『社長さん! 銀行員の言うことをハイハイ聞いてたらあなたの会社、潰されますよ! 』の読書感想

著者たちは、元銀行員(地銀に勤めていた)らしい。けっこうためになったかな。

世の中、知らないというだけで損をすることは多々あるわけだけど、銀行との付き合い方も例外ではない、といういことを本書を読んで改めて思った。例えば、金利も交渉次第で下がる、と書いてあったが、これ知らない経営者もけっこういそう。もちろん、交渉ということは力関係次第なわけで。それって要は、経営状態が良いかどうかだから、結局、ちゃんと経営して業績を出し続けましょうね、というごく単純なことになるんだが。

よく「銀行は晴れの日に傘をさしてくれて、雨の日は傘をとりあげる」と言われるが、それって当然。銀行だって慈善事業ではないのだから、儲かるかどうかで動くに決まってる(そうじゃないとしたら、その銀行は大問題)。当たり前。借りる側だって、儲けるために商売をしているわけだから、それと同じこと。

金利だけでなくって、たぶん、各種金融手数料もまけてもらうことが可能。もちろん、力関係、交渉次第で。それと、証券会社からアセットを買う場合は、その価格もまけてもらうこともたぶん可能。びっくりといえばびっくりだが、あたりまえと言えばあたりまえ。というのは、証券会社もブローカー商売なわけだから、マージンをいくらか抜いているわけで。で、どの商売でもマージンを低くして泣いたり泣かれたりということが日常茶飯事。証券会社も同じってこと。

市場があって、提示された価格はそこで決まった市場価格(均衡価格)で、それは一意に決まっているから、安くしてもらうことができるはずがない、という発想でいると、(良し悪しは別にして)絶対損をする。これって、市場の質が悪いということになるのかな、ってよく考えるんだけど・・・・。一概にそうとも思えないだな。

なぜなら、銀行と企業(特に中小企業)の場合、銀行のほうが立場が強いときは(多くのケースは銀行のほうが強い立場だと思うが)、銀行にとって有利な契約になる。じゃぁ、逆に企業のほうが立場が強くなったからといって、銀行が積極的に企業に有利な契約を提示するか、というとそれは疑わしい。だから、そんなときはしっかり交渉する必要がある。どちらかというと、適正価格に近づけるための交渉だと感じる。

市場の質が悪いとは、たとえばインドのタクシーの運転手が適正価格の6倍をふっかけてきた(実体験)、とか、そういうことならば該当すると思うが。。。難しいな。また時間あったら書いてみようかな。

学問的業績が乏しいのに偉そうなこと言う人って

日本の経済学の世界では、そういう人が多くって、本当に不思議な存在ですね。

学部生や多くの一般の人は知らないと思うけど、有名な経済学者(例えばメディアに露出してる、とか、何かの政府の審議委員やってる、とか)でも、学問的業績が実はほとんど無い、という人がいたりします。本当に不思議な存在で、僕だったら恥ずかしくてとてもそんな表舞台には立てないんですが。

どうやったら見分けられるか?と、たまに聞かれるので、目安を。

google scholar

ここに名前を入れたら、その人の学問的業績が出ます。どんなジャーナル(学術雑誌)に載せているかがまずとても重要。ジャーナルにも格付があって、例えば、以下とかを参照。

http://www.keele.ac.uk/depts/ec/cer/documents/EconJournals.xls

http://www.sceco.umontreal.ca/divers/jeea2003.pdf

計算のやり方とかによって、ランキングは若干変わる。それはしょうがないのですが、例えばトップは、AER(American Economic Review)かECONOMETRICAのどちらか、というのは、誰が聞いても納得のいく事実。理系で言えばScienceとかNatureに相当するトップ中のトップ。僕は残念ながらこのレベルではありませんでした。たぶん、一生かかってもこのレベルに論文は一本も載せられそうもないなー、という感覚が、自分で学者の世界に見切りをつけた一つの理由。

