円とドル

12.16のFRBのゼロ金利政策によって日米金利が逆転し、円高に進んだ、というニュースが流れた。これは円キャリーをする価値がなくなった、というように受け止められていると思う。

円キャリーとは、日米金利差に注目した取引で、「濡れ手に粟」であるかのような印象をみんな持っている。だがちょっと待てほしい。フリーランチはないはずという無裁定条件を考えると、円キャリーも「おいしい思いは出来ないように」為替が決まっていたはず。

仮に今、1ドル=X円、日本の金利がr_J, アメリカの金利がr_Aとする。円キャリートレードで荒稼ぎを狙うべく、Y円の資金を円建てで調達し、即ドルに買えてドル建てでn年の運用を考えるとしよう。Y/Xドルに対して毎年r_Aの金利が付くので、n年後には、Y/X(1+r_A)^nドルになっている。他方、Y円を円建てでn年運用した場合は、n年後には、Y・(1+r_J)^n円になっている。

さて、n年後に円キャリーがフリーランチにならないということは、Y/X(1+r_A)^nドル=Y・(1+r_J)^n円になっているはず、ということ。すなわち、n年後の為替レートは、

となるはず。今まで、r_J<r_Aだったということは、円キャリーをする人のフリーランチを消滅させるべく、n年後に為替が円高の方向に動いたはず、という当たり前のことをこの数式は意味している。ちなみに、円キャリーを開始するn=0の時点では、円を売ってドルを買う動きが強いので、円安ドル高の圧力がある点に注意。円高圧力は、n年後に向かってだんだん強くなる、という為替レートの経路を頭で描いて欲しい。

理論的にはフリーランチは無いはずにもかかわらず、円キャリーを行ってきた経済主体がたくさんいたわけ。その背後には、円キャリーを行ってきた経済主体が、円安観測をもっていたことが挙げられる。正確に言うと、上記式で表す水準ほどには円高にはならないだろう、という円安観測をもっていた、ってこと。

そして現実に、円キャリーは成功してきた模様。つまり現実には、上記の数式で表す水準ほどには円高にならかった・・・どころか、だいぶ円安の水準にいたんじゃないか。

ではなぜ円キャリーは成功できたか(=金利差に基づく為替の説明が外れ、円安のままだったか)、というのは、研究対象としてかなり興味深いのだが、その知的好奇心はひとまず封印。

過去のことより、今後はどうなるだろう?上記の数式で、r_A≒r_Jになったということは、円キャリーをする価値がなくなったことを意味する。すなわち、現時点をn=0とすれば、その時点では、ドルを買って円を売る動きは弱いので、ドル安円高に向かう。しかし、n年後に向かっての金利差による円高圧力はなくなったことを意味する。今まで金利差による円高圧力があったにも関わらず、円安水準でいたわけだから、円高圧力がなくなった今は、より円安に触れるんじゃないだろうか?というのが、楽観的な見方。

さて、金利による為替の説明は、短期のそれ。長期では、物価水準で決まるはず。ppp理論は、机上の空論のようで、それなりにreliableかなと思う。とすれば、デフレの日本vsインフレのアメリカ、という今までの構図ではやはり円高圧力があったが、これからインフレが日米で同じくらいになりそうであれば、その圧力もなくなる。

結局、長期でも短期でも円高圧力はない。今の円高相場は、適正水準とは思えない。つまり、非合理的なレートだと思う。みんないっている「円が高いんじゃない。ドルが安いんだ」という言葉が聞かれるようになったのはその証だと感じる。それだけexchange marketがinefficientになっているのかな、ってのが率直な感想。exhange marketが合理的で効率的ならば、そんな表現が聞かれるはずがないと思う。つまり、みんな異常にアメリカ経済を過剰に不安視した結果、ドルがmis-pricingされているんじゃないか(あるいは同じことだが、円がmis-pricingされているんじゃないか)。

