『家計3表生活防衛術』の読書感想

良書。家計の財務諸表を作成して財産管理しよう、って内容の本。

確かに、普通の家計簿ってただのCSだもんね。そしてCSはフローの概念なので、ストックがどうなってるか全然把握できない。(例えば、住宅の価値とか住宅ローンはどうなってるの、ってことが把握できない)。BSの概念は、家計にもすぐ適用可能。でも、
じゃぁPLは?家計の場合、生産活動をおこなっていないので(商売していないので)、PLはどうなるんだろう、って思ったけど、本書ではPLに対応する表を「財産増減表」と呼んでいた。で、この「財産増減表」というのは、家計簿(CS)を完全に内包する表(∵現金も財産の一つだから)。だから、後述するように、CSはつくる必要はないかな。

我が家のBSを作ってみたら、純資産はプラスで、自己資本比率は11%くらいだった。数字の良し悪しはわからないとしても、とりあえずプラスでよかったー・・・・と思ったけど、でもよく考えると、家計の場合、企業と違って儲けることが目的ではないし、短期的に利益を出さないといけないってプレッシャーもないので、別に債務超過状態でも、家計の場合は問題ないはずだよなぁ、って。要は、死ぬ直前にプラスに転じて債務超過を脱出できればいいわけだから。そうなるような人生設計があれば、債務超過でも問題ないはず。でも、自分はちゃんと純資産がプラスでよかった、よかった。

で、家計簿=CSだけど、BSとPLだけつけておけば、事実上問題ないはず。企業活動は売掛金とか買掛金とかのせいで取引のタイミングと、実際のキャッシュが動くタイミングが違うからこそ、CS管理が重要。だけど、家計の場合、キャッシュの動きと取引のタイミングは、ほとんど同じ。唯一違うとしたら、クレジットカードを利用したときだが、資産総額に比べたら、誤差みたいな額でしかないので、そこまで込み入ってBSの負債の部&CSを作成管理するほうがコスト大。とはいえ、毎月のお金の出入りの記録をつけるのは簡単なことなので、CS(家計簿)作成は、やるべきだと思うが。

よく知らないけど、ファイナンシャルプランナーって、こういう発想の勉強するのかしら?

by the way, 同じ著者が書いたこれ(『決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法』)も激おすすめ。

経済学勉強するより、財務諸表読めることのほうがよっぽど重要。

(追記)
実際には、家計簿(CS)と、財産簿(BS)だけつけてれば十分かな。財産増減表(PL)をつけずとも、「住宅ローン残高証明」みたいな書類が銀行から毎年送られてくるし、住宅と車の残存価値はざっくり簡単に計算できるし。となれば、BSの借方で流動資産がどうなっているか、BS作成時に実際の数字を(時価で)入れればいいだけ。どうせ完璧に家計簿(CS)や財産増減表(PL)はつけられないのだから。繰り返しになるが、毎月、お金を使いすぎたかどうかだけをみるために、家計簿(CS)を作る必要はあるけれど。

『すべての経済はバブルに通じる』の読書感想(その3)

第5章 バブル崩壊1―サブプライムショック
2007年8月のサブプライムショックの説明。あまり面白くないので、スルー。


第6章 バブル崩壊2―世界同時暴落スパイラル

サブプライムショックから、2008年3月のベアスターンズ破綻くらいまでの話。面白くないので、スルー。

第7章 バブルの本質
タイトルにも使われている「バブル」という言葉の厳密な定義が、為されないままここまできてしまった。


第8章 キャンサーキャピタリズムの発現―二一世紀型バブルの恐怖

20世紀型のバブルは、発生メカニズムがなかったが、21世紀型は、発生メカニズムがある、と著者は主張する。リスクテイクバブルは、構造的な市場に組み込まれていたのだ、と。著者の分類によれば、21世紀型バブルにあてはまるのは、97年アジア危機、新興国バブル、サブプライム、金融工学バブルなど。20世紀型は、日本で起きたIPOバブルや分割バブル、チューリップバブル。

ん?何を言っているんだ?LTCMの例で、

極めて小さな理論価格からのずれを発見する必要があった
(p235)

と書いているが、理論価格からのずれが「極めて小さい」のであれば、バブルではないじゃん。
それを金融工学バブル、と呼ぶところに違和感を感じる。バブルという言葉をちゃんと定義しないから、そうなるんだと思う。

