ビザ取得

世界一周旅行に行く前に、ビザが必要な国について調べていこう。事前に日本で取得しておいたほうが良い場合もあるが、現地調達したほうが良い場合もあるので、一概にすべて揃えるのが良いとは限らない。

たとえばインドは、事前に日本で取得しておいたほうがよいと言われているらしい。ビザは護国寺から徒歩5分くらいのところで取得できる。でもここのスタッフみんなインド人だったんだけど、日本語ほとんど喋れないのね。日本語できるスタッフちゃんとおかないのは、かなり失礼じゃないか。

エジプトは、現地調達したほうがはるかに安いということを今回知った。4年前は、代官山のエジプト大使館までビザとりにいったけど、5500円もかかった(しかも、申請と受取の二回もいったので、その分、手間や交通費もかかったわけだし)。今回は、カイロ空港でたった15ドルで買った。しかも、申請書もなにも必要なくって、まるでジュースを買うがごとき簡単さだった。入国審査の直前のところで銀行のカウンターがあって、そこで両替もできるし、ビザ取得もできた。こう書くとまるで代官山のエジプト大使館が詐欺行為を行っているように聞こえるかもしれないが、一概にそうも言えない。というのは、エジプトでは何がおきてもおかしくないから。15ドルのはずがもっと高額を請求されたり、おつりをごまかされたり、なんてことは普通に起こりうる。うちらはそういう被害には遭わなかったけどね。国際空港の銀行のカウンターでそんなことが起こりうるのが、発展途上国。だから、旅行初心者や英語がさっぱり出来ない人は、事前に高いお金をはらってでも代官山でビザを取得したほうが良いのかもしれない。それにしても5500円はちょっと高すぎないか・・・?

ビザにしろ何にしろ、世界一周旅行で変な被害に遭わないためには、(1)英語がしっかりできること(2)問題が発生したら、大声で騒ぎまくること(3)日本人はカモだと思われていることを認識すること。特にエジプトみたいな発展途上国の観光大国では「いかに金持ち日本人観光客からぼったくるか」しか考えていない人がたくさんいる。ある程度ぼったくられるのはしかたがないと思うので、「経済援助の一種だ」と割り切ってしまうのがよいとおもうが、「ぼったくり方にも限度があるだろ」と僕は思う。

世界一周旅行する前に予防接種

予防接種をいくつか受けておいたほうがいい。何を受けたらよいかは、どこにいくかに依存する。黄熱については、予防接種証明がないと入国できないところもあるので受けておいたほうが良い。それ以外については、自分で判断。たくさん受けたら時間とお金がかなりかかるが、かといってぜんぜん受けていかないのは無用心すぎると思う。

注意すべき点は、けっこうお金が高い点・予防接種のスケジュールをつくるのがけっこう大変な点。

うちらの場合、黄熱とA型肝炎を受けていった。黄熱は、一回受ければよく、約8000円。A型肝炎は二回受ける必要があって、一回目が8000円くらいで、二回目が4000円くらいだったかな。けっこう高い。しかも、予防接種をうけるための条件がけっこうめんどくさい。たとえば、「1週間前以内に、ほかの予防接種をうけていたらダメ」とか、「A型肝炎の一回目と二回目の間は、2週間以上あけないといけない」とか「予防接種後効果が出るのは10日間後」とか。さらに黄熱の場合、検疫所でしか受けられない。そして検疫所では、予防接種を受けられる曜日と時間帯が決まっている。

というわけで、予防接種にかかるお金と時間も、世界一周旅行の準備中に十分確保しておく必要がある。詳しくは、ググればたくさん出てくる。たとえば

http://mysoulmyheart.com/pro/health.html

それから保険にも入っておいたほうが良い。クレジットカードもっていれば、ネットでもすぐ加入できるし、最悪、空港のカウンターで手軽に入れる。うちらの場合は、2ヶ月世界一周旅行して、一人の保険料が35000円くらいだったかな。けっこう高いよね。でも新婚でいきなりなんかあったら大変なので、一応加入していった。

