『考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則』の読書感想

半分読んで、やめた。きっといい本なんだろうけど、どうも僕には合わない。眠くなる。僕がこの本のレベルに到達できていないのかもしれない。ま、いいや。

この手の本だと、

『理科系の作文技術』

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)

の二つが僕のお気に入り。それから、本ではないが、

writing tips for PhD students

も素晴らしいと思う。これは論文書くときにものすごく大きな影響受けた。これ読んでなかったら、研究業績2本も出せてなかっただろうな、とすら思う。

論文だけでなく、ビジネス文書でも同じ。簡潔に、論理的に、読者が必要な情報だけを、必要なタイミングで。ということを意識するようにしている。やっぱ、論文publicationまでこぎつけると、けっこう文章を論理的に書く技術って上がるものかなって思う。

自分が伝えたい情報を正確に伝える必要性って、アカデミックでもビジネスでも同じだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です