『「残業ゼロ」の仕事力』の読書感想

いろいろな経営者の本をたくさん読もう、という気持ちから読んでみた。著者の吉越浩一郎さんは、トリンプ・インターナショナル・ジャパンの元社長。自分の人生のあり方と、時間の効率的な使い方について、(いつも考えてはいるが)考えさせられた。

内容はタイトル通りで、「残業は悪、日本人は働き過ぎ、仕事意外のプライベートを充実させることなしに人生の質はよくならない」という感じ。フランス人の奥様の話を出したりもしながら、「ヨーロッパでは~なのに、日本では~」という言い方が多かった。「ヨーロッパでは残業なんて考えられないのに、日本では残業が善とされている」「ヨーロッパでは論理で仕事するのに、日本では義理人情浪花節で仕事する」などなど。ちょっと説教くさい。日本的ないいところもあるはずだが、本書では、それには言及していない。

残業をなくすには、デッドラインをまず決めて、それを達成出来るように仕事を進めろ、と。当然のことなのに、これを実現できていない大人が多いから、こういう本が売れるんだろう。残業をしているのは、定時までの時間でだらだら仕事しているからだろう、と。これも当然のことなのに、これを実現できていない大人が多いから、こういう本が売れるんだろう。もっと効率的に、もっと集中しろ、と。なんだか生活指導みたいだね。こういう本が売れるなんて、ちょっと悲しいな。ムダに残業をしている日本の企業戦士には、「会社の目的は儲けることだが、あなた個人の目的はそうではないでしょう」と言いたい。仕事に対してノリ気ではない人に対しては、「あなた個人の目的は違うかもしれないが、会社の目的は儲けることでしょう」と言いたい。

で、残業をなくして何がしたいのか、というと、仕事以外の時間を増やして、プライベートを充実させて、人生の質を高めよう、と著者は言う。ここは大賛成。著者は、「仕事は自己実現なんかじゃない。生活に必要なお金を稼ぐ手段でしかない。自己実現はプライベートでしよう。でもどうせ仕事しないといけないなら、ゲーム感覚で楽しんじゃおう」と考えている。ここは半分賛成、半分反対。僕は「仕事もプライベートも、両方とも自己実現の場」と考えている。ゲーム大好きだし。

だから、仕事とプライベートの時間は、できれば半分半分にしたい。そうするには、残業は一切したくない。それどころか、週休三日制にしたり、年間1ヶ月くらいの長期休暇をとれる会社が理想だとさえ思う。労働時間をそれだけ削っても、同じ売り上げ、利益、給料を維持できるような経営者が理想だと僕は思う。ライフワークバランス問題の最適解は、これだと僕は思う。著者は、ここまでは明確に書いてはいなかったが、たぶん同じようなことを考えているんじゃないかと察した。

もちろん、これは難解なことには違いない。ただし、これが最適解なのは、直感的に自信がある。どんな問題でも、必ずしも解があるとは限らない。解がない問題を解こうと努力し続けていたら、解が存在しないことが証明されちゃいました、なんてこともある。経済学なんかでも、ある問題について、解が存在することを証明するのが数理経済学者の重要な仕事だったりする。ライフワークバランス問題は、解が存在することは分かっているのだから(僕の脳内で直感的には)、解くのは実はそんなに難解なことではないんじゃないか。ま、がんばってみよっ。

『決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法』の読書感想

これはすごい。今年読んだ本の中で一番役に立った。「決算書」、「財務諸表」、「簿記」、「会計」、「営業利益」、「経常利益」、「粗利」、「ROE」、「ROA」といった用語を羅列されてもさっぱり分からない人は、これ一冊でとりあえずOK。すごい本。

冒頭(p11)にこんな問いかけがある。

事務用品を5万円分現金で購入した場合に、貸借対照表の右側の借入金も資本金も変化しないのに、左側は現金が5万円少なくなって左右がバランスしなくなってしまいます。皆さんは答えられますか?

