honeymoon

世界一周旅行の日記(ヨーロッパ編その3)

2008.5.21(wed)

マルセイユ→ニースへ移動。両方とも地中海沿いでだが、雰囲気はぜんぜん違う。ニースはビーチって感じ。マルセイユは漁師の港って感じ。海が青くで綺麗すぎたので、海沿いを散歩。上半身裸の女性がちらほら。しかも普通に若い女性。上半身を綺麗に焼いている?のかな?特にヌーディストビーチというわけではないはずだが。みんなそれに慣れているみたい。

2008.5.22(thu)

ニースから日帰りで行ける範囲を、動き回る。とりあえず、モナコ。ニースから電車で30分くらいだったっけ。到着したらすぐ、暴走族みたいな音がブォンブォン。おお、さすがモナコ、F1カーが街中を走り回っている。何のグランプリだろう?車、いままでまったく興味がなかったけど、モナコのレーシングカーはかっこいいと思った。遠巻きにレーシングカーを見ていると、チケットあまってるから買わない?って声かけられる。ダフ屋ではないらしい。本当にあまってて困ってしまっているらしい。結局買わず、遠くから眺めつつブォンブォンって音を楽しむ。

 

 

その後、カンヌへ。ちょうど、カンヌ映画祭期間中らしく、レッドカーペットが見れた。特に有名人は誰もいなかったけど。なんか、お祭騒ぎで、心躍る雰囲気。こんなん見れるとは思っていなかったわ。テキトーに地球上を東に向かって一周する、ってだけの割といい加減なノリで始めたんだけど。

南仏、気候もいいしけっこう気に入る。南仏のプロバンス地方は、セミの泣き声を楽しむ風習があるらしい。虫の音を楽しむ風習があるなんて、日本以外にもあるなんて。けっこう、これって日本独自の繊細な文化だと思っていたので、驚く。

ニースで泊まったところ、広いアパートのワンルームを使わせてもらう感じの、個人経営のところだったんだが、名前を思い出せない。すっげいいところで、安かったし、人も良かったし、楽しかったんで、ニース行くならまたそこ泊まりたいんだが・・・思い出せない。どこでその場所を見つけたのかすら思い出せない。。。