計量経済学なんて茶番だ

という過激なタイトルをつけてみた.
計量経済学とは,広義ではデータ解析の学問.狭義では,経済理論の妥当性を経済データを調べることで検証する学問.狭義を重視する経済学者が多いから,「理論なき計測はダメ」ということが言われる.理論なき計測=measurement without theoryは,クープマンスが書いた有名な論文からきている表現.クープマンスみたいな偉い人が言ったことで,いまに至るまでみんなこの表現に囚われている感じがする.でもクープマンスが書いたその論文に対して誰かがダメだしをして,クープマンス自身,「ごめんなさい論文」を書いていることはあんまり知られてないようだ.ダメだしした論文の趣旨としては,「地道な計測結果の蓄積が真理の発見を助けた事例は歴史にたくさんある(たとえばティコブラーエの観測結果とケプラーの法則).だから,理論なき計測だってよいんだ」という感じだった気がする.
理論なき計測を批判するのに,逆は批判されない雰囲気がある.すくなくともこれまではあった.これからは変わっていくのかもしれないけど.
とにかく,理論なき計測はダメだ,という風潮が強い.この風潮があるからこそ,計量経済学が「一致性」という分析方法の持つべき性質にこだわっているような気がする.
計量経済学では推定にあたって「一致性」という性質が重視される.一致性とは,「データ(観測)を増やしていけば,だんだん真実に近づいていく」性質のことを言う.語弊を恐れずに言えば「一致性とは,漸近的に真理を捉えること」と言える.あるサイコロがあって,1の目がでる確率はいくつか?を知りたいとする.普通は1/6ということを知っているわけだけど,これを仮に知らないとする.そこで,実験する.6回ふって1が2回でたとしよう.この時点では,2/6だと推測する.次に,60回ふる.すると,13回でたとしよう.この時点では,13/60だと推測する.600回ふる.すると,105回でたとしよう.この時点では,105/600だと推測する.つぎに6000回ふる・・・・このように,回数を増やせば,だんだん真実の値(=1/6)に近い値が得られる.6回しか振らないときは,3回くらい1が出ることは大いにありうるが,6000回も振って3000回も1がでることはほとんどないだろう,ということである.これを大数の法則という.
計量経済学者が分析する上で重視する「一致性」とは,大数の法則に基づいている.上の例で,サイコロを振る場合,当然,サイコロはずっと同じものをつかっている.サイコロの形は変わらない.では,経済学の場合は?経済学の場合だと,サイコロの構造を知りたいのではなく,経済の構造を知りたい.その構造を知るために,経済データを得て,「一致性」があるような分析をしたいと考える.ところが,一致性とは,「データが無限にあるとき,推定結果が真理に近づく」という性質を言っているので,データが無限にあるような状況を考えないといけない.だから,たとえばクロスセクションデータで,都道府県47個のデータをつかって分析して,一致性があります,とかいうのは茶番にしか見えない.だって,47個すべてのデータを使っているのだから,それ以上データの個数は増えない.それ以上,分析の精度は改善されない.背後にある母集団の大きさとサンプルの大きさの相対的関係についてあんまり深く考えずに一致性があるからダイジョウブ,という議論は,浅はかな議論で,「これは一体,何の分析を行ったの?」と思ってしまう.
もう一つ.サイコロの例で,使うサイコロはずっと同じだった.サイコロの構造はずっと変わらなかった.でも,経済の場合,経済構造は変わっているだろう.だから,そもそも計量経済学で一致性が必要だ,みたいな議論が意味ないのでは?と思ってしまうことがある.こんなこというとすごくむなしいんだけど.じゃぁどうすればいいのか,という議論はまた別.理論なき計測という言葉に囚われているばっかりに,こうなってしまっているのだろうね.どの時代にも妥当する普遍の真理的な経済理論は存在しない.あるときは経済理論Aが正しく,またある時代には経済理論Bが正しいのだろう.
自然科学でたとえば惑星の運動法則に関する理論があって,データがこれを支持したとする.惑星の運動法則はおそらく数百年前も今日も同じだろう.だとすると,データは多ければ多いほどよい.ある数年のデータを使うよりも,100年分ぜんぶの観測データをつかったほうが,理論の検証は精度があがるだろう.
でも,経済の場合,数百年前の経済構造と,今日の経済構造が同じとはとても思えない.だから,「データが多ければ多いほどよい,なぜならば大数の法則に基づいて一致性のある分析が得られるから」というのは,「経済構造が変わっていない期間の中で」という条件をつけないといけない.計量経済学をするためにこれは絶対に考えないといけない.「理論が妥当する単位期間は?」という問いを,みんなわすれちゃってる感じがする.
でもこれを思い出したところで,「一致性」はデータが無限になったときに真理に近づける,と言っているに過ぎないわけで,そもそもデータがそれほどとれない場合はどうしたいいか?という疑問が残る.たとえば,さっきの都道府県の例.あるいはミクロデータで個人の消費データであっても,せいぜい1億3千万しか日本人いないのだから,データは無限にはなりえない.いったい母集団として何を想定しているの?サンプルサイズは,母集団に対してどれくらい大きいの?一致性って,何?ということを考えてみたら,計量経済学なんて茶番だ,という感じがしてくる.

