『はじめての課長の教科書』の読書感想

かなり勉強になったかな。

課長以上の管理職(経営者含む)も読む価値あるね。トップダウンでもなく、ボトルアップでもなく、ミドルアップダウンが日本の誇るべき経営形態だ、と。なるほど。

それにしても、こういう本を書くのって、日本の経営学者の仕事だと思うんだけど。著者は別に経営学者でもなんでもないし。本書では、きめ細かいデータを持ってきて実証しているわけでも、精密な理論展開をしているわけでもない。直感的な議論が多い。でも、著者は学者ではないから許される。そういうことも含めてちゃんと研究した成果を、本書みたいな形で発表するのが、日本の経営学者の仕事ではなかろうか。

普通は、マネージャーである課長を経験してから、リーダーである経営者になるんだよなー。(マネージャーは下を管理することが重要で、リーダーは未来を読むことが重要。前を見るか、後ろを見ているかの違いがある。)

「『はじめての課長の教科書』の読書感想」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: だにえるblog2

コメントは受け付けていません。