あと、以下も疑問に思った。

今後、多くの識者の議論の反して、実体経済が相対的に力を持つようになり、金融資本の影響力は低下することになる可能性がある。原油高、資源高、穀物高によるインフレ危機が騒がれているが、これはモノの値段があがっているのではなく、お金の価値が下がっているのである。これこそ、実体そのものである資源や穀物と、マネーとの価値の逆転現象であり、金融資本の低下、衰退を示している。これがさらに進めば、実体経済と金融資本との主客が再び逆転し、本来の姿に戻る可能性がある。そのときこと、本当にキャンサーキャピタリズムが決定的に崩壊し、病が完治するときである。
(p243-244)

なにこれ、よく意味が分からない。今の円高を、「円が高いんじゃない、ドルが安いんだ」と言っているのと同じに聞こえる。かっこよく言っているけど、こういう議論って、「太郎君は次郎君より10cm背が高い」を「いやいや、次郎君が、太郎君より背が10cm低いんだ」と言うのと同じこと。

三回にも分けて本書を取り上げたけど、それだけ読む価値がある、ということ。本書はリーマンショック以前の2008年8月出版。その後つづく金融危機については、著者のブログでいろいろ書かれている。

為替の予想が外れている例

http://www.sugi-shun.com/mt/2006/05/post-216.html

それで、実際の為替は、以下。

2006年9月     118
2006年10月    116.82
2006年11月    115.55
2006年12月    119.02

注)各月の最終日の終値

全然あたってない。が、あたらなかった場合は、その後特に触れられない。もしこれがあたっていたら「予想的中」とか取り上げられていたはずだが。

予想があたった場合と外れた場合で、結果に対するスポットライトの当て方が同じではない。この点を念頭におく必要がある。そして、二人の予想屋がいて、一人は「円高になる」と言い、もう一人は「円安になる」と言えば、どちらかは必ずあたる。あたった方だけにスポットライトをあて続けたら、あたかも為替は予想可能かのように思えてしまうが、それは違う。

今のアメリカの株式市場は非効率的になってきている、という学術的な証拠

Ito and Sugiyama(2009)を最新データで追試してみた(データは、Robert Shillerのサイトからとった)。そしたらば、「金融危機で、市場は非効率的になっているはず」という素朴な予想は、大当たり。publishされて、良かった。けっこう、これreferする価値あると思うんだけど。この分野の大家のFama辺りにでも、メールしてみようか。

原論文では、1955.1-2006.2のデータしか使っていない。ので、2008.12まで使って追試してみた。新規情報は、たった3年弱。で、この3年弱の間で市場の効率性はどう変わったかというと、一気にinefficientな方向に向かったということが分かった。

百聞は一見にしかず、look at the following figure.

ito_sugiyama_2009_20090129.jpg

原論文のFigure2と比較すると、新規追加情報に対してカルマンスムーズングがどう反応していているのかを観察できて、面白い。ちなみに、カルマンスムージングでどれくらいの情報を実際の計算で使っているのかは、discussion paper versionでは言及したが、Economics Lettersの投稿規定(2000words以内)に引っかかったため、投稿時に、この点はカットした。あ、原論文、accepted versionをアップロードしといた。

このエントリーを書いてみておもったが、実証系の論文、どうせpublishされるまでにdataがoutdatedになるんだから、publishされるときに、最新のデータで追試した結果をブログなりで報告する義務を課してもいいと思う。それくらいしないと、経済学者は永遠に現実経済に追いつけないでしょ。

町工場が宇宙ビジネスに挑む

60分を10倍に生かすトップのための情報CDを、なんだかんだで毎月聴いているんだけど、今月のはすごい聞く価値のあるコンテンツが一つあって、それはこういう講演の録音だった。

「町工場が宇宙ビジネスに挑む」植松電機専務、植松努氏

たぶん、これ辺りと内容は同じだと思う。植松電機という会社は、北海道の中小企業(資本金1000万円、従業員10名)らしいが、この専務の話はかなり魅力的で、家路につく車の中で、聴き入ってしまった。へぇ、日本にこんな面白い人材がいたんだ。むっちゃこの人に興味あるわ。今後、要チェックや。

印象に残った言葉をメモ。(うるおぼえで、不正確かもしれない点、注意)

  • 「どうせ無理」という言葉をこの世からなくしたい
  • 産学官連携の正しいあり方は、産がチャレンジ・学が未来予想・官がチェック。現状は官がもってきた金にたかっているだけ。
  • 公のお金をもらうということは、「他の人ではなく、自分にこそよこせ」という態度だが、もらう人にそんな価値、あるの?
  • 世界初はいつも個人がやる。国は後追いしかできない。
  • 寝食忘れるほど好きなことをしてる自分が、一日8時間しか働かない人に負けるはずがない
  • 学費の肩代わりを企業が今していないのは、たいした教育が行われていないから。
  • 壊れないモノを作れるようになったら、いつか市場に行き渡る日がきて、売れなくなるという怖さがあった
  • 不景気=仕事がない=暇=研究開発をするチャンス