まぁいろいろ書いてきたが、EMH(Efficient Market Hypothesis)が正しければ、為替レートもrandam walkして予想が不可能ってことになるわけで、予想する労力自体ムダなんだけどね。でも、僕としては、いまの為替レートは非合理で非効率的だと感じていて。とは言え、だからといって為替で儲けよう、というほどの猛者ではないんだが(むしろはやく適正水準に戻ってほしいと切に願っているんですが、アメリカがんばれ)、ちょっとドルポジションがロングになってしまっているので、為替について考えてみた次第。

とりあえず、アメリカ

とりあえずはアメリカ。

今年、為替は非常に円高にふれたわけですが。以前書いたように(USD and Japanese Yen)、僕の予想では今年の年末には円高になるはずで、円高トレンドはさらにしばらく続くって思っていた。それはppp理論とハネムーン中に肌で感じた物価水準が根拠だった。が、どうやらアメリカはデフレリスクにされされそうなので(mankiw)、そうなったら円高トレンドはなくなるはず・・・だったが、LBショックに端を発する世界的な金融不安(笑)によって、円高が進む進む。今また1ドル90円切ってるっしょ。為替レートそのものは、まだまだ下げるかもね。80円切った、ってなニュースも来年初頭にくるかも。でも中期的(3年~5年)にはまた100~105円には戻るっしょ、とこれまた特に根拠もなく書いてみる。あいや、根拠はあるんだ、インフレが日米で歩調があるのならば、ppp理論によれば、円安にも、円高にもならないはず。で、いまの1ドル90円ってのが「異常」なのであれば、正常なのはそれよりも円安の水準ということになり、そこで落ち着くはずだろう、ということ。

経済学者はいまだに実物変数と金融変数のリンクに成功しているとはいえないと思うが、それはとりあえず置いておいて、一般ピーポーが「金融不安が実態経済を悪化させるんじゃないか」って思ったとしても不思議はない。で、株価が下がった下がった。

http://finance.yahoo.com/echarts?s=^GSPC#chart4:symbol=^gspc;range=1y;indicator=volume;charttype=line;crosshair=on;ohlcvalues=0;logscale=on;source=undefined

LB破綻からここまで、金融安定化法案が可決だのなんだの、ビッグ3をどうするんだ、ってな話が踊ったことでstock marketがvolatileだったこと。もうね、bearでvolatileであほかと。

stock marketから引き上げた資金はどこへいったかというと、債券市場へ。結果、債券利回りは下落。まぁ、債券は債券でも最初はとりあえず米国債。みんな急激にリスク回避度を高めたわけで、びびってstockから引き上げた後、超安全な米国債につっこむくらいのことしかできなかったわけね。以下のUS treasuryのhistory dataとかを見れば分かるが、下落っぷりがやばい。10年物で2%割れは目前か。

http://www.ustreas.gov/offices/domestic-finance/debt-management/interest-rate/yield.shtml

米国債の次に、他の格付けの高い社債なんかが買われた。いまだに高利回りで残ってんのは、格付けが低いやつだけ。とは言え、まだお買い得そうな案件もありそうじゃん・・・と思っていたら、先週バーナンキが手持ちカードを出しつくてくれたおかげで、ちょっと注目して見ていた某債券利回りも下落。逆に言えば、マーケットがバーナキの政策を織り込めていなかった証(sp500も上がっていたはず)。予期せぬ金融政策のほうが効果はありそう。そういう意味でバーナンキすごいのかね、やっぱ。一方、わがBOJは(以下略)。・・・ってそういう話ではなく。とにかく債券利回りの下落に拍車をかけたFRBまさかのゼロ金利政策。

・・・と大雑把に書きましたが、とりあえずアメリカのお話を書いたわけで。今、為替リスクとってドル建てで資産運用しようってリスクラバーいるのかね?「あるべき為替レートは1ドル100円~105円でしょ」って思っている人、多そうだけど、ってことは、円高の今はドル建て運用するチャンスだったはずなんだけど、でももしそうならば、そういう人の投資行動によって円安の方向に触れるはずだったんだけど、でもそうならなかったのは、やっぱりそれだけみんなリスク回避的になっている&アメリカの実態経済が不安&円キャッシュに対する流動性選好を高めた、ってところでしょうか。さらにここに来て日米金利逆転で、確かにしばらくは円安に向かわせる要因は無さそう。