たいがいの人は答えられないと思う。答えは・・・費用が計上されてPL上の当期純利益が減り、BSの右側も5万円減る、というもの。この答えを聞いてもチンプンカンプンな人が多いんじゃないか。そんなもんです。僕もついこの前、簿記3級の勉強を始めるまでそうでした。本書を読み終わった頃には、随分と会計について分かるようになっていると思う。見通しが良いところから体系的に知識が得られた感じ。

「決算書を読めるようになって、簡単な財務分析が出来るようになること」を目標に簿記3級から地道に勉強を開始したが、この本を一冊読めばもう十分なんじゃないか、とさえ思った。いままでいくつか会計本を読んできたが、本書が断トツにわかりやすく役立った。個人的に、「すごい本」認定。

参考までに、僕が今まで読んだ会計、ファイナンスに関連する本。
『道具としてのアカウンティング』
『ざっくり分かるファイナンス』
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学』

『とてつもない日本』の読書感想

我が国の総理大臣は何を考えているのだろう、ということで読んでみた。「元気で前向きなお坊ちゃん」が正直な感想。

まずはネガティブな感想を二点書く。

一点目。名門の家に生まれ、初等科・中等科・高等科・大学とずっと学習院で学んだお坊ちゃん。ちょっと気が利いた人間なら、ずっと私立で狭い世界にいると視野が狭くなるので大学で出るか、という発想になると思うのだが、麻生太郎は大学まで学習院に行っちゃった。その理由を、本書で書いているのだが、これが笑える。

「父親に官立の大学を受験したいといったら、『官立大学はお金がない人がいくところで、お金持ちのおまえが行くのは税金がムダ。それに東大は役人になるためにいくところだ。おまえ役人になるのか』と言われ、これにはなにも言い返せなかった」だって。なんの理由にもなっていない。東大は、お金持ちかどうかはまったく関係なく、単に試験の成績のみで合否を決めている。そうして選別した優秀な学生を、税金をつかって安い授業料で育ててきた。最高学府に入学するのにコネもカネも関係ないのが、日本の教育の良い点なわけで、お金持ちでも東大に行った人はたくさんいる。貧乏でも東大に行った人はたくさんいる。どうしてお金持ちの麻生太郎だけが東大に行ってはいけないのか?気が聞いた優秀な人材であれば、「お金持ちかどうかは関係なく、自分は最高学府に学び、将来国にリターンします」と言い返したに違いない。父に言われるがままに学習院にそのまま進学しました、というのは、あまりに軟弱。さらに、東大卒=役人というのも思い込み。このエピソードが本書で一番印象に残った。

二点目。「高齢化社会というと、みんな暗く考えがちだが、そうでもないよ」という文脈で書いてあったこと。それは、「日本の高齢者はお金持ちだから、たくさん消費してもらって明るい側面もある。若い頃買いたくても変えなかったバイクに乗ったり、ゴルフ三昧したり、そういうお年寄りが出てきもいいじゃない」という趣旨の意見。誰もが「ゴルフ三昧」できるほどお金持ちではないって、知ってる?やっぱり金銭感覚がずれているのかなぁ?と言わざるを得ない。

次、ポジティブな感想を二点書く。

一点目。麻生さん、すっごく前向きで明るい。ちょう学習院って感じ。なにか暗いことがあっても、明るい面にライトをあてようとする。こういう人がトップに座ってくれていると、国全体も明るくなれる気がする。ここが福田さんと違う。

二点目。お坊ちゃんだが、アフリカのシエラレオネでダイアモンドの発掘で2年間住んでいたこともあるなど、それなりに苦労もしてそう。ここが安倍さんとは違う。これがなければ初等科から大学まで学習院、その後カネコネの力でスタンフォードとLSE留学、その後父親の会社に入社、まもなく役員になり最終的には社長に、という単なるお坊ちゃんでしかなかっただろう。

しかし永田町は人材不足ですね。いまの日本を象徴しているのかな。

『「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55』の読書感想

本書はこの前読んだこの本(『情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 』)と二つの点で類似している。一点目は、「~にしなさい」というタイトル。二点目は、自己管理が下手な人をターゲットに、how to manage your lifeをテーマにしている点。こういう本が今売れ筋なのでしょうね。

一時間くらいで読めてしまうし、価格も安い。ということは中身もそんなに大したレベルではない。「自分は想定読者層には入っていなかったな」が正直な読後感。

中身は、タイトルの通りで、1日30分でもいいから勉強を投資しておくと、チリも積もれば山となって、将来の自分がリターンを得られるよ、ということ。「いい大学に入るために高校生は勉強し、いい会社に入るために大学生は勉強するが、よりよい人生にするために社会人は勉強をしないよね」というところからお話は始まる。勉強と言っても、机に向かって問題集を解くということだけではなく、読書、podcastなども立派な勉強だよ、ってさ。

