株安について

株安ニュースを見て,中身が完全に対立する二つのレポートをテキトーに書いてみる.
Bull(強気)の立場
今朝起きたら,ダウ平均が下げている,というニュースが飛び込んできた.その余波は日本にも来るだろうとみんな考えたはずだが,実際そのとおりになった.今日の日経平均の下落が,「みんなが思ったことは実現する」,という心理的要因に過ぎないのか,あるいは,実際にファンダメンタルが下げているのかは明白.前者に過ぎない.これは市場参加者の根拠なき弱気でしかない.根拠はないのだ.その証拠に,為替相場は,世界同時株安を受けて円高に動いた.これは米国と比べたときの相対的な日本の先行き期待感を示している.よって,この下げは一時的で,むしろいまこそ「買い」だ.すぐに回復する.
Bear(弱気)の立場
今朝起きたら,ダウ平均が下げている,というニュースが飛び込んできた.グローバリゼーションのご時世,世界中のマーケットは繋がっている.ダウ平均に続き,日経平均株価も連鎖的に下げた.ただしこれはきっかけでしかない.先日の日銀の利上げニュースおよび追加的利上げ観測がその本質である.これによって債券などの株式以外の証券の相対的な魅力が高まるだけでなく,企業の投資コスト増から来る景気先行き不安感から,潤沢な資金は株式市場から引き上げつつある.さらに日銀および安倍政権に対してその能力の欠如を不安視する声が高まることが予測されることから,この下げはしばらく続くものと思われ,いまこそ「売り」だ.
テキトーに書いたつもりだけど,それなりに説得的な気もするが,どうでしょう.ところで,今朝,テレビ東京でドイツ証券の武者さんが株安についてコメントしていた.強気の予想だった.今年の終わりには,日経平均は,2万2000円くらいいくって予想だった.ネットでこの人の評判を調べると,「この人は悲観論者」「この人の分析は当たらない」という感じの意見多数.悲観論者が強気ということは,今年は下げるのであろうか?
http://onimanju.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_f52e.html
http://blog.livedoor.jp/ken122876/archives/50211571.html
http://live9.2ch.net/test/read.cgi/stock/1085824538/
http://www.asyura2.com/2002/hasan13/msg/485.html
で,実際に武者さんのコメントが書かれている記事がこれ.
http://www.nikkeibp.co.jp/style/life/money/savvy/061016_musha1/

もう少しくわしく解説しましょう。2000年代、世界経済を牽引(けんいん)する先進国企業は非常に恵まれた環境にあります。この環境をつくり出しているのが、低い労働コストとインターネット革命。インドや中国など新興国の台頭により、先進国企業は、優秀な労働力を安価で利用できるようになりました。これに加えてインターネットの普及が、労働コストと資本コストを抑えることに大きく寄与しています。生産性の向上に牽引された経済成長が世界的に持続している状態です。

経済先行き期待感の根拠を,部分的にではあれインターネット革命に帰するのは,慎重に考えたほうがよいと思う.インターネットの登場で,これまでには考えられ無かったくらい大幅に仕事の効率性があがって経済が成長する,という考え方は,なるほど尤もらしい.でも,本当かな?
これまで,人類はすごい発明はいっぱいあった.鉄道,自動車,電話,ファックスなどなど,あげればきりがない.いままでのこれらのすごい発明に比べて,インターネット革命がどの程度すごい発明かというと,いくらネットがすごいとは言え,「それほど突出したものではない」のではないだろうか.そうであれば,少なくとも,「過去に経験したことがないくらいの経済成長がインターネットによって可能,とは考えられない」というべきだと思う.
とは言え,ネットの進展と,経済成長を結び付けたいのは分かる.ネット大好きな僕も,結び付けたい.けど,実際にどの程度寄与しているのかは,慎重になったほうがいいと思う.

『ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか』の読書感想

ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか
佐々木 俊尚

文藝春秋 2006-12
売り上げランキング : 5246

Amazonで詳しく見る by G-Tools

『グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する』を書いた佐々木俊尚さんが昨年末に出版した本.佐々木俊尚 ジャーナリストの視点 も面白い.
ウェブ2.0という言葉がタイトルに入っているが,ネットの今後の展開についての将来予測を偉そうに書いているわけではない.むしろ,これまでのパソコン・インターネットの歴史を解説した上で,今後のネットはどうなるのか自分も分からない,という率直な苦悩が綴られている.というより,ネットvsリアルの戦いがどういう展開になるか,この本に書かれている事実を踏まえてあなた自身が考えてみてね,という印象を持った.
尚,グーグルの話題はほとんど出てこないので,『グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する』の続編という感じでもない.
佐々木さん自身,ネットvsリアルの戦いが今後どういう方向に進むのかわからない,という悩みが伝わってくる.たとえば,pp149には,

Winnyは、否定も肯定もできない存在になってしまっているのだ。

とある.悪く言えば自分の立場を決めかねてだけ,と考える人もいるだろう.でも,なんて素直なんだろうと感じた.古い人たちの論理に一理あるし,新しい人たちの論理にも一理ある.古い人たちってなんであんなに頭固いんだろう,と新しい人たちは思う.でも,新しい人たちも勢いだけで突っ走って深く考えてなかったりするから,どっちもどっち.
・・・とそんなことを書いている私は24歳で「新しい人たち」に属しているはずなんだが.要するに,新しい人たち(ネット支持派)は,「伝統というものはそれなりの理由があって伝統になっているのだ」という認識を強くするべきだし,古い人たち(リアル堅持派)は,「新しい人たちがやろうとする新しいことが歴史を動かす原動力になるのだ」という認識を強くするべきだと思った.

メモ:Mankiwのアドバイスと計量経済学大全

メモをいくつか.
Advice for New Junior Faculty @Greg Mankiw’s Blog
アメリカの大学でテニュア(終身雇用権)をとるためのアドバイスby Gregory Mankiw(まだ僕には関係ない話かもしれないが).こうしなさい,と色々とアドバイスを列挙しつつ最後に

Remember that you got into academics in part for the intellectual freedom it allows. So pursue your passions. Do not be too strategic. Be wary of advice from old fogies like me.

世の中は世知辛い.最初は「知的好奇心を満たすのが楽しくって仕方が無い」という理由で,情熱をもってacademic researcherという専門職業を目指していたのに,そのうち「テニュアをとること」が目標になっていったりするから気をつけよ,ということか.
ちなみに,

Avoid activities that will distract you from research. Whatever you do, do not start a blog. That will only establish your lack of seriousness as a scholar.

というアドバイスもあるんだが・・・.まぁ気にしない.
http://www.economics.harvard.edu/faculty/mankiw/papers/My_Rules_of_Thumb.pdf
Mankiwが研究者として仕事をするときに重視している「自分ルール」について書いている.その中で,「共同研究」がなぜ大事か書いている.

Why are co-authors so important for the way I work? One
reason is found in Adam Smith’s famous story of the pin factory.
Smith observed that the pin factory was so productive because it
allowed workers to specialize. Research is no different–it is just
another form of production. Doing research takes various skills:
identifying questions, developing models, providing theorems,
finding data, expositing results. Because few economists excel
at all these tasks, collaborating authors can together do things
that each author could not do as easily on his own. In
manufacturing knowledge, as in manufacturing pins,
specialization raises productivity. (The puzzle is why Adam
Smith chose to ignore his own analysis and write The Wealth of
Nations without the benefit of a co-author.) 
The second reason I work with co-authors is that it makes my
job less solitary. Research and writing can be a lonely activity. It
is easy to spend endless hours with a pad and pencil or in front
of a computer without human contact. Some people may like
that kind of work, but not me. Arguing with my co-authors
makes my day more fun.
The third reason I work with co-authors is the most
important: a good co-author improves you forever. In the most
successful collaborations, both co-authors learn from the
experience. A co-author can help you expand your knowledge,
improve your skills, and expose your biases. Even after the
collaboration is over, you take these benefits with you to future
projects. To a large extent, as I have grown older, my co-authors
have become my mentors.

要するに,一つの脳で生産可能な量はたかが知れている,ということ.
計量経済学大全 by 蓑谷 千凰彦
もう出版されていたのか.考えてみれば,これまで日本語で計量経済学の辞書的なものは無かった.

Google Related Linksを試験運転

Google Related LinksというGoogleの新しいサービスを試験運転してみる.左のサイドバーに,Google Related Linksのコンテンツを追加してみた.
サービスの内容の紹介は,こんな風に書かれている.