有名なあの人、どれくらい学問的業績があるんだろう?ってこうやってチェックしてみると、いろいろと分かっていいと思います。さすが有名なだけある、という立派な人もいれば、(以下略)。学問的業績が実は無い人の言うことなんか基本的に聞きたくないですからね。

(追記)
名前を入れるときは、英語(ローマ字)で。日本語で書いた論文は、ふつう、学問的業績に入らないので。だって、研究成果を日本人以外に知らせない、なんて言語道断でしょ。自分は海外の研究者が書いた英語論文を読んでそれを引用したりしているのに、自分は日本語で論文を書いて海外の研究者には読ませない。それってやっぱり研究者としてどうなんでしょう、って。ただし、歴史系などが専門の場合は、そもそも研究成果を発表する国際的雑誌がなかったりするので、それはちゃんと別として。

『金持ち父さん貧乏父さん』の読書感想

有名すぎてこの本の内容は大体知っていたんだが、自分で読んでみた。なので、特に驚かされるようなことは書いていなかった。

僕なりに、本書の内容を超簡単にまとめてみる。

  1. お金のために働くのが貧乏父さん。お金に自分のために働かせるのが金持ち父さん。
  2. (資産/負債)は、あなたのポケットに(プラス/マイナス)のキャッシュフローをもたらす。この定義では、持ち家は実は資産ではない。30年もかけて住宅ローンを返済しかないといけないわけで、それは負債でしかない。それって銀行の奴隷人生。
  3. 金持ち父さんは、ファイナンシャル・インテリジェンスが高い。この能力は、①会計(決算書が読めるか?)、②投資(リスクを取れるか?)、③市場(経済学の知識があるか?)、④法律(合法的な節税方法を知っているか?)、という四つのこと。
  4. 自分のビジネス(会社)を持て。

で、いくつか僕が思ったこともメモしておく。

  • リスクを取れるかどうかは、自分が持っているお金の量によってかなり影響されるだろう。リスク選好パラメータは、保有する資産量についての、なんらかの関数になっていそう。(例えば、何か株を買うとき、お金持ちほど、その株が紙切れになったときにも大丈夫、なぜならお金持ちだから、ってこと)
  • 資産になりうるモノは、カスタマイズすればするほど市場価値が低下し、資産ではなくなってしまう。例えば車。自分専用に変な色に塗ったり変ななマフラーをつけたりすれば、中古車市場では売れにくくなる。自分の選好を重視して効用を高めようとすれば、市場価値が低下して資産価格が毀損しちゃう。自分の効用は多少我慢すれば、市場価値は維持できて中古車市場で将来良い値で売れる。結局、現在と将来時点で効用のトレードオフの直面する。異時点間効用最大化問題を、経済主体は適切に解いているか?あまり将来のこと考えていなさそうな人もいる。例えば、僕の目からは、主観割引率が0.1くらいしかないんじゃないか、というような人もいる。(主観割引率が0.1とかなのか、そもそも合理的行動をとっていないのか。どっちなんでしょう。前者とするのは、無理があるのかな?)
  • 上の2.の定義に従って資産を増やそうとすると、あまりカスタマイズはしないほうがいい。現在時点での消費はなるべく抑えて、将来時点を重視せよ、とも言える。が、この教えは、多くの人が過剰に現在時点を重視しているからこそ、心に響くのではなかろうか。
  • とにかく資産をつくっていくことが重要。なるべく早くから。住宅ローンとかは、APAPで返せるようにしたい。10年くらいとか?が目安かな。いまの日銀のスタンスが続けば、たぶん、むこう10年間で見たら物価はほとんど変わらない超低金利時代が続くだろうから、フラット35などの固定金利ではなく、変動金利でさっさと返すことにした。
  • 著者が金持ちになれているのは、単に保有しているハイリスク資産のリスクが実現化しなかったからで、たまたまラッキーだったからでしかない、かもしれない。リスクは実現するまでは気づかないものだから。もちろん、実現して失敗した投資もあるだろうが、全体としてうまくいっているのは、運がいいだけ、かもしれない。だから、本書を読んですぐにすぐにリスク資産に走るのは危険。
  • 分散投資が基本、なんてウソ、とか書いてあったが、著者はよっぽどこれまで運が良かったのだろう。あるいは、お金持ち過ぎて、失敗してもいいや、と思って投資している額がよほど大きいのだろう。僕は、(少なくとも今の自分の状態では)分散投資が基本だと思う。