株安とか

日経平均874円安、円急騰が株安に拍車
高校,大学時代に比べたら,経済ニュース(特に株だの為替だの金利だのといったファイナンス関連のニュース)を読んでいて,だいたい内容を理解できるようになった私,経済の大学院生.新聞読んで,株安とかの現象についての説明を読んで,納得できるようなところもあるし,「いや,資本市場ってそんなカンタンに理解できるはずなかろう」という気持ちをもつこともある.計量ファイナンスずっと勉強してきたわけだから,当然だけど.
今回の株安ニュース見てて,自分がなんでファイナンスに興味持ったか,分かった気がした.まず,政治にしろ経済にしろ映画にしろなんにしろ,「見てて面白い」からそれを見ているわけだけど,経済の中でも特に金融ニュースは,「日々必ずニュースになって,しかも正確なデータが豊富に無料で手に入る」から,ファイナンスに興味もったんだろうな,と.金利,株価,為替,政局など全てが互いに関係しながら動いていて,しかもデータが豊富にある.そのデータの背後にあるメカニズム,人間心理を想像するのが楽しい.さらにその向こうにある真理を想像(創造?笑)するのが楽しいから,ファイナンスに興味もったんだろうな.GDPデータなんか3ヶ月に一回しか手に入らないし.家計の消費データや個別企業の生産データみたいなミクロデータはレアだし.結局データが豊富な世界がファイナンスだったということでしょうか.ティックデータは高いけど,最低でも日次データは手に入るし.
結局,映画やドラマ見てるのと変わらんのだよな,ファイナンス現象を観察するのって.しかも,今週の株安みたいな面白い展開をたまに見せるし,先が読めるようで先が読めないし.そういう現象についてアレコレ書き立てる記事を読むのも楽しいし,ブログでいろいろな人がいろいろ言っているのを読むのも楽しいし.株ニュースを巡って正反対のことを言っている人たちがわいわいがやがやしているネット上の雰囲気も楽しいし.自分でも何言ってるかあんまりよくわかってなさそうな自称エコノミストがテレビで解説しているつっこみごころ満載のコメントを聞いているのも楽しいし.僕自身,株式投資はやってないし,勉強した知識をつかって株で儲けようって考えたことないし.結局,暇つぶしでしかないということかな.

