでください」とか言ってみたらどうかしら。実際にはそんなことは言ってないわけだけど。実際には、中途半端に緊急緩和させてたけど。どういう方向に向かいたいんだろ。

なんにしても、いま、「この円高を利用して海外企業を買ってしまえ」を実行した企業としない企業で、大きな差が生まれるのかもしれない。ほんと、そういうこと実行する人のエネルギーはすごい。

http://mainichi.jp/select/biz/news/20100819ddm008020191000c.html

とにかく、この国どっちに向かって進むのかリーダーに明示してもらわないとみんなどうしていいかわからんのだけど・・・リーダーがなぁ・・・。