うちらはラッキーなことに、大病も盗難にも遭わなかったけど、やっぱり予防接種と保険は加入してから旅立ったほうがよいんじゃないか。

世界一周旅行を安全にするために

これからいくつかのエントリーで、世界一周旅行の準備について書こうと思います。準備はいろいろとあるけど、その中で最重要なことは安全確保です。

渡航前に、外務省の海外安全ホームページを絶対に確認しましょう。長期で旅行する場合は、旅先でもちょくちょく確認しましょう。自分の命がかかっていますし、関係者に絶大な迷惑と心配をかけます。

http://www.anzen.mofa.go.jp/

せっかくお金と時間を用意して世界一周に旅立つのだから、「あそこもここも行きたい」と思うのは自然なことです。が、危険情報があったら、少し冷静になって、安全確保に努めましょう。僕らも、本当はアフリカはケニアのナイロビにいきたかったのですが、昨年末の大統領選で不正があったのでは、という疑惑に端を発した暴動がおこり、断念しました。残念。ケニアなんて、こういう機会でもないと一生行けないので、断念するのは本当に残念だった。でも調べてみると暴動がけっこう本当にやばいみたいだったので、あきらめた。

それに僕の場合、自分ひとりだったらまだしも、ハネムーンで一周していたので、妻が何かに巻き込まれるという事態は絶対避けなければいけなかったので、そうとう石橋をたたきまくった。だけど、すごく安全に気を使って石橋をたたきまくっていたとしても、それでも問題に巻き込まれる可能性は、日本にいるときよりはかなり高い、ということを認識しないといけない。

とにかく除去可能なリスクは全部除去しておいて、それでもどうしようもないリスク(盗難、ぼったくりなど)とは上手に向き合うしかないってこと。危ないところには絶対行かないようにしましょう。

世界一周旅行に必要な語学力

ペルーでは英語がまったく通じなかった。「トイレ」すら通じないことも。南米は英語がまったく通じないと思ったほうが良いみたい。南米以外では、英語できればノープロブレム。

フランスですら英語がかなり通じた。パリのけっこう大きい駅のインフォメーションで道聞いたら「I don’t speak English」という、一切のコミュニケーションを絶つときに便利なマジカルフレーズを言われたことが一度だけあったけど、フランスで言葉で困ったのはこの一回だけ。フランスみたいな観光大国なんだから、駅のインフォメーションで英語できないスタッフをおくんじゃねぇ、とそのときはけっこう腹が立った。でも、フランスですらほぼ大丈夫だったわけで、ヨーロッパではだいたいどこでも英語は通じた。

中東も、おおむね英語は大丈夫だった。ヨルダンやドバイみたいにほとんど公用語になっているところもあったし。エジプトは観光で食っている国なので、観光に関連する人はみんな英語できた。が、アクセントがすっごくひどくってねぇ・・・。Arabic Englishというか・・・アクセントが本当に強い人はさっぱりわからないこともあった。「エジプト人の英語ってなまりがひどいよね」って一回ガイドさんに言ってみたら、「日本人だってひどいじゃん」と返された。たしかに、ジャパニーズイングリッシュイズコンプリートリーディフレントフロムアメリカンイングリッシュオアブリティッシュイングリッシュでひどいカタカナ英語化しているけどね。そのくせ、英語をヘンテコリンな発音でカタカナにするの大好きだよね、日本人って。ベイシカリー、ジャパニーズはバッドイングリッシュスピーカーなノンザレス、こうやってボキャブラリーだけブロークンアクセントのカタカナ英語という形にデコレートしてインポートしてオリジナルアクセントをオブザーブしていないノットアットオールの状態で日々デイリーにユーズしているなんて、私としてはアンアクセプタブルやっ!ちなみにこのガイドさん、俺より英語上手だったわ。さらにフレンチスクール通っていたとかで、フレンチのほうが英語より上手らしい。その上、日本語も日常会話程度は出来て、すごいね。母国語はもちろんアラビア語だし。

インドも英語が公用語で、しかも割りと発音も分かりやすかった。

香港はイギリスの植民地だったわけで、英語まったく問題なかった。

というわけで、英語を一生懸命勉強しましょう。その他の言葉は、いくつかのフレーズを現地で覚えていけばいい。ホテルやツアーや買い物や、クレームなどの込み入ったコミュニケーションが必要な場合は英語、あとはその国と民間外交をする気分で、あいさつ程度に現地言語で意思の疎通を図る、というのが良い。

言葉ができなくたって、ボディーランゲージやノリでなんとかなる、というのも正しいとは思う。でもやっぱり英語が出来ると旅の質が高くなると思う。日本語のパンフレットがないところだって多いし、自分のやりたいことやれないのってストレスだし。日本人がぼられやすいのは、英語オンチであることも大きいと思う。