Google Related Links use the power of Google to automatically bring fresh, dynamic and interesting content links to any website. Webmasters can place these units on their site to provide visitors with links to useful information related to the site’s content, including relevant videos, news, searches, and pages.

要するに,そのウェブサイトに関連するリンク(ビデオ,ニュース,検索用語,ウェブサイト)を,自動的に更新していってくれるサービスらしい.設置はすごくカンタン.ソースをコピペするだけ.
例えば,「だにえるblog」の場合,経済,金融,ITあたりの話題が多いので,ここらへんに関連するリンクが自動生成される模様.注目したいのは,「video」だ.洪水のような大量の情報を整理しまくるのがGoogleの使命だが,動画という情報の整理はかなり難しいだろう.この辺をGoogle神がどのように克服するのか,楽しみだ.
とりあえず,「だにえるblog」に設置したGoogle Related Linksが最初にリンクしてれたVideoは,「北の自然と野生 ヒグマの冬眠明け」だった・・・.やはり動画を整理するのは至難の業のようだ・・・.
まだGoogle Labsの段階なので,文字化けするなど,不備もある.Google Labsについては,以下を参照.Google Labs とは何?

メモリ増設

512M(256M+256M)→1.25G(1G+256M)へ増設.
すいぶん快適になった.これで一度に扱える計算量もアップ.2G(1G+1G)にするかどうかは,今後の研究の展開次第.
いざとなれば大学の高性能コンピュータ(Linux,64bit)を使おうか.32bitマシンだと限界があるし.その意味で,Vistaを買う意味あるかな?うーん.
計量経済学の場合,「計算量で勝負」という局面を迎えることがある.大雑把に言って,「(データ+コンピュータの計算力)×分析者の能力=論文の質」みたいな側面がある.
自分だけが独占的に入手可能なデータはあんまりないし,自分の能力はある程度までは努力に依存するが,それ以降はセンス,ということになると,論文の質を高めるためにいじれる変数は「コンピュータの計算力」だけだったりする.
要はIT運用能力が計量経済学者の要.Perlも覚えたほうがよさそうだな.

Obama vs Clinton

昨日紹介した,Google Trends
Googleでどれくらい検索されているか≒世間の注目度
という考えに基づいて,Bushの次の大統領候補二人を調べてみた.
Bushの次の大統領になる可能性が高いといわれる二人,それがHillary ClintonとBarack Obama.Google Trendsで調べてみた結果はこんな感じ
2004年7月ころ,Obamaのヒット数が異常に高くなっている.Google Trendsは賢く,このときどんなイベント,ニュースがあったかもコメントしてくれている.それによれば,

Remarks by Senate candidate Barack Obama to the Democratic National Convention

とある.民主党全国委員会でObamaが演説を行ったらしい.たった一度の演説で,これほどまで異常なGoogle検索数に結びつけるObamaの演説を聴いてみたくなった.Youtubeにあるじゃーん.
全部で20分ほど.まずは前半部分.

次に後半部分.

これは・・・この演説はあまりに素晴らしすぎる.素晴らしすぎて,危険だ.後編の3分39秒(残り4分26秒くらい)からの盛り上がり方がヤバイ.言葉だけでこれだけ人々の気持ちを高揚させることが出来る政治家,日本にいるかな?
Google Trendsの結果を見れば,基本的にHillary Clintonが優勢だが,こういう演説などのイベントで異常に人々の心をつかんでしまうObamaに対して,Hillary Clintonは絶対に気が抜けないというのがよくわかった.

Google Trendsすごい

Google Trendsというサービス.あるキーワードの,これまでの検索ヒット数を時系列でグラフを描いてくれるサービス.
ためしに「堀江貴文」で検索してみた
検索結果のグラフに,少しコメントを加えたものがこれ.
horie_search.bmp
如実に世間の関心の推移が分かる.
ちなみに,複数キーワードを比較することも出来る.例えば,「堀江貴文,社長日記」と検索すると,こうなる.「社長日記」は堀江貴文氏が逮捕される前にやっていたblogの名前.「堀江貴文」と比べて,高い相関が見て取れる.
Google Trendsを使って,カンタンな分析が出来そうだ.Google,すごいね.

博士は若造には与えず?

博士号の授与率が,文系は低すぎる,という記事.

