大学院の現実

はてブ見てると,大学院の実態についてあれこれ言ってるエントリが目立つ.もともと,はてなユーザーってどうも悲観的でキモイところがあるんで,そこらへんは割り引かなといけないんだけど.

いくつか,人々の関心を集めているリンクを.けっこう正確に実態を書いている貴重な情報源だと思う.

大学は、なぜ大学院生を増やしたいのか


博士課程に進学する前に読むべき本

大学院は出たものの
高学歴ワーキングプア

大きな流れとしては・・・

  1. 少子化=大学にとってのお客さんが減る
  2. じゃあ,大学院重点化しちゃえ by 文部科学省
  3. 院生の数が増える
  4. しかし大学のポストの数は増えない(むしろ減る)
  5. 行き場所のない博士課程修了者が大量生産される

入り口(院の定員)は広がったのに,出口(博士終えての就職口)が狭まっているので,トンネルを抜けたら渋滞で出られませんでした,というだけなのだが.バブル崩壊で不況になって,就職できない人を大学院が吸収していた側面もおそらくあったのでは.この点,就職不況の被害者であった若者と,新たな収入源を模索していた大学側と,両者で思惑は一致したわけだが,それは延命治療でしかなく,根本的な問題解決にはなっていない.

誰が悪いか?上記エントリーによれば,大きく三者に分類できるみたい.それは,将来がないことが目に見えていたはずなのに大学院に来てしまった人(自己責任論),業績がないのにクビにならない教授(既得権益者が悪い論),その場しのぎで大学院重点化政策なんてものをつくってきた文部科学省(お上が悪い論),という三者.数年後,この問題が大きな社会問題としてマスコミでとりあげられる日がくると思うが,そのとき,マスコミは誰を槍玉にあげた論調で報道するのだろう.

あ,以上は博士課程まで進んだ場合の話であって,修士で出るなら,問題なく就職できる.それと,博士課程までやるとしても,アメリカに留学して向こうの競争社会で生き残れば,ちゃんと職はある.その代わり,競争に負ける(=試験に落ちる)と・・・容赦なく日本に強制送還させられるみたい....

学問は楽しいし,いまかいてる修士論文も楽しいけど,修士課程の2年間,めいいっぱい経済学をネタに頭の体操して楽しかったので,まぁ僕は就職することにしてよかったな,というのが実感.あとは,勉強してきたことを少しでも活かせたらよいなー,くらい.

経済学の扱う範囲が広くなってる

本来の経済学は,効率的な資源配分について研究する学問だった.資源とは,労働力と資本(生産設備や土地)である.つまり,「人やモノをどこにどれだけ配置すると,経済全体で一番パフォーマンスがよくなるか?」ということを研究する学問だった.「経済のパフォーマンスの良さ」の基準は,通常,「パレート効率性」と呼ばれる基準を使う.パレート効率的な経済状態とは,「誰かの満足度を上げるためには,他の誰かの満足度を下げざるを得ない状態」である.ひらたくいうと,「誰かがよりハッピーになるためには,誰かに迷惑をかけないといけない」という状態です.

諸仮定をおき,抽象的な数学を使って経済モデルを構築し,「こういう仮定をおくと,こういう条件のもとで,望ましい経済状態が達成されます」とか考えるのが,かつての経済学者の仕事だった.これが,経済学は非現実的だの,役立たないだの,言われる理由だと思います.つまり,「現実はそんな仮定なりたたないでしょ」とか,「現実は数学じゃないでしょ」とか,「結局,経済学者のやってることって頭の体操じゃん」とかいう批判.

でも,最近,計量経済学が普及することで,経済学の雰囲気が変わってきてる.

例えば,

妊婦喫煙で子の肥満率3倍 山梨大教授らが千人を調査

というニュースをみて思ったんだけど,これ,医学部の研究者がやった研究だが,データが入手可能ならば,経済学の論文のネタにもなってしまう.妊婦が喫煙してると,子の肥満率が3倍になる,という結論は,計量経済分析をしても,導ける.ただし,経済学的な意義はなんなのだろう?ということは不明.