2009年は大変そうだ。

 

新規カテゴリー

「資産運用(asset management)」というカテゴリーを作成。

これまでは、経済を観察もしくは研究対象として遠くから無責任にぼんやり眺めていましたが、これからは、もうちょっと真剣に自分のこととして見ていきたいので、そのうち自分のお金を金融投資にまわしていこうかな、と。そのためのお勉強も兼ねたカテゴリー、とかまぁそういう感じ。

publish or perish

アカデミックな世界では、”publish or perish”という言葉がある。「研究業績を出せ、さもなければ消えよ」という意味で、大学教授が晒されているプレッシャーについて表現している。大学教授の仕事は、1)研究、2)教育、の二つであるので、研究しない教授は、仕事の半分はさぼっている給料ドロボーになってしまう。だから、そんな人は”perishしてね(消えてね)”、というのは、当然と言える。

さて、ここで研究業績とは何のことを指すのだろう?それは、学術専門誌に投稿し、査読に合格し、そこに載ったことを言う。学術専門誌と一口にいってもたくさんある。載った学術専門誌のレベルが高ければ高いほど、研究業績も高くなる。また、載せた論文がたくさんreferされればされるほど、研究業績も高くなる。なぜならば、たくさんの人に読まれ、他の多くの研究を触発したことを意味し、学術的な価値が高いからだ。ここで、世界中の研究者に読んでもらうことが重要になるので、論文は英語で書かないと話にならない。日本語で論文を書く必要があるのは、文科省の助成金目当ての時くらいのものだろう。

これ以外のほとんどは研究業績と言うにふさわしくない。例えばworking paper, discussion paperと呼ばれる論文を書くのは、研究業績にはカウントされない。だって、査読がないのだから、いくらでも書けてしまう。さらに、査読がないのだから、誤りがあるかもしれない。working paper, discussion paperを書く利点は、印刷費用などを大学側でもってくれるということと、論文をパクられるリスクを減らせる、ということである。

blogを書くことも、研究業績には入らない。やはり査読が無いのだから、間違っている可能性もある。blogの場合、性質が悪いのは、間違ったことを書いて、専門知識がない素人を扇動してまうという負の面があること(blog主に悪意があろうがなかろうが)。本当に研究能力があるのならば、敷居の高い学術専門誌に載せて、それを証明すればいい。そうしないとすれば、能力がないからだろう。しかし十分に高い研究業績を出した人が書くblogならば、ある程度の信頼を持って読むことが出来る。それは例えばmankiwとか。でも、mankiw blogにも査読がないわけだから、間違うことはあり得る。

では本は?これは、本にもよるが、あんまり研究業績にカウントするべきではないかもしれない。例えば、HayashiのEconomcetricsくらいのベストセラーになると、十分研究業績としてカウントすべきだろうけど、Hayashiはそもそも十分にたくさん、海外の学術専門誌に載せている。

英語の学術専門誌が査読があるからといっても、間違うことはあり得る。でも、査読が無いworking paper, discussion paper, blogなどだと、間違いが含まれている確率はもっと高いのだから、反論にはならない。

現状のシステム(英語の学術専門誌に投稿し、査読し、合格なら載る、というシステム)にも悪い面がある。一つは、投稿してから載るまでが1年2年は当たり前で、タイムラグが長すぎる、ということ。査読や編集作業に時間がかかるのだ。二つ目に、査読の合否が、レフェリーの主観に大きく依存してしまう、という点。だけど、査読無しで間違いだらけの低質研究がばらまかれるリスクを考慮したら、仕方がないと思う。レフェリーを100人とかにすれば少しは客観的になるかもしれないが、そんなことは実行不可能だし。