こんなところかな。いや、本当、表現とか不正確なので、正確に知りたい方は、このCDを自分で聴いてほしい。

新規カテゴリー作成

思えば、わりとアカデミックな話題や、現実経済の動きとかについては書いてきたけど、仕事については、あんまり書いてこなかった。

というわけで、仕事日記(business diary)というカテゴリーを作成。社会人になって半年以上経って慣れてきたところだし。あまり詳しくは書けないだろうけど、仕事に対する価値観とかも書ければ。

研究業績は査読論文が一本か二本で終わってしまうけど、ビジネス業績はこんなもんではなく、もっともっと、優れたものを出したい。(ビジネス&アカデミズムの二束のわらじで、頑張ればまたEconomics Lettersくらいなら行けると思うんだけど、体力的にきついかな・・・)

『すべての経済はバブルに通じる』の読書感想(その2)

その1の続き。いや、これ、本当にいい本だ。

第3章 リスクテイクバブルのメカニズム

サブプライムローン市場では、普通のファイナンス理論では説明ができない価格高騰が起こっていた。この状況を、著者は「リスクテイクバブル」と呼ぶ。リスクをとること(=risk take)に対する対価が、リターン、ということになる。価格高騰は、リターンの低下と同義。逆に言えば、ある一定のリターンに対するリスクとしては、サブプライムローン市場で売買されていた証券価格は、高すぎた(=高騰していた)、ということ。

どうしてそうなったのか?金融投資の素人が不勉強だったからだろうか?いや、違う。この状況をつくったのは、プロの投資家であるファンドマネージャーだ。では、なぜプロの投資家が合理的な判断を下せない状況になったか?というと、ちまちま運用すれば、「もっと儲けよ、さもなくば解約するぞ」と顧客から言われてしまう状況が理由。こうしてファンドマネージャーは過度にリスクをとりに行くインセンティブがあったと推察できる。この問題の背後には、ファンドの顧客とマネージャーの間に、ファンドマネージャーの真の能力をめぐる情報の非対称性があった。

この情報の非対称性の結果、ファンドマネージャー達は、「リスクを適正評価出来ないリスク」にされされた。もちろん、マーケット全体で見れば、way too much risk takingな状態になる。合成の誤謬。

よく考えると、消費の冷え込みが背景にはあったっぽい。消費しないから、過剰貯蓄で金余りの状態を生み出していた。その金の運用責任者としてのファンドマネージャーは、運用すべき資金をたっくさん持っていた。「金はいくらでもあるんだ」という状態だったのが、サブプライム問題が表面化するまでの数年の真実だったんだろう。

第4章 バブルの実態―上海発世界同時株安

2007年2月28日の世界同時株安。原因は、上海の暴落と伝えられたが、それは違うと著者は言う。真の原因は、米の暴落だった、と。ただ、「上海が犯人」という説が人々に信じられたので、その後、しばらく上海と他のマーケットのリンクが強まった。ウソから出た真ってこと。マーケットでは、何が真実かよりも、「みんなが何が真実だと思っているか」ということが重要。ケインズの美人投票理論ってこと。

円キャリーについても同じこと。実際、どれくらいの量の円キャリーが行われていたのかは、誰も知らない。知っている人いたら、教えて欲しいよ。でも、「円キャリーをやってる投資家がいる」と、多くの投資家が信じていたという点が重要。株安の局面で、円高も進行した。この円高、本当に「円キャリーを解消するための円買戻し」によるものだったかどうかは不明。でも、とにかく、円高が進む為替を見て、多くの投資家は、そうだと思って、世界中のリスクアセットマーケットから、資金が引き上げることを予想し、株を売りまくった。で、株安が進みまくった。でも、ひょっとしたら、この一連の動きは、円買いをしかけ、世界中の株式市場で空売りで大儲けしたファンドのせいかもしれない。

猛烈な怒りがこみ上げてきた

正直、初投稿で研究業績が出てしまって、驚いた。本当にかなり運も良かったんだと思ってる。で、acceptされた直後はすっごく嬉しかったんだけど、数日経った今、なんか、自然と猛烈な怒りがこみ上げてきた。

社会で普通に働きもしなければ、研究業績も出さない、そのくせ偉そうなことを言う学者って、いったい何なんですかね。僕なんて、社会で普通に働いているのに、研究業績も出したというのに。

『すべての経済はバブルに通じる』の読書感想(その1)