もう一つの例.

学力調査結果と離婚率、生涯未婚率

離婚すると,子供の学力低下を招く,みたいな分析も,計量経済分析で可能.ただし,これも経済学的な意義がどこにあるかは不明.

データさえあれば,計量経済学はそれなりに洗練された統計分析テクニックを作り上げてきたので,どんな分析でも出来る.「美人は得か?」を分析した論文もあるし(ビューティ・プレミアム),「賞金が高いとプロゴルファーのスコアがよくなるか?」を分析した論文もある(経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには (中公新書)を参照.).

これが最近の経済学の傾向なんだろうけど,最近の経済学の論文は,え,そんなことまでやるの?という感じがする.この傾向は,経済学者が現実に目を向けるようになっている点はすばらしいと思う(現実データとむきあっているんだから).

古典的な経済学者(数学モデルをつくって云々タイプ)からすると,きっと,「こんなの経済学じゃないよ」とか思うんだろうな.そして,いっぽう,計量経済学の専門家からすると,「計量の理論をちゃんと学ばずにテキトーに計量ソフトまわしてるだけじゃん」と感じてしまうのだろう.

もちろん,経済理論にしろ計量経済学にしろ,両方とも深い知識をもった上でこういう研究をしている研究者もいる.Chicago大学のSteven Levittなんかがその例.(彼が書いたヤバい経済学 [増補改訂版]は,一般向けにわかりやすく書かれてる.)でも,理論も計量もどっちもあんまりよくわかってないのに,データとPCがあるってだけで,テキトーな実証分析してる人もいるような....それを自覚した上で,都合の良い分析結果を出そうとしているシンクタンクの人のほうがよっぽどよい.自覚なしに,テキトーな分析結果を垂れ流すほうが問題だと思うのだが・・・.

 

人の好みは変わるに決まってるだろ

かなり気に入った文章を見つけた.論文の中のパラグラフ.理論の実証パフォーマンスが悪い理由の解釈を述べているもの.

A third general class of explanation for the results we obtained involves changing tastes. Just as the identification of traditional demand curves depends on the predominance of technological shocks relative to taste shocks, identification in models of the type estimated here depends on the maintained hypothesis of constant tastes. This is clearly a fiction. In every arena where taste shocks are easy to disentangle, fashion being an obvious example, they are pervasive. Even if the tastes of individuals were stable over time, the tastes of individuals of different ages differ, and the age distribution represented by the representative consumer has changed through time. An important topic for future research is the estimation of models that allow for changing tastes, either through random shocks, or endogenously on the basis of experience. The latter possibility relates closely to the problem of nonseparability in the utility function.

“Intertemporal Substitution in Macroeconomics,” by N. Gregory Mankiw (with Julio Rotemberg and Lawrence Summers), pp.249

ちょっと長いが,かなりこの文章好き.しかも,超有名論文でこれを見つけてうれしい.これは1985年にQJEで発表された,「GMM使えばこんなことできちゃうんだよ,すごいでしょ」ということが書かれた論文で,かなり有名.Mankiwは言わずとしれた一流のプロフェショナル・エコノミストだし,Summersは28歳でHarvardの教授になって財務長官とHarvard学長をやった天才.Rotemberg はよく知らん.この論文は,Classical Paperと言えるでしょう.あ,Claasical Paperとは,「みんなその論文を知っているが,誰も読んだことがない論文」と定義されます.

言っていることは,「人の好みは変わるに決まってるだろ」という一言に尽きます.何を当たり前な,と思うわれるかもしれませんが,通常,経済理論では「人の好みは不変」と考えます.専門的に言えば,「効用関数の形状(パラメータ)は不変」ということです.

理論経済学がそんなだから,計量経済学では一致性と仮説検定を重視するのだと僕は考えています.「理論なき計測はダメよ」という呪縛の根源でもあるんじゃなかろうか.

