『快適睡眠のすすめ』の読書感想

いかに睡眠の質を上げるかが最近の僕の重要テーマの一つ。というわけでこんな本を読んでみたわけだが。内容は、それなりに説得的で、今後の睡眠を考える上で勉強になった。しかし、本書は致命的なミスを一つ犯していて、それが心から気に入らない。

致命的なミスとは、引用している論文について、ソースを明示していない点。例えば、冒頭のp3に載っている「図1.1 脳波と意識水準」のソースは、「ペンフィールドら,1954」と図の下に書いてある。では、この「ペンフィールドら,1954」という論文は、どういう学術雑誌の何巻目に載った論文なのだろう?あるいは、著者のフルネームは?「ペンフィールドら」とあるが、共著者の名前は何だろう?普通、そういう情報が巻末なりにまとめて詳細に書いてあるのだが、そういう情報が一切本書にはない。

一般の人は、このミスをそれほどの事とは感じないかもしれない。しかし僕は、大学院でちょっとだけだが研究をしていたので、こういうミスは、二つの意味で許せない。

一つに、referしている論文のソースを明示しないと、読者に必要な情報を提供していないから。論文といっても、その質にはピンからキリまである。どの学術雑誌(ジャーナル)に載ったのか?これによって、その論文の価値、信憑性、レベル、質は大きく異なる。例えば経済学の場合、同じ論文でも「Econometrica」と「三田学会雑誌」では、月とスッポンなわけだ。

二つに、その論文を書いた人に失礼。一つの論文を仕上げてpublicationに結びつけるまで、どれだけの労力をかけているか、想像してみてほしい。その労力を踏みにじった。

最低なミスだと思う。

...さて、内容のほう。いかに快適睡眠を確保するか。これについては、僕の個人的なtipsと本書で知りえた情報を箇条書きにしておこう。

  • 体温が下がっていくときに寝付きやすい。故に、風呂からあがって20分くらい経過した時点で汗が引き、体温が下がっていくタイミングで寝るべし。
  • 多量のアルコールを飲むな。酔っ払って眠たくなるのは、一種の麻酔。麻酔が覚めると、逆に目がさえて眠りに戻りにくい。飲みすぎたら、明け方起きて目がぱっちりしちゃうでしょ?
  • コップ一杯の水を、睡眠直前の飲む。飲みすぎてもダメ。トイレ行きたくなるから。飲まないのもダメ。寝汗で随分人は水分を失うから。
  • 騒音を遮断する。我が家はかなり静かな好立地なので、これを気にすることはない。今のところ、子供もいないし、静かに眠れている。うるさい環境に住んでいる場合、耳栓をお奨めする。
  • 自分にあったベッド、枕を買う。これ、重要。実際に家具屋にいって、寝てみて決める。睡眠は一生の健康にかかわることなので、新婚生活を開始するにあたって、僕たちも割と高価なマットレスを買った。
  • 寝る前にタバコ、コーヒー、紅茶などはやめる。僕はタバコ吸っていないし、普段、水しか飲まないので、これも僕は気をつける必要はないけど。
  • 寝具を清潔に保つ。パジャマ、シーツなどを頻繁に洗う。精神的な効果もあるのか、ぐっすり気持ちよく眠れる。
  • 生活リズムを乱さない。寝る時間、起きる時間、食事の時間、などを規則正しく。これも当然だけど、出来てない人多いでしょ?休日もなるべく平日と同じ生活パターンを維持する。週末、ついつい夜更かし、ってのがいけない。それが月曜の午前中の体のだるさの原因。
  • 睡眠時間を切り詰めるのは、6時間までにしよう。それより切り詰めるのは、体に無理が来るらしい。出来れば、7、8時間くらいは寝よう。6時間以内睡眠の人は、年をとった後、若い頃の無理がたたってツケを払うことになるんじゃないか。
  • 朝起きたら、朝日を浴びよう。冬はまだ暗かったりするけどね。

こんな感じかな。

「『快適睡眠のすすめ』の読書感想」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。