でも英語のほかに一つやるとしたら、スペイン語かな。南米で本当に困るよ。しかもスペイン語できると、ポルトガル語ともイタリア語とも、なんとなく分かり合えるらしいし。

中国語とかアラビア語とかフランス語とかも出来るに越したことはないけど、いまの時代、どの国でも気の利いた人材は英語できるから、あんまりやる必要ないかもわからんね。カンタンな会話くらいできると相手が喜ぶから、ちょこっと学ぶのは意義があるかもしれないけど、ペラペラになるまで勉強するのは、コスト>ベネフィットではなかろうか。

”Competitive strategy”の読書感想

経営学の世界で有名な、マイケル・ポーターの『競争の戦略』の原著。実社会に出たということで、読んでみたんだけど、あんまり面白くはなかった。

ポーターは、PhD in Business Economicsを持った、経営学者。やっぱり経済学のバックグランドを持っているんだな、と感じさせる内容だった。というのは、コストとベネフィットの相対的関係を比較しまくっているから。参入障壁(コスト)が、その産業に新規参入した場合に得られる期待利益(ベネフィット)より高ければ参入するべきではないし、低ければ参入するべきである、とかね。他方、本書で使われる言葉使いはあまりにもいい加減なので、数学的厳密性を大事にする経済学の世界にいた身としては、この点が気になった。obviouslyとかclearlyとか、使いすぎ。僕にはそれほど明確には感じられないこともあったりしてね。ってまぁ、本書は一般人向けの経営学の啓蒙書なのだろうから、この点はポーターもあまり気にせず書いたんだろうけど。紹介されている理論も、ミクロ経済学みたいな厳密な数学をつかった理論とは違って、ちょこっとグラフを使ったもっとお手軽なものだし。経営学のことはよく知らないけど、一流ジャーナルになると、厳密な数学をつかった経営理論が研究されているはずだよね?

はじめて読んだ経営学の本だったんだけど、本書を読んで、「よし、ここに書いてある理論をつかって経営に生かそう」とはあまり思わなかった。参考にはなるけどね。「自分の会社の場合に特化した理論を、自分で考えよう」と思った。自分のところがよければそれでいいし。数学的厳密な理論を書くとのは違うし、いちおう修士まで経済学やったし、カンタンな仮説思考をグラフ化するくらいのことならできそうだし。

ちなみにPorterの略歴はここで読める。

He received a B.S.E. with high honors in aerospace and mechanical
engineering from Princeton University in 1969, where he was elected to
Phi Beta Kappa and Tau Beta Pi. He received an M.B.A. with high
distinction in 1971 from the Harvard Business School, where he was a
George F. Baker Scholar, and a Ph.D. in Business Economics from Harvard
University in 1973.

アンビリーバボーや・・・

ラジコン

関西での新婚生活にもだいぶなれてきました。世界一周してきた身としては、関西~東京はかなり近く感じます。新幹線で2時間半って、どんだけ近いんだよ、という感じがします。あ、明日からの三連休、東京の実家にもどります。土曜夕方に三田によって、夜は高校時代の友達に。日曜は自宅の部屋を掃除してます。月曜に帰ります。お土産ほしい人はがんばってcatch me if you can。

ところで、会社では昼休みラジコンが流行ってます。3万もしたけど、我慢できずに僕も買ってしまった・・・。けっこうストレス解消によさそうです。かなり快適な新生活を楽しんでおります。

『女性の品格』の読書感想



『国家の品格』が売れたので便乗しようという魂胆が丸見え。実際、本書も売れているので便乗には成功している模様、おめでとうございます、良かったですね。

内容はおおむね常識的に考えて当たり前のこと、正しいと思えることばっかりだった。が、あんまり著者から品格を感じなかった。というのは、ところどころにトゲのある言葉遣いがあったり、内容自体がまったく賛成できないことがあったから。本は筆者の言いたいことを主張する場所なのでどれだけ好き勝手言っても構わないが、「私がここで書いていることが、女性の品格なのです」と頭から決め付けている点が気に入らない。いや、もう少し言うと、「私の生き様こそが、女性の品格なのです」とすら思っていそうな雰囲気を感じた。

筆者は「品格」という言葉に明確な定義を与えていない。僕が筆者の代わりに定義文を書くとすると「女性がビジネスで成功するために必要な基本的事項」といった具合になる。筆者の語る「品格」には、どこか打算的な雰囲気が漂っており、品格が感じられないことも多々あった。