不変の経済構造があって,これはいつの時代も変わらなくって,そのとき,データが増えたら真理(真のパラメータの値)に確率収束するのだから,一致性は大事よ,というのが基本的な計量経済学のスタンスです.ところが,経済構造が不変でないのだったらどうでしょう.時系列の場合,サンプルサイズを大きくする=長いサンプル期間を考える,ということですが,経済構造が不変でなく変動するのであれば,「データを無限にとって,一致性を確保しよう」という主張は意味がなくなります.なぜならば,確率収束先となる真理(真のパラメータの値)がそもそも存在しないんですから(本当は,パラメータは時変なんですから),「サンプル期間を長くとって,サンプルサイズを増やせば漸近理論によれば,どんどん推定量はこのましい性質を持つはずだ(漸近的に真理を捉えられるはずだ)」という思考回路は無意味になってしまうからです.

大体,「サンプルサイズは5000あります,だから問題ありません」とか,逆に「サンプルサイズは50しかありません,だから問題あるかもです」とか,意味ない.数字の絶対値ではなく,あくまでの母集団との相対的な大きさが重要なのであるから.母集団が非常に大きければ,サンプルサイズは10000あったとしてもそれは小標本だし,母集団が小さければ,サンプルサイズは50でも問題はないかもしれないわけだから.

地方自治体の47のデータを全てつかって,「一致性あるからOLSしますよ」とか,何がしたいんだ.そのサンプル=母集団なんだから,「もう既に一致」してるはずだろう.それともあれですか,日本国を無限個の県に分割する日がやってくるとでもいいたいんですかそうですか.

話がそれてきましたが,人の好みが変わらないと想定し,あるモデルを作り,それを検証する.そのとき,計量経済学者は,
「その理論モデルが妥当する期間」を決めなければなりません.「この期間ならば,ファンダメンタルは変わらず,モデルの実証をするにふさわしいだろう」ということを決定しなけらばならない.

基本的に,人の好みは変わるし経済のファンダメンタルも時間を通じて変動しているはずなので,「ある時期は理論Aが支持され,ある時期では理論Bが支持されました」というのが,実際の経済なのだと思う.計量の論文で,いろいろと実証したけど,両論併記に近い結論しか出てこないのは,こういうことが原因だと思う.

さて,以上を踏まえれば「経済学とは,まったく正反対のことを言っている二人が,二人ともノーベル賞をとれる唯一の学問」というジョークも身にしみますね,あれしみませんか,僕はしみます.

さらに,仮説検定に計量経済学者はこだわるわけですが・・・.まぁ,僕も初めて仮説検定というものをならったときに,なんて科学的な分析なんだ,と感じた.それは,紛れのある背理法とでも言えばよいのだろうか,とにかく,厳密モデルが成り立ち得ない現実を分析する際の,すばらしい発想だと感じた.

でも結局,Type1 errorとType2 errorの間のトレードオフを,経済的損失に基づいて考慮し,最後は分析者の主観に基づき,有意水準を決定し,初めてこれは科学的な分析になるわけですが,実際にはみんな5%とか1%みたいなキリがいい数字を使っているだけですね.たまにうまくいかないと10%で有意と言い張ってみたり.あはは.それならば,6%有意水準で有意です,とか言ってみたい.このあたりのことは,『ノーベル賞経済学者の大罪』という本に詳しいです.

とにかく,有意水準の決定もテキトーにやっているのに,仮説検定にやたらこだわったり,サンプルサイズについてあまりよく考えない.いったん思考停止したら,最後は「一体なにをやってるんだ俺は」と計量ソフトがはじき出す数字におぼれるのみですね.5%とか1%って,根拠なく決められた有意水準をつかうならば,計量分析なんて人間の出る幕はなく,すべてコンピューターがやってくれるではないか.分析者の主観が混じるのは科学的ではないとかいうが,主観が混ざらない論文なんか読んだことがない.実際には多分に混じっているものなのです主観は.だからといってベイジアンほど楽観的にはなれませんが,しかし,ベイジアンにはかなり親近感を感じます.主観を堂々と混ぜるべきところは,結局,有意水準の決定でしょう.統計的有意ではなく,経済的有意な結論を出すには,損失関数の評価をどうするか,という分析者個人が主観で決めるべき
問題で,論文の主張の妥当性は,その主観的判断を,どの程度,他の人間もが同意できるか,で計測されるべきなのだろう.