対象となった学生1万8516人のうち取得者は7912人で、平均取得率は42.7%。分野別では、最も高かったのが医学・歯学などを含む保健の56.3%で、農学53.3%、工学52.8%、理学46.3%が続いた。

これに対し、人文科学が7.1%、社会科学は15.2%と文系の両分野がワースト1、2位を占め、理系の3分の1以下の水準だった。

文系の博士号、難しすぎ? 理系の3分の1以下@asahi.com
この現状は,どうなんでしょう.良いのでしょうか,悪いのでしょうか.経済学の場合,「国内は博士号くれないんで,アメリカでPhDとってくるわ」で片付くが,他の分野,たとえば日本文学(あるいは経済学といっても,たとえば日本経済史を専攻していれば),そうはいかないので,これはなかなか不幸だ.

文科省は05年9月の中央教育審議会(文科相の諮問機関)の答申を受け、大学院教育について学問研究とともに人材育成面にも力点を置く方針を打ち出し、その一環で修業年限内の学位授与を促している。同省の担当者は、文系の現状について「ちょっと低すぎる」とし、「どの程度の授与率が適当か、各大学院で考えてほしい」と話している。

文系の博士号、難しすぎ? 理系の3分の1以下@asahi.com
博士号授与率が低くて何が悪い,というのが国内大学の言い分だと思う.文系の場合,「博士号は20代の若造にあたえるものではなくって,年配の大家に与えさせていただくものなんだ」という考え方が強い.そういう伝統なんだから,しょうがない.
いままではあまり問題はなかったはずなのに,なぜ今さら「文系で授与率が低い」ことが問題になっているのだろう?言い換えると,なぜ最近では博士号を若い段階で取得しておかないとまずい時代になったのだろう?
参考リンク
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/05090501.htm
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/05061401/all.pdf
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/03/06032316/002.pdf

休日明けは株価は動きやすい?

株価などの金融資産価格の変動を説明するとき,経済学者はある種の情報を考える.ある情報があったとする.この情報を使って,株で大儲けすることが可能だとしよう.そんな情報はあるだろうか?もしそんな情報があるとすれば,その情報を使って,とっくに他の誰かが大儲けしているはずである.しかし現実に誰もまだこの情報をつかって大儲けしていないということは,この情報を使って株で大儲けできないことを示しているのだ,と経済学者は考える.
この経済学者の考え方を巡って,有名なジョークがある.

道端に1万円札が落ちていた.ある学生がそれを拾おうとすると,経済学の教授は言った.『やめたまえ,もしそれが本物ならば,とっくに誰かが拾っているはずだ.それは偽者だよ』.