とは言え、筆者の言うすべてに反対なわけではない。多くは、賛成できることばかりである。むしろ常識的で当然のことばかりなのだ(ちゃんと挨拶しよう、とか、悪口言わないようにしよう、とか)。そういう部分だけを拾い読みして、当たり前のことができていない自分を戒めるくらいの使い方がちょうどいい本だと思う。

国家公務員としてのキャリアを送り、出世競争だとか利害調整で多忙な人生を選択すると、このような人間になってしまうのだろうか。

世界一周旅行のルートと期間

うちらのルートはこんな感じだった。期間は二ヶ月。

成田→NY→リマ→バルセロナ/自由移動/ブダペスト→(アンマン乗換え)→カイロ→アンマン→ドバイ→ムンバイ/自由移動/デリー→香港→関空

アメリカではNYを拠点にして、ワシントンDC、フィラデルフィア、ナイアガラまで遊びに行った。ナイアガラでは、25セント払ってカナダに15分間くらいだけ入国してみた。
ペルーではリマを拠点にして、クスコとマチュピチュまで遊びに行った。
ヨーロッパではバルセロナから入ってブダペストから出たけど、その間、以下を訪問した;マルセイユ、ニース、モナコ、パリ、フランクフルト、ベルン、ルッツェルン、ジュネーブ、ミラノ、ヴェローナ、ベネツェア、ウィーン。
エジプトではカイロを拠点に、ルクソールとアスワンまで行った。
ヨルダンではアンマンを拠点に、お隣のイスラエルのエスサレムとベツレヘムまで足を伸ばした。それからヨルダン国内のペトラってところも行った。
UAEではドバイだけ。ずっとドバイでリゾート気分。
インドはムンバイから入ってデリーから出たけど、途中でアーグラってところに寄った。
最後の香港は、ハネムーンの最後らしく、100万ドルの夜景みてのんびりしてた。

これ全部二ヶ月でやったから、かなり忙しかった。でも毎日楽しいから、体力はどこからともなく出てきて、すごい行動しまくっていた。

前回ここで紹介した「世界一周旅行券」の有効期限は、1年間くらいだった気がする。というわけで、期間は1年以内が普通だと思う。最短で「とりあえず主要都市だけまわってきた」だけならば、2週間もあれば世界一周できる。1年間たっぷりと世界一周旅行するのもよい。もちろん、予算と時間に余裕があれば、1年以上やったってよい。

期間は、どういうルートにするかに大きく依存する。ルートを決めるといっても、世界には192も国があるわけで、そのすべてを回るのは難しい。だから、自分が行きたいところを優先順位の高い順にピックアップして、あとは時間と予算という制約の中で最適ルートを模索しましょう。

ルートを決める前に、旅行のテーマを決めると良いかも。やってみると、「あそこも行きたい、ここも行きたい、けど時間とお金が・・・」という具合に悩むから。一つのテーマを常に頭においておけば、そんな悩みも軽減される。とはいえ、「ふらふら一周してきた」としても、十分素晴らしい経験が出来る。うちらの場合は、世界遺産重視の旅だったかな。

うちらの場合、出発前に日本で、ルートをすべて決めた。二ヶ月だったから出来たことで、1年とかになると、たぶんそれは難しい。1年も先の予定なんか分からないし。「この次はどの国いこうかな」って、訪問先でその都度ルートを決めて、飛行機チケットを予約すればよい。

世界一周旅行は、若いときにやると感受性が刺激されまくって快感。日本が世界からどう思われているかってのも分かった。それについてはそのうちまた書きます。

『本がいままでの10倍速く読める法―20ページが1分間でしっかり理解できる! 』の読書感想

久しぶりの読書。社会人になっても読書は続けます、むしろ読書量を増やしたい。

いったい速読ってどうやったら出来るんかいな。前から速読ってどうやったら出来るのかな、って関心はあったんだが、本を読んだのは二冊目だ。ちなみに、一冊目は、これだったんだが。



どちらも、あまり役立たなかった。両者とも、読んですぐ効果があるわけじゃなくって、トレーニングしないといけないって書いてあって。トレーニングも、効果の程に疑問があるから、やる気にならない。

結局、自分で大量に読書しまくる中でだんだん読書スピードをあげるしかないのかしらん。dan kogaiレベルになりたい~。