『イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』の読書感想

超有名本。有名すぎて既に著者の主張を知っていたので、読まなくても良かったかも。Life is beautifulさんのこのエントリーでも読めば、だいたい本書の主張は分かる。


正直、このジレンマを経験できるレベルの企業はそう多くは無い。

さて、いくつかメモ。

組織にできることとできないことは、資源、プロセス、価値基準の三つの要因によって決まる。
(p220)

カリフォルニア州サンフランシスコのウィンダミア・アソシエーツは、「購買階層」という製品進化モデルを作成した。このモデルは、機能、信頼性、利便性、価格の四段階を一般的なサイクルとしている。
(p254)

ハーバードビジネススクールは、学問的厳密性と、実践的応用性の両方を重視しているらしいが、本書はその鑑なんだとか。

「『イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』の読書感想」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です