金融オンチの日本人には刺激が強い本ですね。ほとんどの人が「貧乏父さん」なんで。悲しい。

『ウケる技術』の読書感想

帯がウケたので、本屋で衝動買い。が、買うほどの本ではなかったか。1分立ち読みするだけなら笑えたんだけど・・・。どんどんつまらなくなっていった。

人間の笑いのツボについて、パターン化して解説してる。実例(ウケるパターンの会話)も豊富。おもしろくない人がこういう本を読んで会話を練習してそう・・・とか想像したら残念な気持ちになりました。以上。

blackberryの感想

メール機能は圧倒的にすごい。どうでもいい機能がついていないのもいい(i-modeとかワンセグとか)。買い換えて良かったかな、と率直に。

ただ、不満な点もけっこうある。いくつか。

  • 日本人相手の商売で、英語が普通に出てくる事があるのはおかしい。誰もが英語出来るって思っているわけ?売る気ないでしょ?
  • ドコモなのにi-modeつかえないのは、やはりおかしい。僕はi-mode自体は使わないが、アドレスが変わるのはめんどくさかった。普及させる気ないでしょ?
  • たまにフリーズする。これは普通のユーザーには耐えられない。
  • 電池の持ちが悪い。電池の機嫌を見ながら携帯をつかうなんて、携帯じゃないよね。
  • iPod代わりになるが、本家にはやはり及ばない。複数アプリを同時に使うと電池も減るしフリーズも怖いし、あまりiPod代わりとして、ガンガン使いたくはない。Podcastは、未聴と既聴の区別がわからなくなる。結局、iPodはiPodで使っている。
  • アプリがぜんぜん無い(いまのところ)。もっと日本で普及してくれないと、日本語のアプリも出てこないだろうし、その点が心配。
  • ドコモショップでのサポートが悪い。レア機種なので、スタッフさんにブラックベリーの知識がなく、困る。また、ムーバからの機種変更だと、アドレスデータ移行をドコモショップでは出来ない。ムーバユーザーなんか知らん、と。結局自分の家で一回PCを経由して移行したが、そのための追加費用がかかった(3000円くらい)。

いろいろと書いたが、なんだかんだでBlackberryを売ってくれているドコモに感謝。よくiPhoneとの比較で語られるけど、あっちはもっていないんで、なんともいえないっすね。

沖縄のBEACH ROCK VILLAGEってところに泊まってきた

GW、沖縄。妻と二人で。高橋歩がつくった、Beach Rock Villageってところにいってきた。高橋歩ってのは、うちらがハネムーンで地球一周するきっかけになった本を書いた人。1年8ヶ月かけてハネムーンで世界一周をやった自由人。

その高橋歩が世界一周から帰国後、沖縄にいって「パラダイスみたいなとこをつくりたい」って思ったらしい。で、出来たのが、Beach Rock Village。だから、そこに行ってきた。ここをつくるまでの道のりも書籍化されていて、それがこれ。

ちなみに、言いだしっぺの高橋歩は、この構想が実現して、ある程度軌道に乗った昨年4月、ここの代表をやめて、子供二人連れて家族で世界二周目に旅立ったとさ、あぁ、自由人♪

特に、ここのプライベートビーチが良かったな。誰もいない沖縄のきれいな海と日の入りを夫婦で独占できたのであった。ちょっとまだ寒かったけど。

ちなみに、超自由なノリ人間、高橋歩のHPは以下。

http://www.ayumu.ch/index.html