ものすごく勉強になる。いつもだったら、本の紹介記事は一回書いておしまいだけど、この本は、複数回に分けて書こうと思う。昨今の金融危機について、今後の資本主義がどういう方向に向かうのかについて、自分自身の理解を深めるためにも、少し丁寧にこの本を扱おうと思う。なので、自分自身の勉強用のエントリーという性格が強くなることを、冒頭にstateしておく。

著者の主張を正確に知りたければ、本を読んでください。(読む価値は、十分あります。)

目次。

第1章 証券化の本質
第2章 リスクテイクバブルとは何か
第3章 リスクテイクバブルのメカニズム
第4章 バブルの実態―上海発世界同時株安
第5章 バブル崩壊1―サブプライムショック
第6章 バブル崩壊2―世界同時暴落スパイラル
第7章 バブルの本質
第8章 キャンサーキャピタリズムの発現―二一世紀型バブルの恐怖

とりあえず今日は、第一章と第二章について。

第一章 証券化の本質

まず、サブプライムローン問題の背後にあった、証券化というテクニックについての説明。証券化のプロセスの中で、リスクは小口化され、切り分けられ、純化された。それによって、投資家のリスク選好にあわせた形で金融商品をオーダーメイドできるようになった。中でも、特にリスクが低いところだけを集めて作られた証券は、トリプルAの格付けを得てもおかしくないものとなった(注:本当にトリプルAの実力があったかどうか、不明。ここで言いたいのは、サブプライムローンというジャンクが、証券化で、一部はジャンクではなくなった、ということを強調したいだけ)。ところが、ここが僕はサブプライム問題の肝だと理解しているんだけど、この格付け自体を、格付け会社が誤っていたのが大問題だったんじゃないか。いくらオーダーメイドで低リスクのところだけをかき集めてみたところで、それはトリプルAにはなりそうもない、せいぜいトリプルBくらいだったんじゃないか?格付け会社は、ここをミスジャッジしてしまった、というミスを犯したんじゃないかな。それについては、ここにも以前書いた。

さて、実は証券化の前後で、投資家がとるべきリスクに変化が生じた。証券化されたことで、リスクが、住宅という実体経済に関連するリスクから、証券という金融商品に関連するリスクに変質した、と。実際経済での「資産の収益性、将来得られるキャッシュフロー」に関するリスクが、流動性リスクに変質した、ということ。いったん、このようなリスクの変質が起こってしまえば、あとは株やら債券やら、通常の資本資産市場とまったく同じで、原資産がどうかなんて、どうでもよくなってくる。株と同じで「自分より高く買ってくれるバカ」がいればいいのであって、原資産(株の場合、発行体の業績、サブプライムの場合、サブプライムの借り手の置かれている状況)なんか、どうだってよくなる。この時点で、サブプライムローン市場でバブルが起こる背景が出来上がっている。せめて、格付け機関だけでも、原資産に基づいた格付けを行えていれば、まだ実体に基づいていただろうけど、上述した通り、それは叶わなかった。

第二章 リスクテイクバブルとは何か

さて、サブプライムローンでバブルが発生する下地が、証券化によって整った。で、このバブルがいかにして大きくなり、かつ、なぜ弾けなかったのか?についての考察が第二章。それは、「住宅価格が上昇し続けていたから」ということになる。じゃあ、なぜ住宅は上昇し続けたのか?それは、「サブプライムローンは、定義より、低所得者をマイホーム市場に参入させることになったが、それが、住宅需要を増やした」という事実が背後にある。マイホームを持てない低所得者に、マイホームを持たせてあげる支援をしているのだ、ということになり、すばらしい事にも見えた。サブプライムの借り手が破産するなりして、住宅需要が減るようなことになると、バブルを支える住宅価格の上昇がストップしてしまうので、彼らの破産を予防し支援するインセンティブも、ステークスホルダーにはあった。こうして、サブプライムローン市場では、バブルが大きくなるようなメカニズムが、内包されていたのだ。

・・・と、とりあえず、今日はここまで。あれ、小幡績PhDの行動ファイナンス投資日記ってTB受け付けていないんかいな。。。

 

初めての研究業績

俺の怒りが通じたのかw、ようやく査読結果が返ってきて、無事accept。Economics LettersのEditorがこのブログを読んでいるんじゃないか、と思ってしまうほどの、このタイミング。

というわけで、ささやかながら、経済学界に貢献することが出来ました。

Ito, M., and S. Sugiyama, 2009. “Measuring the Degree of Time Varying Market Inefficiency,” Economics Letters, forthcoming.

まぁ、またいろいろと思ったことを追々書いてみます。論文の最終ヴァージョンも、そのうちアップロードします。