・・・ときれいごとを述べまくってみましたが,現実はいつも甘くなく,業績出したかったら学界に溶け込むべくこの世界のルールに従いみんなと同じことをやれ,ということになってしまいますね.

経済学者は反省しなさい,と強烈なメッセージを送っている以下の本はオススメです.

ノーベル賞経済学者の大罪

この本にはかなり影響を受けました.でも,トンデモ本では決してなく,非常に優れた経済学者が書いた本です.

博士課程に進学する前に読むべき本


博士課程に進学する前に読むべき本

ネガティブなことばかり言っていても人生楽しくないが,これも事実なので.院進学を考えている人は,リンク先を読むことをオススメします.

この記事は大げさではない,というのが僕の院生生活の感覚です.東大や一橋ですら博士ゲットしたあと就職難である,という状況の中で,他の大学の惨状たるや・・・.慶応は,理工学系も含めて壊滅的な状況のようです.

経済学に限って言えば,留学してPhDをとり,向こうの就職市場でなんとか生き残って数年アメリカの大学で教え,いくつか業績をその間に出し,日本との足がかりを維持しつつ日本に戻る(できれば母校に),という道しかないのかな,というのが僕が調べみた感触だった.そして嫌になり,就職を決めたわけですが.

とにかく,優秀すぎて困ることはないので,修士にいる間に業績出すくらいのつもりじゃないと,博士いったあと就職することを考えると,まずい.僕もDiscussion Paper書いて学会報告もしてがんばってみたが,なかなか業績には結びつかないのが現実で.

まぁ,この世界はみんな文部科学省の犠牲です.

『フューチャリスト宣言』の読書感想

『ウェブ進化論』『シリコンバレー精神』『ウェブ人間論』と,梅田望夫さんの本は大体読んできた.本書は,だいたい,これらの本の延長にあるが,脳科学者の茂木健一郎さんとの対談形式になっている点,スパイスが効いてる,とだけ言っておこう・・・かと思ったけど,以前にも「ネット上にある,自分の本に関する感想はほとんど読んでる」と梅田さんは書いていたが,本書でも改めて書かれていた.アナウンスメント効果を狙っているのか?「ちゃんと読むから,ちゃんと感想文書いてね」って.ほんじゃ,まんまと僕は引っかかってやろう.

既存社会のお偉方は,リアルが充実してるからネットをあんまりよく分かってない,分かろうともしない,むしろ嫌う,ネガティブな面ばかり取り上げる,という風潮について.これは僕もよくないとは思うけど,どうしようもないって投げてる.でもネットを賞賛するのって,お偉方にとっては自己否定につながるから,この態度を直すインセンティブはないから,お偉方を責められないかなって.お偉方は本当に聞く耳を持たない.重症なのは,若者の忠告を聞く耳持たない自分がすばらしいって思ってそうなことかなぁ.僕もこれなんとかならんもんか,と思っていたこともあったけど,説得はあきらめて,彼らが年とって社会の重要なポストからいなくなるのを待つしかないんだろう,って.だから,急激な変化はやっぱり今のお偉方が完全に社会に対して影響力を持たなくなる時期,うーん,たとえば大企業でいまの50歳過ぎくらいの役員くらいの人が,社長やって会長やって相談役になって,そんで会社から完全に退く70近く,つまり,あと20年弱は無理なんじゃないかなーって感じてる.

