学問(learning)

学会の感想

初めての学会で緊張していたけど,あっという間に終わってしまった.こんなもんかな.
ファイナンス学会は,経済学に限らず理工系の研究者,ビジネススクールの先生なども参加している.さらに,金融の実務家(銀行などで働いている方),政府当局の関係者(日銀所属の研究者)などもいる.とにかくいろんな分野の人がいるところだったし,学会のアカデミックな雰囲気は気持ちが良かった.そして,そこで発表できて楽しかった.討論者の先生が好意的なコメントをしてくださって,感謝します.
日銀の岩田副総裁が「ヘッジファンドと国際金融市場」というタイトルで特別講演も行ってた.会場,満員だったな.聴衆の中を見ていても,有名教授の顔がいたり.そして,講演内容はすばらしいと思った.・・・さっそくニュースになってる.
ヘッジファンド情報を直接収集…岩田日銀副総裁が方針表明@読売新聞

 岩田副総裁は、ヘッジファンドが、多くの資金を供給して金融市場の流動性を高めていることなど、一定の役割を評価した。その一方で、ヘッジファンドが破たんすれば金融システム全体を不安定にする危険性も指摘し、日銀がヘッジファンドの情報収集に力を入れていく方針を表明した。

講演の最後にすこし時間あまったので,司会者(池尾先生)が,「質問を受け付けます」といったときに,「どうやってヘッジファンドから情報収集するんですか?彼らに情報開示するincentiveないと思います.」って聞きたかったんだけど,大会場で満員で,有名教授も聴衆にいるような状況だったので,「は?なにあの若造」となりたくなかったので,院生に質問できる雰囲気ではなかったな(笑)・・・と思ったら,この質問を別の先生がしてくれた.答えは,ヘッジファンド関係者からヒアリングをするとか,そんな感じだった.すると,さらにつっこんだ質問,「情報を法的に強制的に提出させる手段は考えているか?」がでた.答えは,「その予定はない」だった.
日銀の副総裁ともなると,変なこと言えないから,発言に注意しないといけなくって大変ですな.

学会の感想” への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。