希望は戦争

最近,ネット上でこの記事が話題になっている模様.
「丸山眞男」をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争。
出だしはこんな感じ.

平和とはいったい、なんなのだろう?
 最近、そんなことを考えることが多くなった。
 夜勤明けの日曜日の朝、家に帰って寝る前に近所のショッピングセンターに出かけると、私と同年代とおぼしきお父さんが、妻と子どもを連れて、仲良さそうにショッピングを楽しんでいる。男も30歳を過ぎると、怒濤の結婚ラッシュが始まるようで、かつての友人たちも次々に結婚を決めている。
 一方、私はといえば、結婚どころか親元に寄生して、自分一人の身ですら養えない状況を、かれこれ十数年も余儀なくされている。31歳の私にとって、自分がフリーターであるという現状は、耐えがたい屈辱である。ニュースを見ると「フリーターがGDPを押し下げている」などと直接的な批判を向けられることがある。「子どもの安全・安心のために街頭にカメラを設置して不審者を監視する」とアナウンサーが読み上げるのを聞いて、「ああ、不審者ってのは、平日の昼間に外をうろついている、俺みたいなオッサンのことか」と打ちのめされることもある。
 しかし、世間は平和だ。

最近すごく感じていたことがあって,それは「ネット上が負け組が不満を叫ぶ場になっている」ということ.基本的に,ネット上にて叩かれるのは既存権力を持った人たち.たとえば朝日新聞やらTBSが不祥事を起こすと過剰反応して「死ね」だのなんだとの2ちゃんねるとかで叩きまくる.不祥事を糾弾しているとうより,いまの日本社会では圧倒的な勝ち組である朝日新聞やTBSの社員をうらやんでいるだけのような印象を受ける.たとえば痛いニュースとかこういうサイトが人気サイトになっているあたりが,この傾向を象徴している.
あ,関係ないけど,Hatenaユーザーってネットの中でも変人たちが多い気がする.とてもネットユーザーという母集団からランダムサンプリングされているようには思えない.というかちょっとキモイやつらが多い.モテだの非モテだの,なにかしらのコンプレックスをもった人たちが変なことばっかり議論している.そのことを差し引いても,増田での格差問題を論ずる文章は多いと思う.
話を戻す.
ネットカフェ難民という言葉も定着しつつあるが,相変わらず「日本の格差はそれほど問題ではない」「格差が問題なのは,たとえばエジプトみたいな国のことを言うのだ」という認識を僕は持っていた.しかし,どうやら東大の入学者の親の平均収入が約1000万あるらしい(ソース).東大も格差問題に対応するために,これからは400万以下の家庭は学費免除だそうだ(ソース).そういうわけで,親の年収に拠って,格差が子供世代で再生産される可能性があるらしいので,「日本の格差なんて問題じゃない」という認識は間違っていたのかな,と思い始めていたところだった.
と,こう考えていた矢先に,「希望は、戦争。」なんて文章を読んでびびった.下層の家庭に生まれたら子供も下層になるということを避けなければならないばかりではなく,(たとえ下層の家庭に生まれたわけでなく本人が怠けて21歳くらいのときにちゃんと将来のことを考えなかったのが原因だったとしても)こういう31歳フリーターを救済する措置もとらないといけないと感じた.
この文章には続きがあって,それがこれ.

けっきょく、「自己責任」 ですか 続「『丸山眞男』を ひっぱたきたい」「応答」を読んで

 現状のまま生き続けたとしても、老いた親が病気などによって働けなくなってしまえば、私は経済基盤を失うのだから、首を吊るしかなくなる。その時に、社会の誰も、私に対して同情などしてくれないだろう。「自己責任」「負け犬」というレッテルを張られながら、無念のままに死ぬことになる。
 しかし、「お国の為に」と戦地で戦ったのならば、運悪く死んだとしても、他の兵士たちとともに靖国なり、慰霊所なりに奉られ、英霊として尊敬される。

いまの日本には,失うものが何もなく先になんの希望もない31歳フリーターで,「自殺するくらいなら戦死して英雄になりたい」と明言している人間が少数でこそあれ,確かにいるわけだ.こういうタイプの人間は失うものがないからこの先なにをするか分からない(この文章を書いた本人のことをいっているわけではないが,犯罪の温床となりうるということ).このリスクを放置するコストより,政府が救済して未然の予防をすることによる国民の安心感というベネフィットの方が大きい気がしている.それに,やっぱりかわいそうだからなんとかしてあげたいし.
かなりおぼっちゃん育ちの僕ですらこういう認識を持ち始めているんだけど,我が国の総理大臣はというと,どれくらいこういうことを理解しているのだろうか?
現在の日本の最大の問題は,総理大臣が安倍晋三という,受験を一度もせずに小中高大とずっと私立の一貫教育に育った温室育ちのおぼっちゃんだということでしょう.温室の中にいるから台風がきてもどこ吹く風の人生だったんだろうが,そんな人には雑草の気持ちが分からない.しかも頭も悪い.いい人でしっかりしている,というだけでは総理は務まらん.折に触れて「私の祖父の岸信介は・・・」とか言っているが,あれが信じられん.「かつての総理大臣,岸信介は・・・」といって欲しい.どんだけおじいちゃんっ子なんだよ.
ちなみに,「丸山眞男」をひっぱたきたい,と言う言葉が刺激的だけど,この文章を書いたひとは別に深い意味はなく,ただ「戦争で兵役にいけば,フリーターの俺でも東大のエリートをひっぱたくチャンスがある」と言っているに過ぎない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です