あと,本書では,けっこう楽観的なことばかり書かれてるし,読み終わったあとの心地よさって相当なものだけど,これは梅田さんと茂木さんという二人の才能が語り合ったからだ,という印象が強い.みんながみんな,「やりたいことをやり,一つのことを極め,知的作業に快楽を感じ,同時代の権威からの賞賛より未来からの賞賛を求める」わけじゃないから.「そういう人にとっては,これからはすばらしい未来が待ってる,読者もみんなそうなれ!」というメッセージを暗に発していたような・・・.梅田さんと茂木さんはそういうタイプだからいいけど.「そうじゃないタイプの人はダメだ」,みたいなことを言外に匂わせてる.そうじゃないタイプのほうが多いと思う.正確には,「梅田・茂木タイプになりたいけど,実際には,なれない」って人が大半かな.そういう人は,この本読んで,明るいフューチャーリスト宣言されても,ちょっと劣等感を感じるんじゃないでしょうか.置いてかないでくれ!って感じちゃう気が.で,梅田さんは,そういう人を置いてってもいいって思ってるんだろうか?なんか,とんでもない格差が生まれつつある気がした.

それと,「一億人から3秒集めたら」という夢物語が,ネットによって可能になるだろうって話.そこまで行ったら,考えられないくらいすごいことが出来るのだろうけど,そうなったら個は埋没しないだろうか.たとえば,アカデミックな世界で,現状では通常,研究者の個人名で論文を発表し,研究業績は個に贈られる.単著論文ならば,一つの脳で出した知的営みなわけだが,どう考えたってオープンソース精神で論文を書いたほうがすごいものがかける.もし実現したら,ノーベル賞論文と比べ物にならない論文がゴロゴロ出てくる.そうなると,「個への名誉」はどこにいっちゃうんだろう?って.そんなものいらない,って本当に人間ってそう思えるかな?学者の研究だけはリアルの世界から出ずに,ネット上で元気玉つくりましょう,みたいな話にはならないのかな?2.0的に元気玉を作ることでビジネスやウィキペディアは信じられないスピードで進展するのに,学者の研究成果は,いつまでたっても1.0的な個人作業のまま.そんなジレンマが起こるんじゃないかな.いや,でもちょっと待てよ,やっぱりアカデミックな研究も2.0的になり,既存の大学の制度が根本的に変わるのかもしれない.大学の先生という専門職業がなくなっていくのだろうか.

長々と書いたけど,ネット万歳,でも時々怖いってこと.

 

青空文庫やるな

http://www.aozora.gr.jp/index.html

今日,「インターネットの電子図書館,青空文庫」なんて存在を知った.本が無料で読める.シンジラレナーイ.

たとえば,

http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person148.html#sakuhin_list_1

夏目漱石の本がすべて,無料で読める.無料だよ.なんで今までこの存在知らなかったんだろう.

現実には,こういうサイトが存在したとしても,本は紙媒体で読むほうが便利だから,きっとこれからも人間は本という形態で文学作品を楽しむのだろう.(PC画面は目に悪いから長時間読めるものではないし,かといってプリントアウトするコストを考えたら,本という形態の商品を購入したほうが安上がりだから.)

それでも,著名な文学作品の内容がデジタル化されて,ネット上を漂いGoogle検索に引っかかるようになっている,この状況が感動的.

ネットはネガティブな面も含んでいるけど,こういうサイトを知ると,ポジティブな将来しか頭に浮かんでこない.

日経平均225銘柄のマップ

http://n225.jp/

これはすごい.

  • 日経225銘柄の株価の様子を視覚化したもの.
  • 5分おきに約20分遅れの情報を表示しているらしい.
  • セルの大きさは, 時価総額をあらわす
  • 色が前日比で上昇か下降かを示している(赤は下降,緑は上昇).
  • 業種ごとに区画にまとめられている.

たとえば,このエントリーを書いている時点では,全体的に真っ赤.株価は下降局面ってことが一瞬で分かる.トヨタの存在感の大きさもわかる.

毎期毎期,最適な意思決定してるわけじゃない仮説

ちょっと修士論文行き詰った感があったので,図書館をぶらぶら.したら,Journal of Finance最新号で,面白そうな論文発見.

