『引き裂かれる世界』の読書感想文

たまには国際関係論とか外交とかの本を読んでみた。

うちらの経済学、金融工学、計量ファイナンスみたいな世界とは大分「研究する」という行為が、国際政治学みたいな分野とは異なるという印象を持った。うちらの世界では、理論構築と統計的検証の行ったり来たりで学問を発展させていく。国際政治学の世界では、統計的検証というよりは、「歴史的な経験から、これは真理だろう」みたいなことをそのまま理論にする。統計的に有意かどうかなんてことはあまり考えてないんじゃなかろうか。

しかし、統計的に数字を示してこれが真理なのである、といううちらの世界が偉いとか頭がいいとかは、一切思わない。考えてみると、例えば、世の中にはたくさんのことわざや格言がある。「急がば回れ」なんて格言を統計的に検証したことなんて誰もないだろうけど、ある程度の真理だと世の中のほとんどの人が受け入れている。大体、本当に統計的に検証してしまったら、「急がば回れ」という帰無仮説は棄却されてしまうでしょう(笑)。

別に統計的に数字をみて検定量とか推定量が1.96を超えたとかそんなこと考えなくても、歴史を見れば「ま、だいたいこんな法則が真理でしょ」というような態度をとっているようだ。

そういう、歴史を紐解いて「だいたいこんな法則が真理でしょ」みたいなところを探す作業が、国際政治学における研究という行為のようだ。これはこれで科学的な態度と呼べる気がする。

今まで実は、国際政治学みたいなものについて、「社会科学」という冠を与える資格はないと思っていた。科学とは、理論があって、それの現実的妥当性を検証する、この二つの要素があって初めて科学と呼べるのであって、検証する、という作業がなければ、それはただの理論を考え出した偉い学者さんの自己満足でしかない。

「検証する」という方法は、なにも統計的分析だけではないくても良いような気がしてきた。そうでなければ、「急がば回れ」が統計的に検証されていないにも関わらず、今日まで残っているはずがない。

ほかにも例えば、株式市場の格言の一つに、「卵は一つのカゴに盛るな」というものがある。これは、まさにマーコウィッツによって証明された(分散投資はアンシステマティック・リスクを除去してくれる)。

だから、必ずしも統計的有意性にこだわる必要はないのだろうが、実際に計量経済学者は、これにこだわっている(自分も含めて)。つまり、ディアドラおばさんの小言に耳を傾けるべし

ちなみに、本書は、

の続編みたいなもののようだ。こっちは、大学に入る前の春休みとかに読んだんだけど、中身はほとんど忘れてしまった・・・。

『ウォール街のランダム・ウォーカー―株式投資の不滅の真理』の読書感想文

バートン マルキール自身は、超有名な経済学者。有名な経済学者が書いたからというわけではなく、僕はこの本の内容にはほとんど賛成。マルキール教授の言っている事にはほとんど賛成。

マルキール教授の基本的な主張は「市場効率仮説は概ね正しいから、市場に勝ち続けることなんかできない」という単純なもの。これは金融実務家は猛反発するだろう。なぜなら、「きみたち証券アナリストやファンドマネージャーのやってることには何の価値もない」と言っているに等しいからだ。

こういう主張は学界のスタンダードな意見といえるだろう。学者と実務家の間の溝は別に今にはじまったことじゃない。

ただし、ポイントは、「市場効率仮説は概ね正しい」とマルキールがいう点。概ねということは、株で儲ける余地は多少は存在する、という点。「企業の将来の収益率の予想はきわめて困難で、だからこそ、株の将来予想も困難となり、株で儲けることはほとんど不可能」としながらも「それでも、十分頭の切れる人ならば、予想できるのかもしれなく、そういう人は株で儲けられる。こういう人が存在するかもしれない点で、市場効率仮説は100%正しくはない」ってさ。

でも、「そんなに頭の切れる証券アナリストは、私の知る限り存在しない」と言っているけど。

“The Search: How Google and Its Rivals Rewrote the Rules of Business and Transformed Our Culture”の読書感想文

図書館で和訳版が借りられてたので、しかたなく原著で読んだ。Amazonレビューでも和訳が悪い、とか書かれていたし。読むのに10日くらいかかった。もっと英語を磨かなければ。

『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』でも紹介されていたので読んでみたわけだけど結論から言うと、この本は面白い。しかし1年前の本であり、この間、この本で主張されているようなことがウェブ上のいろいろなところで(おそらくこの本の影響もあって)書かれていたので、すごく新しいことが書かれている、という印象はうけなかった。逆に言えば、1年前の2005年の9月の段階でこの本を出版した著者はすごい。

いくつか気になる点をメモ。

1)まず、Chapter1の初っ端の言葉がすごい。

The library of Alexandria was the first time humanity attempted to bring the sum total of human knowledge together in one place at one time. Our latest attempt? Google.

この文章を読んで、Google創設者のPageとBrinの考えていることが、いかにイカれているかがよく伝わる。「そんなこと無理にきまってんだろ」という意味ではなく、「本当にやりかねない」という意味で、イカれていると感じた。Google創設者に関わらず、Google社員すべての情熱がテクノロジーによって具現化され、それが有史はじまって以来で最大の大改革を人類に引き起こそうとしている・・・と書くと仰々しいけど、要は、世界を変えたりするような大物の頭の中は、なんらかの情熱で燃え滾っている、というだけでしょう。こういう情熱を持ってる人間は幸せだと思うが、Googleは本当に情熱で燃え滾っている。甲子園の斉藤投手にとっての野球、PageとBrinにとってのGoogle、僕にとってのEconometrics。

2)Zeitgeistはこの本ではじめて知った。

3)ボルテールの言葉

Judge of a man by his quiestion, rather by his answers.