「時間がない」というどうしようもないいいわけをする大人を想定して、「テレビを見ないようにしなさい」「飲み会にいく回数を減らしなさい」「通勤電車でケータイゲームしてるのはムダだよ」「目標をまず定めて、それを達成できるような道筋を考えなさい」とか、もやは生活指導のレベル(笑い)のことが書かれている。こんな本が売れてるなんて、ダメな大人が多いってことか。

途中で読むの止めようかとも思ったけど「高卒、二流大学卒でも、社会人になってから勉強すれば、簡単に逆転できる」ということを読んで、止めるのやめた。そういう人が読むべき本を、自分も読んでおく必要があるかな、と思ってね。(追記)そして、高卒、二流大学卒で社会人になってからも勉強をする人と、一流大学卒でも社会人になってからは勉強をしない人では、前者が必ず勝つ、と。僕もそう思うが、問題は高卒、二流大学卒の人のマインドをどうやって変えるかだと思う。この点も、今後考えるべきテーマにしよう。

『 7つの習慣―成功には原則があった! 』の読書感想

有名な自己啓発本。納得できない点もちょくちょくあったが、全体として良く出来ている。心に残るフレーズがたくさんあった。読む価値あり。

納得できない最大の点は、p32で、

私の言っている「原則」は難解なものでも、不可思議なものでも、また宗教的なものでもない。この本の中で述べる原則は、ひとつとして限られた宗教や信仰に属するものはない。

などと述べているにも関わらず、本書の随所で「神」「主」などに言及している点。著者はきっとクリスチャンなのだろうが、このように述べている以上、宗教的表現は一切見たくなかった。まぁ、僕も一応、クリスチャンだし個人的には問題がなかったが、全然異なる宗教の信者に対する配慮がないのは、気に入らなかった。

で、内容。七つの習慣とは以下。

  1. 主体性を発揮する
  2. 目的を持って始める
  3. 重要事項を優先する
  4. Win-Winを考える
  5. 理解してから理解される
  6. 相乗効果を発揮する
  7. 刃を研ぐ

この七つの習慣(あるいは原則)を説く中で、著者の個人的なエピソードが紹介されている。面白く参考になるものもあれば、詭弁でしかないと思うようなこともあった。「それって、言葉を都合よく再定義してるだけじゃん」というタイプの詭弁が多かった。そういう意味でも、「最初から最後まで、自分の中に自然にすーっと入ってきた」という感じはしない。同じ自己啓発本でも、以下の本は、読後にそういう感じがした。

『道ありき―青春編』の読書感想

結婚祝いにゴッドファーザーからの贈り物。ってあれ、なんで日本語の本なんだろ?

三浦綾子さんはクリスチャンらしい。恋人を病気で失い、自分自身も20代から30代にかけて病気で長いことベッド生活を強いられ、結婚もできずにいた、という自叙伝。最終的に、奇跡的に病気は治り、すばらしい男性にも巡り会えて37歳で結婚することもできた。ちゃんと神様は私のために「道」を用意してくれていたのだ、という趣旨。

ゴッドファーザー、何を伝えたかったんだろ?

たまにはこういう本もいい。

『フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術』の読書感想

世の中に速読本はいろいろあって、それらの多くは「左脳じゃなくて右脳で読もう」や「脳がもつすごい潜在能力を開発しよう」や「無意識を使おう」とか書かれていたりする。が、本書ではそんなことは書かれていない。本書のタイトルにもなっているフォーカス・リーディングとは、「目的をフォーカスしてから読む」ということ。読書についても、コストとリターンの関係を考えなさい、ということ。読む本の種類に合わせ、読書スタイルを変えなさい、ということ。訓練すれば凡人でも出来そうな、現実的なメソッドだと思う。

小説などのようにじっくり読む場合と、新書ハウツー系ビジネス書を読む場合で、読み方を変えなさい、と。本書では。前者タイプを「農耕型」、後者のタイプを「狩猟型」と呼んでいた。「狩猟型」とは、自分のほしい情報だけ上手に「狩っ」て、どうでもいい情報は読み飛ばしちゃえ、という意味。つまり、同じ本の中でも、じっくり読む箇所とそうでない箇所があってもいいじゃない、読書スピードのギアチェンジしたらいいじゃない、と。

要するに、速読といっても、「上手に拾い読みできるスキル」を重視している。ただし、現実的で凡人でも出来るメソッドではあるし、このスキルも重要だと思う。今後の自分用に、いくつかスキルをメモ。