Jagannathan, R. and Y. Wang, “Lazy Investors, Discretionary
Consumption, and the Cross Section of Stock Returns,” The Journal of
Finance, 2007, 62 (4), 1623-1661.

アメリカでC-CAPMがうまくいかないのは,毎期毎期,経済主体は最適な意思決定をしているわけじゃないからだろう,という仮説を検証した論文.第四半期をベースにモデルを検証すれば好ましい結果になるよ,と報告している.原因について,

We suspect that this is more likely to happen during the fourth quarter, given investors’ tax year ends in December.

だとさ.本当かいな.でも面白い事実発見ですな.こんな解決法もあるのか.

あ,この論文の古いバージョンは,http://www.afajof.org/afa/forthcoming/2543-a.pdfから無料で読めます.

今年のノーベル経済学賞は誰?

そろそろ発表のはず.明日あたりなんでしょうか?気になりますね~.Mankiwも気になってる様子.

http://gregmankiw.blogspot.com/2007/10/my-bet-on-nobel.html

Mankiwの予想は,”Fama, Feldstein, or Barro”とのことですが,どうでしょう.経済学の場合,(自然科学と違って)若造がとることはまずないことを考慮すると,この3人の名前が挙がるんでしょうね.あとは,これまでの流れみたいなものもあるし(同じ分野で連続してあげない,とか,そういうことがある).そういうことも考えるとやはり,この3人のうち誰かということになるんだろうか.

今年とるかどうかは別にして,そのうち確実にとると思われる人リストだったら,ほかにも名前が挙がるんだろうけど.たとえば,LP Hansen, P Krugmanとか.Steven Levittはどうなんだろう.

ま日本人には,少なくとも向こう数十年は縁が無い話だ.日本人が獲れるかも,というところに行くには,向こうのトップスクールでPhDとって,そのままトップスクールに就職決めて,じゃんじゃんトップジャーナルに業績だして,そのままトップスクールでテニュアとって,ノーベル賞候補になりましたね,・・・ってゆう日本人がじゃんじゃん出てこないと行けないわけだが,現実にそんな日本人はほとんどいないし・・・可能性があるとしたら,今の僕の世代以降のスーパースターが起こす奇跡にかけるしかないんじゃないか.

ちなみに,

引用回数ランキングTOP1000(1975-2000

に登場する日本人は,以下でした.数字は順位.括弧内は略歴.

  61
Amemiya,-Takeshi (ICU -> PhD from Jonhs Hopkins -> Prof at Stanford)
174
Hayashi,-Fumio     (Univ. of Tokyo -> PhD from Harvard -> Prof at Univ. of Tokyo)
556
Aoki,-Masahiko    (Univ. of Tokyo -> PhD from Minnesota  -> Prof at Stanford)
607
Matsuyama,-Kiminori  (Univ. of Tokyo -> PhD from Harvard  -> Prof at Northwestern)
821
Ito,-Takatoshi    (Hitotsubashi -> PhD from Harvard -> Prof at Univ. of Tokyo)
963
Suzumura,-Kotaro  (Hitotsubashi -> PhD from Hitotsubashi -> Prof at Hitotsubashi)

・・・というわけで,KeioのKの字も見当たらんのが現実でして.Book smartな人材はUniv. of TokyoかせいぜいHitotsubashiが供給してくれるので,KeioはStreet smartな人材育成に力点を置き,academicな大学院に資源を配分しません,というのが安西政権の考えなのだろうか,と以前から思っていたが(Law schoolへの力の入れようと,graduate school of economicsなどへの力の入れなさ具合を,露骨に感じる),これを見たら何も文句は言えないよなー.

ところで,Suzumura Kotaro先生すごいな.海外でPhDとってないのにこれだけ業績あげるとは.

(補足)
過去の受賞者一覧は,こちら

http://www.nobelprizes.com/nobel/economics/economics.html