イギリス旅行

London→Penrith→Windermere(Lake District)→Edinburgh→Glasgow→Edinburgh→Londonと久々に大移動の旅行だった.とても楽しかった.感想をメモ.
・物価高すぎ.特にロンドン.世界第二位の経済大国,日本人ですら物価がちょー高いと思ったんですけど.いったいイギリス人や他国の旅行者はどうやってイギリスで生きていくんだろうか?
・さらに,為替レートが悪いタイミングで旅行したため,運が無いなー.ポンド高すぎ.ロンドン市内のとある両替所で「円いくらで買ってくれる?」って聞いた答えが,あんまよくなくって,「レート悪いからほかでやるわ」って言ったら,ちょっと待ていくらならいいのか,と言ってきたから,「こんくらいはくれないと」とテキトーな数字を言ったら,なんか知らんがそのレートで交換してくれた.両替所でも交渉の余地があるとは.ここは発展途上国の闇市場ですか?為替市場が効率的ならそんなことは起きないはず・・・いやいや,おれが交渉して上乗せしてもらったレートは,おれがもつ情報や能力に対するプレミアムだ,とか考えれば市場効率仮説と矛盾しないんだろうか,とか考えたりしてた.あれだな,ミクロ経済学で,完全競争市場では企業の利潤はゼロになるはずで,ゼロでないとしたら,「情報という資本財に対するレント」を考慮し忘れてるだけなのか,「不当な利潤を得ているのか」とかいう議論に似てるな.
・物価がほんと高いんだけど,いったいなんでだろう?1ポンドコインが,こっちの100円玉感覚で使われてる.いま,1ポンド=250円くらい.1ポンドってキリがいいから,なんとになく1ポンド玉をぽんぽんつかっちゃってる.コインの種類とか通貨単位みたいな名目的な要因もあって物価が高いのかしら?
・10年前,家族でイギリス旅行したときと比べて,ロンドンは移民がずいぶん増えたように思えた.B&Bやユースホステルの受付の人は,ほぼ間違いなく移民系.街でのゴミ拾いの仕事や,駅の改札でただつったってるだけの職員(ほんとただつったってるだけ.道案内したり,改札で不正してる人いないかをチェックしてるだけ)は,ほぼ例外なく移民系.格差社会とはこういうことを言うのだ.日本で起こってる格差社会なんて,生まれが悪く貧乏になったというよりは,本人の努力不足の結果という側面が強い気がする.
・スコットランドのPenrith(正確には,ここからさらに車で2時間くらいのところ)で,God Fatherに会った.このblogのタイトルの「だにえるblog」とは,実は僕がキリスト教徒で,洗礼名がdanielだから.洗礼名Danielの名付け親,つまり僕のGod Fatherとは,物心がついてから初めて会った.むかし父親がイギリスに留学してたときの友達で,東京にも住んでたことがあるらしい.スコットランドの田舎で広大な土地をもつ地主で,食料はほとんど自分の土地でとったものを食っているらしい.都会に引っ越したい気持ちもあるらしいが,彼の所有する土地で働くひとびとや,ここらへん一帯はじぶんたち一族の土地なのに自分のところだけ売るわけにもいかない,といった理由でなかなかできないらしい.彼が言った「You think that you own the property, but actually the property owns you」という言葉が印象的.
・Lake District(湖水地方).Peter Rabbitを生んだポターさんの家とかを見た.ほんとうにキレイな田園地域.
・Edinburghは街全体が世界遺産.ありえないくらい美しい町並み.いや,もうほんと映画のセットみたい.Edinburgh Festivalが開催されていて,世界中からパフォーマが.ロシア人によるHangmanというパフォーマンスを見た.これは最低.意味不明.スペインのフラメンコも見た.こちらは最高.ちょーかっこいい.
・Glasgowは,スコットランドで最大の人口をもつらしく,Edinburghとはライバルらしい.雨降ってたし,観光バスに乗った.「日本語のガイドある?」って聞いたんだけど,英語の訛りが激しく何を言っているか意味不明.日本語は無いってことだけ分かったから特に聞き返さなかったけど.Timeをテイムと発音するしさ.
・もっと日本にも観光客を入れて,日本のことを知ってもらえるようになるべきだと思った.英国もすばらしい文化や観光スポットがあったが,日本も絶対に負けていないと確信した.海外の観光客をもっと増やすにはどうしたらいいか?そんなことを国をあげて考えるべきだ.東京,奈良,京都,大阪あたりだけでも,海外のひとに見てもらいたい.日本は安全で交通が発達してて,イギリスより物価はやすく,日本人は礼儀正しく時間通り電車はうごき,そこらじゅうに交番があって,道あるく人もみんな親切で,言葉の問題があってもぼったくられることもほぼないはず.見るべき観光地も充実していて,独特の価値観,文化圏を持つこの国を,もっとみんなに知ってもらいたい,と.ヨーロッパからだと旅費が高く遠いのが難点なんだろうなー.
まとめ
とっても楽しい旅でした.

イギリス旅行

2週間近く,フィアンセとの婚前旅行でイギリスに行ってきた.イギリスの国内をかなりいろいろ動き回って観光しまくり,大量の情報量を得た.脳内で処理仕切れてない.大学3年のとき,アメリカ東海岸をを一ヶ月近く一人ぶらり旅行したけど,一人より二人のほうがいろいろと楽しかった.またそのうち感想を書こう.
予想通り惨敗したくせに首相がまだ居座っている.なんやねん.この方,後手後手に回るのが趣味なんだろうか.退陣するのも後手に回るとは.