最近はwebsiteに論文をuploadするだけで世界中の人に公開できるようになった。また、blogだって英語で書けば世界中の人に読んでもらえる。こっちのほうがタイムラグもないし、より良いじゃないか、今までのやり方はダメだ、という意見もあるに違いない。

だけど、いま我々が手にしている教科書を見てみる。すると、英語の査読つき学術専門誌に載っている研究業績をreferしまくっているのが分かる。それらをベースに、教科書が作られている。「あなたが教科書で学ぶその知識は、どこから来ているの?」と言いたい。それは現状のシステムが積み上げてきた研究業績なのだ。

やり方を変えたいのならば、より良いやり方を提案するべきだ。「より良い」とは、良い研究成果がもっとバンバン出るかどうか、で判断するべきだ。blogや、discussion paper, working paperをwebsiteで公開するだけ、というやり方では、低質な研究が世にばらまかれるだけだと思う。著者の意図がどうかは別にして、専門知識の無い一般大衆を扇動しかねない。

結局、blogや、discussion paper, working paperをwebsiteで公開するだけ、というやり方は、今までのやり方よりいい方法とはいえないと思う。自分のwebsiteで論文を載せておいて、かつ同時に査読つき学術専門雑誌に投稿し、査読の合格を待つ、というスタイルが一番いいと思う。なかなか合格がでなければ、いつまでたってもdiscussion paperのままでwebsiteに晒され続けるだけで、それはそれで「この論文は値打ちが低いです」というシグナルを効果的に発することになると思う。

『早稲田と慶応 名門私大の栄光と影』の読書感想

某先輩に薦められて読んでみた。ってあれ、その先輩、京大出身だったよね。著者は日本経済学会の元会長の橘木教授。ってあれ、橘木教授も京大の教授だったような。でも、早慶とは関係のない著者だからこそ、客観的に「早稲田と慶應」について分析できているのだろう。

目次はこんな感じ。

第1章 早稲田と慶応はなぜ伸びたか(戦前日本の学歴社会
戦後学制改革の波紋
沸騰する早慶人気)
第2章 二人の創設者―福沢諭吉と大隈重信(啓蒙思想家・福沢諭吉
政治家・大隈重信
早慶の出身者たち)
第3章 慶応と階層固定化社会(慶応式一貫教育
慶応生事情
慶応素鬱行政の結束力)
第4章 早稲田とマスプロ教育(早稲田の人材力
早稲田人の「個性」
規模拡大路線の功罪)
第5章 大学の生きる道(大学とは何か
大学の財政
私学の生きる道
早慶の進む道)

徹底的に早稲田と慶應について分析している。割と分かりやすいことを述べているだけだけど。かつては東大をはじめ、国立大学が優位にいたのに、東京一極集中で、地方国立大よりも東京の名門私立である早慶の人気が高まった、とか。また、マンモス大学で卒業生が多いから、活躍する人が多くって当然だろう、とか。慶應の場合、会社経営者の子弟が多く、経済的に恵まれている人が多くまさに「慶應ボーイ」だ、とか。親の会社を継ぐ時、ビジネスを展開する上では学問を追及するよりも、情報の交換や人のネットワークのほうが大事だが、三田会はそのニーズを満たしてくれる、とか。経済、マスコミ、政界、文学、あたりの分野では調子がいいが、学問・研究の分野では、早慶ともにボロボロであり、早慶が日本国内の名門から、(オックスブリッジのような)世界レベルの超名門になるためには、学問・研究の高水準化が避けられないのである、とか。(世間の人はあんまりこの点を知らないと思うけど、例えば慶応経済の学術研究業績の低水準ぶりは、笑うしかないくらいで、ノーベル賞受賞者はまず間違いなく出ません。というか、教授陣が学術論文をそもそも書いていないor書いても日本語or英語で書いてもレベルの高い学術専門誌にチャレンジしないorチャレンジしてもrejectくらうor自分たちの不甲斐なさを棚にあげて「海外ジャーナルってそんなに偉いの?」と開き直る、という状態。)