  • 目的が達成できそうになかったら、すぱっとその本を読むのをやめる
  • 目次、章立てをまずは読んで全体を把握する
  • 見出しを上手に活用する
  • どうでもいいと思ったことはガンガン飛ばす
  • 積ん読することで、「どの本読もうかな」というコストをなくす
  • 読書タイムを決めてスケジュール帳に書き込み、読書時間を天引きしておく
  • 線を引いたりページを折ったりしたところは、後でちょっとだけ読み返すことで中身をより味わえるようにする
  • インプットしたことをアウトプットする(例えばブログで読書感想を書くとか)ことで中身の定着をはかる

cf)
『速読記憶術―1分1秒を争うあなたの学習効果が大幅にアップ!』
こっちは、拾い読みというよりも、ぜんぶをちゃんと速く読めるようになる現実的なメソッドが紹介されている。こちらも合わせて読んでみると良いかも。

『経済データの読み方(新版)』の読書感想

経済データがとうやって作成されているかいろいろと説明されている。

経済学修士までやったけど、大学院では意外と時事経済のことなんか勉強しない。そこは、現実よりもいかに美しい理論を作るかが重要な世界だったし、計量経済してみても現実の汚さを目の当たりにするだけだった。推定すれども推定すれどもまくいかないときにストレスは計り知れない・・・。

いざ社会人として現実経済でプレイヤーとして生産活動を始めると、現実経済に目を向けざるを得ない。というわけで、少しは現実経済について勉強しておくか、という程度のノリで読んでみた。

で、本書ではこれまでの経済の歴史を、淡々と統計データを出しながら網羅してくれている。薄くってさっぱりしていた。考えさせられることも多かった。例えば、日銀短観は理論的根拠はまったくないが(ただのアンケートっしょ?)、景気指標として実際にはみんなが参考にしているという現実。一口に企業物価指数といっても、物流の川下のほうが川上よりも競争が激しく消費者に転嫁しにくいので物価の上昇具合が異なるという現実。などなど。

というわけで、現実、現実、現実!

たまに会うと刺激をくれる人

たまにしか会わないが、会うと必ず刺激をくれる人に今日会った。またまた楽しい時間をすごさせていただいた。初めて会ってから5年くらい経つのかな?共通の知り合いも多いので、話にも花が咲く。

まだ僕が『運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則(The Luck Factor)』を読んでないというと、とにかく読んでみてと再び薦められた。「運は人が運んでくるんだよ、だから人との接触を高めよう」という主張だけ知っとけばいいかな、と思って読んでいなかったんだが・・・読んでみます。たしか、http://luck-factor.com/の由来も、この本から来ていたはず。

また東京いくときはいろいろな人と会って遊ぼうー。

世界一周旅行の日記(ニューヨークのゲイバーでの思い出)

ワシントン・ナイアガラから再びNYに戻る。南米に飛ぶ前に、NYに住んでる妹と、NYで働いてる高校以来の友達に会う。四人でバーで軽く飲むことに。

ところがそのバーが、ある時間を過ぎたら突如ゲイバーに大変身。火曜日はスーパーゲイナイトらしい。とにかくゲイ、ゲイ、ゲイ。妻が女子トイレに行くと、そこはお化粧をするゲイの集団。女性二人、男性二人の合計4人で座ってるのがあまりにも不自然な感じになってきたので、店を出る。すると、そこは長蛇の列。もちろんみんなゲイ。このバーは人気らしい。あ、ゲイに人気ってことね。で、よく見ると、入店を許されるゲイと、許されていないゲイが。店のドアマンが、ゲイを選別している模様。どうやら、「イケてるゲイ」と「イケてないゲイ」を選別している様子。普通のクラブでも、混んでいるときは女の子が「かわいい」かどうかで選別してることがあるけど、それと同じらしい。

で、列の後ろの方に並んでいるあるアジア系ゲイを見て、「あの人とか入れてもらえなさそうだね」って言ったら、「いや、アジア系はレアだから、すごいモテるんだって」と妹。妙にゲイに詳しいな、妹よ。そして夜、泊めてもらっている友達の家にもどってそのことを話すと、「It’s super gay night on friday there」って、そこ、そんなに有名なのかい。ゲイに開放的な街だね、NY。

と、そんなことのあった翌日、南米ペルーに飛びました。そこはやっぱり発展途上国。けっこう驚くことが多かった。が、それについてはまた次のエントリーで。