『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』

おぉ、いい本。ラストがかなり感動的で、単なる小説としてかなり楽しめる。その上、ドラッカーの哲学にも触れられる。なんて一石二鳥でお得な本。

素晴らしい青春高校ストーリー。集団で何か一つの目標に向かっていくときに感じる幸せな高揚感が伝わってきて、読んでるこっちも高揚してくる。何回でも読みか返したい。実際にはそんな時間ないけど。甲子園とかワールドカップとか観戦してる気分になれて、何回でも読み返したい。実際にはそんな時間ないけど。HONDAの無回転FKのリプレーを何回でも見ちゃうように、何回でも読み返したい。実際にはそんな時間ないけど。

ドラッカー、経営学の先生というよりも、思想家という感じがする。思えばドラッカーの本はこれくらいしか読んだことがなかったけれど、有名な『マネジメント』にも手を出してみようかな。というかむしろ27歳にもなってこの本をいまだに読んでいないなんて。。

「『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です