『1997年――世界を変えた金融危機』の読書感想

竹森先生、筆がたつなー。読まされた。面白い。

さて、「ナイトの不確実性」とは何か、というと・・・。通常、ファイナンスや経済学で不確実性というと、確率分布の分散のことを言う。この世界では、不確実性=リスク=ボラティリティ=分散(標準偏差)という感じで、これら用語はほぼ同義で使われる。一方、「ナイトの不確実性」は、「確率分布を推測することが不可能な不確実性」のことである。

まとめると・・・・

リスク:確率分布が推測できている場合の、その確率分布の分散
ナイトの不確実性:そもそも、どんな確率分布をしているのかが推測不可能なこと

ナイトの不確実性は、データが十分蓄積していないような状況や、一発限りの経済イベントに直面したときに起こる、ってことになる。サブプライム問題で、劣悪な金融商品がトリプルAになっていたことも、ナイトの不確実性で説明できる、って。

ひとたび格付け機関などの評価の誤りが分かると、サブプライムを組み込み、さらにほかの資産まで織り込んだ複雑な債券の「底値」はいくらかということが取引のデータが少ないために推測しがたくなった。こうなると、「ナイトの不確実性」がサブプライムに汚染された債券の市場価格をどこまでも引き下げる(p235)。

まぁ「ナイトの不確実性」とかっこいい言葉を使ってはいるが、要は「ぜんぜんわかりませんーん」って単純なことでしかない。簡単な概念を難しい用語にするのって、経済学者の得意技。

この本を読んだ一番の収穫は、p114~128あたりにあった。「不確実性・プレミアム」って言葉、初めて聞いたよ。これは、ナイトの不確実性に直面したときに、経済主体が要求するプレミアムのことで、リスク・プレミアムに対応する概念なんだが。おもしろかったよ。それと、フリードマンが、伝統的な古典的統計学ではなく、ベイズ統計学に立脚したシカゴ大学サベージの理論を根拠に、「ナイトの不確実性」を否定していた、という件もおもしろかったよ。詳しくは、p114~p122あたりを。

読む価値大。

『ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する』の読書感想

いままで読んだ経営学の本の中では、一番面白かった。ポーター(“Competitive strategy”)よりも、クリステンセン(『イノベーションのジレンマ』)よりも。

本書でたびたび登場するブルー・オーシャンの例を一つあげると、サーカス業界におけるシルク・ド・ソレイユ。動物を使った子供への見世物、という既存の枠を壊して、大人の娯楽を提供する、という概念で勝負し、ブルー・オーシャンを創造しましたよ、と。要は、発想の転換ってことですね。僕が思いつく例は、黒い綿棒、3万円の高級傘、北海道の旭川動物園とか。

第二章の分析のためのツールとフレームワーク、ってところで紹介されている「戦略キャンバス」「4つのアクション」「アクション・マトリクス」は、使い勝手が良さそう。

というわけで、良書です。ですが、一点だけ気になった。それは、巻末資料C。なんか、ミクロ経済学っぽい図が出ていて、本書の主張をミクロ経済学的に分析しているんだが・・・。分析がいい加減すぎて、イマイチなに言ってるか分からん。

ブルー・オーシャン戦略の柱は、価格を設定して生産量を抑えることではなく、手ごろな価格設定によって書い手にとっての価値を高め、それをテコに総需要を新たな水準に引き上げることである。(p284)

とか言っているのだが・・・もうちょっと緻密な説明をしてほしい。