『ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル』の読書感想

これは大学3年のときに読んだ本。今日、なんとはなく手にとって、ぱらぱらめくった。この本の中に、

『メッセージ』の持つべき3つの構成要素とは、

①テーマ
②答え(=結論+根拠+方法)
③相手に期待する反応

ということが書かれている。特に、「③相手に期待する反応」を意識するかどうかで、自分の今後のコミュニケーションがかなり良くなるだろう、と直感的に感じたことを懐かしく思った。

特に、「自分にとって大事な人」or「親しくない人」とのコミュニケーションでこれを意識すると良い。「自分にとって大事な人」とは恋人とかのことを言っているわけではなくて、自分が何か仕事などを進行する上でのキーパーソン(その人がいないと自分自身が困るような人)、という意味であって、例えば先輩や上司や先生などのこと。

僕自身のコミュニケーション力がどれだけあるかは知らんが、こうやってblogでわざわざエントリーを書けば嫌でも『メッセージ』の持つべき3つの構成要素について、今後意識力が高まるような気がしたので、わざわざエントリーを書いてみた。

いくらGoogleがすごいと言っても、究極の情報技術というのは人間の脳味噌の能力を最大限開発・使用する技術だと思うので。そのために論理的に考える力を開発・使用する癖をつけなくては・・・。

「『ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル』の読書感想」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。