早稲田についての記述はどうでも良かったんだけど、一応読んでみた。で、思ったんだけど、慶應って学生数が2万5千くらいなのに対して早稲田って4万もいるのね。それだけ人数差があるんだから、早稲田のほうがあらゆる面で優れていてもおかしく無(以下略)。

最後に。本書を読んで、格差について考えさせられた。

(中略)少なくとも、「機会の平等」は大切な価値基準であると多くの人は信じている。「機会の平等」の精神に反すると言えてしまうような、人生のスタートラインから有利な立場にいる人の多い慶応関係者が、これにどう反応するのか、興味がもたえれる。あるいは、社会全体で「機会の平等」を達成しようとする機運が高まったときに、慶応の人がどう反応するかである。(p130)

けっこうぐさっと刺さった。でも本当の問題は、以下の方だとも感じた。

最近にいたって、慶応の子弟を送る家庭の年収が、東京大学に送る家庭の年収を下まわった、ということが言われるようになった。(p112)

『数学する精神―正しさの創造、美しさの発見』の読書感想

ちょーおもしれー。これ、なんで今まで知らなかったんだろう。・・・2007/9出版か。高校生のとき読んだら(ってたぶん当時の知識では、本書を楽しめるレベルになかったと思うけど)、絶対理系に進学したわ。この本、数十年の時間の淘汰には耐えられそう。

現代の数学が持っている連続な実数の概念,あるいは「実数論」というものは一つのモデルと捉えられるべきなのである.(p51)

現代数学における「実数論」が仮説でしかない、というのは恐ろしい。1万年後とかに、人類は今うちらが知っている数学とは全然違う数学をやっている可能性がある、と考えると不思議な感じがする。

・・・19世紀に入って「実数の連続性」という概念はようやくそれなりのモデルを得たのであるが,それは当時の数学が「実数」を自然界にすでに存在している数として捉えるのではなく,人間が最初から作り出すべき数なのであるという発想の転換をどこかでやったからである.(p52)

アキレスと亀のパラドックス、無理数の存在、1=0.999……などに直面した人類が、泣く泣く「実数を再構築した」ということ。数直線を書いてみるとどう考えてもすべての実数は、「最初からそこにある」ように感じるにもかかわらず。

主に実数論の基礎を構築するための要請として,19世紀数学は「集合論」という抽象的な装置を開発した.(p53)

こういう本を読むと、ラッセルのパラドックス、デデキントの切断、有理数の稠密性、集合の濃度(アラフ0とかアレフ1とか)、ε-δ論法を勉強する楽しさが分かる(初めて聞いたときチンプンカンプンだったわ)。

(read also)

『ゲーデルの哲学―不完全性定理と神の存在論』

『無限のパラドクス―数学から見た無限論の系譜』

『不完全性定理―数学的体系のあゆみ』

簿記3級合格

3級に合格した。電卓使っていいって知らなかったので、落ちると思っていたが、ギリギリで。次は2級・・・と思っていたが、正直どうしようか迷う。けっこうしんどい。内容は簡単なんだけど、時間がない。あぁ社会人。あとは実践の中で力を磨くか。

今年は、簿記3級をとったのに関連して、会計関連で以下3冊の本を読んだ。

『国語算数理科しごと―子どもと話そう「働くことの意味と価値」』
『決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法』
『道具としてのアカウンティング』

やったことはこれだけ。でも今年は財務面での知識がだいぶ強化された。簿記2級は目指さないにしても、もうちょいレベル高めの本を読むか。

 

『君主論』の読書感想

マキアヴェリすごいよ。時間の淘汰に500年近くも耐えてきたのは伊達じゃない。政治理論としても興味深いが、リーダーシップ論としても面白い。麻生太郎はこういう本も読むべきだ。

で、内容。マキアヴェリが本書を執筆した時点(1513年頃と推定)での歴史から得られる教訓をまとめており、ローマ帝国、古代ギリシャ、教会、などが言及されている。歴史好きにたまらん。