経済学者の考え方が正しいとすれば,必死に世の中のいろいろな情報をつかってファンダメンタル分析なりテクニカル分析なりを行っている証券アナリストと呼ばれる金融機関のバックオフィスで働く頭脳を否定することになる.だから,これは金融実務家が経済学者を笑うときによく言われるジョークらしい.
現実に,そんな情報がそこらへんに落ちているのだろうか?この問題を巡って,経済学者たちは大量に論文を書いてきた.しかし結論は出ないまま,みんな飽きちゃった,という感じ.学者も人間なので,新しい面白い研究テーマが出てくると,古い研究テーマの結論は出さないまま,そちらへ飛びつくものだ.
さて,僕の考えを書くと,「そんな情報はほとんどない.でも,たまに落ちている」という感じか.どれくらいの頻度でそんな情報は落ちているのだろう?きっと,金融実務家が思うよりははるかにレアで,学者が思うよりははるかにたくさん落ちている,というのが僕の考え方.
カンタンな話だ.道端に1万円はまず間違いなく落ちていないが,1円玉,5円玉はよく落ちている.10円玉もよく見かける.50円玉はどうだろう?100円玉は?500円玉ともなると,落ちていることはほとんどない.
10円玉を拾うコスト(=株の場合,売買コスト)まで考えると,もうほっとんどそんなおいしい話は落ちていない,というのが現実だと思う.
10円玉を少し拾ったって小銭を稼ぐ程度だが,塵も積もれば山となる,ということで,大量に拾いまくって大儲けしたのがLTCMだったと僕は考えている.ここら辺のことは,過去のエントリーでも書いた.
そんな情報は落ちていないのが現実,ということになる.そういう市場のことをよく,「市場はあらゆる情報を織り込み済み」とか言う.それならば,情報量が多ければ,株価変動も多いはずだ.そして休日を挟んだほうが溜まる情報は,平日よりも多いはずだから,休日明けのほうが,株価変動は大きいのではないだろか?また,休日を挟めば,その間に得られた情報は月曜日の朝まで,株価に反映されないから,月曜の朝の最初の数秒,市場にゆがみが訪れて,儲けることが出来るのではないだろうか?休日に得たある情報があって,その情報を使えば株で儲けられるのだが,市場は開いていないから,月曜の朝をみんなが待っている.獲物を静かに狙うサバンナの猛獣のようなたくさんの投資家たちが,日曜の夜に息を潜めているのが想像できる.
現実には,月曜の朝を狙ったとしても簡単には儲けられないだろう.同じことを考えている人がたくさんいるわけだから,あっという間に株価はその「ある情報」を織り込んでしまうだろう.結局,一人当たりの儲けはたいしたことはない,という状況になってしまうだろう.利ざやは常に有限で,こういう獲物を狙う猛獣の数はたくさんいるから,一人当たりの儲けは,どうがんばってもたいしたことなくなってしまう.
さて,長々と書いたが,休日明けの株価変動は,平日に比べて,大きいのだろうか?休日が株価変動(ボラティリティ)に与える影響を研究した論文はけっこうある.あまり詳しくは知らないけど,本当にこういう研究をしたければ,ティックデータ(秒単位の株価データ)を使うべきなのだろう.日次データ「ごとき」でその特性をあらわにしてしまうほど,株式市場はヤワはないのでは,と思っている.
今年になってからの,日経平均の日次終値のグラフを描いておこう.休日のところで,折れ線グラフ途切れている.
これを目視する限り,休日明けには株価変動が大きい,とかそんなことは言え無さそうじゃない?「日次データごときで俺の分析しようなんて甘いんだよ,学者先生!」という株式市場の声が聞こえそうだ.
holiday_vola.bmp

PrincetonのPhD候補生のblog発見

yyasudaさんの,ECONO斬り!!というblogを通じて,これからの経済学を担う期待の若手13名を知った(13人のリストは,こちらにも紹介されている).

彼らの仕事の多くは
「シンプルな理論(あるいは仮説)を膨大なデータと統計的な手法を用いることによって実証的に検証する」
というスタイルです。

これからは応用/実証系の学者が本格的に経済学を引っ張って行くようになるのかもしれません。

計量経済学そのものの発展,コンピュータの発展,データが整備&公表されてきている,プログラムさえ書ければなんでも出来る,というここ最近の時代の流れを考えれば,当然の方向なのかもしれないが,計量経済学を専門にしようとしている僕としては,うれしいニュース.
あと,このblogの別のエントリーで,

あと、これは自戒をこめてですが、理論系の論文を書く際にもなるべく現実のデータをみましょう!自分の思い込みの「現実」を説明するための理論をいくら一生懸命考えたところで、その「事実」が実証的に間違っていたら誰も読んでくれません(笑)

と書いてあって,うれしくってたまらなかった.「理論なき計測」は絶対にダメだけど,「計測なき理論」はOK,みたいな変な風潮がうちの大学にあることを感じていたので,「計測なき理論」だってダメだよ,みたいなことを言ってくれているこの文章を読んでうれしかった.
でも実は僕は,「理論なき計測」も,「計測なき理論」も,どちらも良いと思っているんだけど.「理論なき計測」は,ひたすら観察事実を蓄積しまくるので理論家が理論を思いつくインプリケーションになるだろうと思う.一方,現実のデータを変に意識して,思考が縛られた状態で理論があまり量産されないよりは,「計測なき理論」で,自由な思考で理論を量産して,結果的にどれか一つくらい,実証に耐えられる理論が出現してくれればいいんじゃないかな,とか思っている.
国内にいる僕としては,こうやってアメリカのトップスクールでPhDをやってる人の日常をネットで無料でみられるというのは,非常にありがたい(本当にありがたい!).もっと目を世界に向けないと.経済学の世界で生きるには,日本にいると視野が狭くなってしまう.僕の場合,もう国内博士課程はもうほぼ考えていないので,留学or就職なんだけど,情報は多いほうがかえって意思決定が難しくなるな~.ほんと,留学どうしよー・・・.