印象に残ったフレーズをメモ。

すなわち、他人に勢力を得させる原因を作る者は自ら滅びる。(p48)

「自らの力に基づかない権力や名声ほど頼りなく、不安定なものはない」というのは常に賢人の懐く見解であり、箴言であった。(p119)

このように君主は戦争の訓練を決して念頭から離してはならず、戦時よりも平時において訓練に励まなければならない。(p122)

心の訓練についてみるに、君主は歴史を読み、その中で偉人達の行動を考察しなければならず、戦争において彼らがどのように行動したかを知り、勝因と敗因とを検討して後者を回避したり前者を模倣したりできなければならない。(p124)

当代において大事業をなした人々は例外なしにけちという評判のあった人々であり、その他の者は滅亡した。(p131)

恐れられることと愛されることについては、次のような結論が導き出される。人間は自らの意に従って愛し、君主の意に従って恐れる。したがって、賢明な君主は自らの自由になるものに依拠すべきであって、他人の判断に依存してはならない。(p140)

可能な限り好ましい行為から離反せず、しかし必要な場合には悪事に踏み込むことができる心構えを持つ必要がある。(p144)

大衆は、事柄を外見とその結果とのみから判断するものだからである。そしてこの世にはかかる大衆だけが存在し、大衆が支持する場合にのみ少数者は初めて影響力を持つことができるのである。(p145)

一般大衆は財産や名誉を奪われない限り満足して生活し、したがって君主は少数者の野心とだけ戦う必要があるにすぎず、この野心を抑圧する手段は数多くあり容易である。(p147)

すなわち、君主は非難を招くような事柄は他人に行わせ、恩恵を施すようなことは自ら行うということである。(p152)

優柔不断な君主は、現前の危険を回避しようとして多くの場合中立政策をとり、多くの場合滅亡する。(p175)

歴史に残るレベルの本にある名言というのは、高度な定理化・法則化と言えそう。すごい。

『ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス』の読書感想

『ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か』の続編。「続編は、前作に比べてしょぼくなる」ってセオリーを破った。前作並み、あるいはそれ以上。ちょーおもしれー!

あらすじはこんな感じ。前作で工場長だった主人公。本書では10年の月日が流れ、副社長になっている。主人公が手がける多角事業は行き詰まりを見せており、買収した会社を売却しコアビジネスに集中することが、取締役会で決定されてしまう。それを阻止すべく、買収した3社それぞれを立て直していく。3社の社長には、前作にも登場した主人公の元部下。立て直す過程で、著者の提唱するTOC(Theory Of Constraints)が使われる。物語を楽しく読み進めだけで、TOCも自然と頭に入っていくよう書かれていて、著者のすごさを感じた。

本書は、三つの意味で読む価値があった。

一つ目。前作は、「生産工程におけるボトルネック」にフォーカスがあてられていたが、本書では、「思考プロセス」にフォーカスしている。単なる生産管理の理論を、一般化してもっと幅広い問題を解決する考え方へと昇華している。それを知れたという価値。

二つ目。経済学を修士までやり、いまビジネスの世界にいる自分だからこそ得られる刺激を得たという価値。企業の目的は何だろう?経済学的には「技術制約のもとでの、利潤最大化」つまり、”max π, s.t.~”でしかない。でも、そんな単純なもんじゃないじゃん。価格は何によって決定されるのだろう?経済学的には、需要曲線と供給曲線が交わるように、でしかない(でも、そんな単純なもんじゃないよね?)。消費者の価値観と、生産者の価値観が衝突して適切な落としどころに決まるということなのだろうか?でも、実際に市場では、衝突してないんじゃないか?消費者の方が常にバーゲニングパワーが強く、生産者は損な価格で販売を強いられているのではないか?実際にビジネスしたことがない経済学者の妄想は、もうどうでもいい。

三つ目。純粋に面白いストーリーが読めるという価値。面白い映画でも見てるみたいだった。

内容が濃すぎる。手元に置いといて、たまに読み返したい。